140408a.jpg

【 ピエール・プチ氏講演会
シュルレアリスムの余白に―ピエール・モリニエ、危険な画家そして写真の名匠 】
司会: 星埜守之(東京大学) 使用言語:フランス語(通訳なし、質疑は英語でも可)
日時: 2014年4月11日(金)18時30分~
会場: 東京大学駒場Iキャンパス18号館4階コラボレーションルーム4(京王井の頭線駒場東大前駅下車)
主催: 星埜守之研究室

今週の金曜日、下記の講演会が開かれます。シュルレアリスム、美術に関心のある方におすすめです。講演の主題は、ピエール・モリニエについてです。講演会はフランス語でおこなわれますが、映像資料を用いたものとなるので、気軽にご参加いただければと思います。


サイト: OMEROS

※コメントにて書肆CAVEさまより情報を頂きました。有難うございます。
2014.04.08(22:43)|イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
120221a.jpg

【 陽月作品集 『HIZUKI DOLL』 出版記念展 】
場所: 新宿マルイワン7F イベントスペース・ガールズルーム
期間: 2012年2月25日(土)~3月4日(日)

陽月作品集 「HIZUKI DOLL」 の出版にあわせて出版記念展を開催いたします。サイン会は三月三日、雛祭りの日に決定しました。作品集「HIZUKI DOLL」、ポストカード、関連書籍、人形材料etc...新作ビスクドール2体も販売いたします。


【サイン会】
日時: 3月3日(土) 15:00~ *作品集もしくは3,000円以上購入者対象、先着50名に整理券配布


Hizuki DOLL 陽月作品集Hizuki DOLL 陽月作品集
(2012/03/02)
陽月

商品詳細を見る

人形作家・陽月の初作品集。
可憐な衣装を身に纏うビスクドール、華やかな着物に彩られる和風少女、アリスをモチーフにしたファンタジックなイメージまで、人形作家・陽月が生み出す美しい少女たちを網羅的に収録した初作品集。

陽月は「人形は見る人の鏡」と語る。人の声に耳を傾けて、そっとそばにいるような存在。それは自然体で、愛されるがままの無垢な少女像だ。そんな人形たちを、日本の創作人形を代表する作家・吉田良が撮影。森や湖といった自然のなかで、物語を演じるように、少女たちは様々な振る舞いを見せた。その表情は生命力に満ち、人が持つ「素」の魅力を堪えている。少女のエッセンスを見事にとらえた作品群は、まさに不変で正統的な少女人形の魅力を伝えている。(オビ掲載文より)


陽月 "Hizuki-doll" Website
2012.02.21(21:15)|イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
110619a.jpg
片山真理

【 Amputee キャバレー『切断女の夜』 】
場所: 東京 新宿 ネイキッドロフト 
開催日時: 2011年7月16日(土) 19:00スタート(18:30開場) 22:00クローズ
*先着&完全予約制: 40枚限定チケット:3,000円 (共に飲食代別) 予約はこちら→

真夏の夜に舞い降りた4人の“切断女”たちが語り、舞い、歌う!オリジナルカクテル『切り株』の酔いに委ね、ネオンの夜にきらめく義足5本。CGではありません。3Dメガネも必要ありません。その証拠に「おさわり」OK!(義足だけよ。優しく触れて☆)転がる義足はガラスの靴か、ひと夏の幻か・・・。

amputee [名](手術で)手足などを失った人(プログレッシブ英和中辞典より)


ホステス: 折茂昌美(ミュージシャン/占い師) /GIMICO(モデル/パフォーマー) /須川まきこ(イラストレーター) /片山真理(アーティスト)

スペシャルゲスト: 臼井二美男(義肢装具士)

公式ブログ: Amputee キャバレー『切断女の夜』

予約しました!7月16日が楽しみなのです。
2011.06.19(22:46)|イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
110402b.jpg

【 Free and Accepted Masons Collection 】
場所: 名古屋 アクセサリー・セレクトショップ・Sipka 期間: 2011年4月1日(金)~4月30日(土)

