100730a.jpg

【 蛇屋横町 】
場所: キンケロシアター(中目黒) 03-3496-1138 
日時: 2010年7月30日(金) 18:30 /7月31日(土) 13:00 17:00 /8月1日(日) 13:00 17:00
料金: 前売り 5,500円(全席指定、税込み) /当日売り 6,000円(全席指定、税込み)
※予約&問合せはザ・スーパー・カムパニイへお願いします。

急にひっそりとしたあたりのくろ闇は、やがてまた何時もの神秘めく蛇屋横町の夜の来たことを知らせるのであった。


原作: 山崎俊夫 /演出: 竹邑類 /主演: 舘形比呂一 /共演: 清水フミヒト・田口守(新派) /音楽: エミ・エレオノーラ

山崎俊夫原作の『蛇屋横丁』が舞台化。そして主演はソロ・プレイ『梯子の下の微笑み』からずっと気になっている舞踏家の舘形比呂一さん。残念ながら日程が合わずに観に行けないので再演を期待しています。

舘形比呂一サイト: Hirokazu Tategata Official Site
2010.07.30(23:31)|舞台コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
100123a.jpg

【 バーバラ村田朋未 身体激情~Physical Passion Theatre~ 『よるべない女たち』 】
劇場: シアターX(カイ)
公演日程: 2010年
2月10日(水)19:30開場 20:00開演
2月11日(木・祝)13:30開場 14:00開演/17:30開場 18:00開演
料金: 前売2,500円 当日3,000円 全席自由席(入場整理番号付き)

舞台作品では女性の情念を剥き出した村田朋未、ストリートではガーリーでちょっと妖しいバーバラ村田、フィールドに応じて名前を使い分けながらも、一貫して「女」を様々に表現してきた彼女が、「バーバラ村田朋未」として発表した『よるべない女たち』は、彼女の集大成とも言える作品です。2008年5月に初演となった本作品で、マイム、ダンス、演劇、人形劇を組み合わせながら、台詞を使うことなく、たった一人で様々な女性の生を演じ、パントマイム界を揺さぶる作品となりました。時にひたむきな愛憎を抱え、時に少女のように美に耽り、時に獰猛な本能を露わにした、女性のあらゆる情緒と生身の素顔を、まぼろしの人、自らの生き写した仮面と共に、巧みに表現します。「不安」「幸福」「欲望」「恍惚」これらの情念がうずまく愛を描くこの舞台は、孤独な女性が豊かに輝く物語です。
新たにピアノ、Saxophoneの生演奏との共演など、さらなる磨きをかけた今回の舞台は、この先行きの不安なよるべない世の中を生きる私達にとって、必見の舞台となるはずです。バーバラ村田朋未の激情をお見逃しなく!


公演情報サイト: ACC最新情報 バーバラ村田朋未『よるべない女たち』身体激情
バーバラ村田朋未公式サイト: ムラタ制作所
2010.01.23(23:42)|舞台コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
091203a.jpg

【 快楽のまばたき 「花札伝綺」 】
場所: 新宿二丁目タイニイアリス 期間: 2009年12月9日(水)~13日(日)
作: 寺山修司 演出: 高田百合絵

これは死の家の伝説です。
ときは大正時代、日本海軍が支那海でドイツの武器商船を撃滅しようとねらっていた頃、東京のとある下町に小さな葬儀屋がありました。そこでは葬式一切を扱うだけではなく、主人の団十郎が冥土のことに詳しく、どんな人でも安く地獄への旅行案内をしてくれるというのです。その葬儀屋の主人団十郎はとっくに死んでいて、その妻も猫も金魚もみんな死んでいて、人は「死の家」と呼んでいましたが、たった一人、娘の歌留多だけはまだ死んでいないという噂でした。主人の団十郎は、ちかぢか歌留多をも、地獄祭りに連れていってやろうと思っていたのですが、わるいことに歌留多はまだ生きてる人間に恋してしまいました。生きてるにんげん、その名は墓場の鬼太郎、犯罪河岸では名のある泥棒で評判の美男子でしたが、神出鬼没で誰もその正体を知らないのでした。見たか?今のが墓場の鬼太郎だ!


【出演】
常川博行 /丸岡達志 /くら /成田佳奈子 /二面由希(動物電気) /安野由記子 /阿川雄輔 /郡司英雄 /杉本舞幸 /朱沸マセリ /他

ブログ: 快楽のまばたき
2009.12.03(21:50)|舞台コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
090613a.jpg

【 結城座創立375周年記念「乱歩・白昼夢」〈江戸糸あやつり人形と江戸写し絵による〉 】

場所: 東京芸術劇場 小ホール2 期間: 2009年8月19日~8月23日 チケット: 指定席 5,000円 (割引先行予約 4,500円) 自由席 3,500円
*5月27日(水)から6月19日(金)まで割引先行予約を実施。(割引先行予約は指定席のみ)

結城座創立375周年記念企画 『乱歩・白昼夢』公演いよいよ始動。
作・演出に斎藤憐、総合意匠の宇野亜喜良などの大ベテランたちとともに 江戸写し絵と江戸糸あやつり人形を駆使し、 華やかな大正時代の浅草を平成の現代に蘇らせます。
結城座版江戸川乱歩ワールドに乞うご期待!


意匠に宇野亜喜良 (人形美術/写し絵・画/舞台美術/衣裳デザイン)、音楽は黒色すみれ。どのような乱歩ワールドが繰り広げられるのか楽しみです。

サイト: 江戸糸あやつり人形劇団 結城座 - 乱歩・白昼夢
2009.06.13(17:48)|舞台コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
inju.jpg

江戸川乱歩は自身の全作品の中で、中短篇なら「陰獣」が一番よいと言っていたという。乱歩の代表作「陰獣」はけっして古臭い探偵小説ではなく、現代に生きる我々が読んでも心が揺れる、危険な小説だ。しかし今回、「陰獣」のヒロイン静子を描くため、天願大介はもう一つの物語を用意した。乱歩の長篇「化人幻戯」である。
「陰獣」のヒロイン静子と「化人幻戯」のヒロイン由美子。陰と陽、静と動、まったくタイプの違う二人の美女が舞台で繰り広げる美しい悪夢。
二つの物語はやがて重なり溶け合って、甘美な迷宮が出現する。そこに炙り出されるのは、静子と由美子の無垢な魂、そして内なる獣「陰獣」であった……。

女優、月船さらら&出口結美子のユニット「metro」旗揚げ公演です!!


出演者: 丸山厚人、池下重大、鴇巣直樹、月船さらら(metro)、出口結美子(metro)
会場: 神楽坂die pratze(ディ・プラッツ) 期間: 2009年1月22日(木)~27日(火) 全11回

【 トークイベント 】
  • 2009年1月23日(金) 19:00 佐野史郎さんトークイベント
  • 2009年1月26日(月) 19:00 京極夏彦さんトークイベント


公式サイト: métro
2008.12.22(21:49)|舞台