アクセサリーショップ Sipkaと、アンティークショップ store in factoryの共同企画でフリーメイソン(FREE MASON)、オッドフェローズ(IOOF)など秘密結社のアンティークアイテムを集めた展示、販売イベントを行います。19C後半から20C前半のアクセサリーや印刷物を中心に小物や衣装などに見られる独特なデザインの面白さや地縁や血縁を超えた信念を同じにする者同士の連帯へのシンパシーを通して友愛団体という日本では馴染みの薄い文化を紐解きたいと思います。


2011.04.02(22:53)|イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
大変残念なことですが、何度もお世話になっていた新宿 ブックサロン「オメガ - OMEGA」が4月末で閉店するということと、それに伴い閉店セールが行われることがお知らせされました。

【在庫放出セール第一弾】
日時: 2011年3月27日(日)14時~19時
料金: 3,000円(アルコール、ソフトドリンク飲み放題)

閉店作業が進むオメガでは、
在庫の一部を放出する、閉店セール第一弾を行います。

古書市場の50~80%くらいの価格帯で放出を行います。
ぜひこの機会に足をお運びください。

放出予定は以下の通りです。
エロティシズムをテーマとした
コアなラインナップの放出となります。

エディシオン・トレヴィル20冊
奇譚クラブ100冊
風俗奇譚100冊
ロマン文庫100冊
性風俗・エロティシズム関連書20冊
以上です。
ロマン文庫は金子國義さん装丁本も一律500円で放出。

書籍代金にイベントチャージとして
飲み放題3000円がかかります。

お酒を飲みながら
エロティシズム溢れる放出書籍をお楽しみください!

もちろんお酒を飲みに来るだけでも大歓迎です!


2011.03.23(20:40)|イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
110130c.jpg

【 ピアノdeシネマ 音楽と体感する、サイレント映画『肉体と悪魔』 】
会場: いちかわ西洋館倶楽部 日時: 2011年2月11日(金) 17:00 start(16:30open) 19:30終了予定
会費: 3000円(完全予約制・ドリンク付)
出演: 柳下美恵 yanashita mie(ピアノ) ゲスト: 淺井カヨ asai kayo(日本モダンガール協會代表)

大正時代のモダンな洋館・いちかわ西洋館倶楽部で、サイレント映画をピアノの音色と共にお楽しみいただきます。今年は、絶世の美女グレタ・ガルボの「肉体と悪魔」。冬の西洋館にガルボが妖艶なメロディで甦り、モガが当時のファッションを語ります。不透明なこの時代、透明なサイレント映画と由緒あるお屋敷でのひとときを是非…。


肉体と悪魔 Flesh and the Devil
幼なじみのレオとウルリッヒ。成長した二人は、フェリシタスと出会い、友情が変化していく…。美しい風景、豪奢な屋敷そしてガルボの妖しい魅力をご堪能ください。

1926年/アメリカ/モノクロ/111分/DVD(提供:IVC)/日本語字幕付

監督:クラレンス・ブラウン
主演:グレタ・ガルボ(フェリシタス)、ジョン・ギルバート(レオ)、ラルス・ハンソン(ウルリッヒ)


予約予約・お問い合わせ: いちかわ西洋館倶楽部 tel 047-322-2012 /ラピス・ラズリ tel 070-5546-5294 Mail mie.yanashita@mbc.nifty.com
2011.01.30(20:42)|イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
【 夕顔楼トークサロン 】
場所: 大阪 夕顔楼 日時: 1月22日(土) 18:00開始~20:00まで(予定)
ゲスト: 富崎NORI 聞き手: 樋口ヒロユキ イベント詳細:
料金: 2000円(1ドリンク込み) /2500円(1ドリンク+お土産込み)

富崎NORI(イラストレーター)
1968年、福岡市生れ。東京在住。
パッケージ業界、アニメ関連の企画会社を経てフリーランス。
「球体関節人形」と「ゴシック&ロリータ」をモチーフに、個展、作品集、雑誌、などで絵と文章を発表。

樋口ヒロユキ(美術評論家)
1967年、福岡県生まれ。芦屋市在住。
関西学院大学文学部美学科卒。PR会社勤務を経て、95年よりフリー。2000年より執筆活動開始、現代美術とサブカルチャーを幅広く紹介。


富崎NORI公式サイト: Site of TOMIZAKI NORI
樋口ヒロユキ公式サイト: 【樋口ヒロユキ】
2011.01.21(19:21)|イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
[蝙蝠と蛞蝓の宴]からのお知らせ&告知です。このたび[ヴリル協會]さんと、10月17日(日)ブックサロンオメガにて、『蝙蝠協會』と銘打った合同オフ会を開催することとなりました。ヨヨギさん(ヴリル協會)のお力をだいぶ借りてしまうとは思いますが、自分のブログでこうやって企画するのは初めてなので、緊張しながらも楽しみです。当日は貸切となっていますのでどうぞお気軽にいらして下さい。よろしくお願いいたします。

10/10/17 (sun)  19:00-23:00頃  現地集合

at : BOOKSALON OMEGA
新宿区百人町1-24-9 鈴木ビル3F
HP http://www.omega-swiez.co.jp/

JR大久保駅南口改札を出まして右手、斜めに大久保通りへと抜ける細道を進んでゆくと左手に1F串揚げ屋「ふさお」とある看板のビルの3Fです
googlemap
http://maps.google.co.jp/maps/place?cid=15918794265935842204

会費
\3000 (アルコール込飲放題)
\1500 (ソフトドリンクのみ飲放題)  
選べます

・営業時間内無制限の飲み放題です
・基本的にフードメニューのないお店です
・靴を脱ぎます


一応19時開始となっておりますが、来た者から飲み始めている感じになると思いますので、遅れてからのご参加もお待ちしております

当日もし場所がわからなかったり、あるいは何時頃到着になりそうだなどのご連絡は店舗tel.03-5332-5180 までご一報下さい


2010.10.17(21:10)|イベントコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
【 『幻色のぞき窓』刊行記念トーク&サイン会 山本タカト(絵師)× 相馬俊樹(美術評論家) 】
場所: NADiff a/p/a/r/t 日時: 2010年6月26日(土) 15:00~16:30

絵師・山本タカトが覗く、妖しくも艶かしい鎌倉絵巻。居住地・鎌倉に漂う幻妖な磁力は、絵師の瞳にどのように映り、その筆を動かすのか――。
頽廃美に耽溺する魔術的エロスについて、独自の見地から探求してきた美術評論家・相馬俊樹氏をゲスト・ナビゲーターに迎え、山本タカトが描く幻惑作品の源泉に迫る。


*入場無料(予約不要) 30名様以降は立見となる可能性がありますのでご了承ください。

山本タカトサイト: yamamototakato.com

幻色のぞき窓幻色のぞき窓
(2010/04/28)
山本タカト

商品詳細を見る


禁断異系の美術館1 エロスの畸形学 (TH SERIES ADVANCED)禁断異系の美術館1 エロスの畸形学 (TH SERIES ADVANCED)
(2009/03/17)
相馬俊樹

商品詳細を見る
2010.06.18(23:17)|イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
100324a.jpg

【 LES LIBERTINS(リベルタン) 】
場所: club axxcis 日時: 2010年3月27日(土)12:00~17:30
料金: door 3,500円(1drink)/dress code 3,000円(1drink)

LES LIBERTINS(リベルタン)は、ブックサロン「オメガ」がオーガナイズするクラブイベントです。アンダーグラウンドシーンを牽引する豪華なキャストと、ドラスティックな演出が特徴です。第二回にあたる今回は、イラストレーターとしてのみならず、舞台芸術でも定評を得た「宇野亜喜良」さんが構成・美術を担当する舞台「伯爵令嬢小鷹狩掬子の七つの大罪」のプレビュー試演が決まりました。併せて「宇野亜喜良×金守珍」による対談も行います。一日限りの貴重なパフォーマンスにお立ち会いください。


公式サイト: LES LIBERTINS(リベルタン)
2010.03.24(22:37)|イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon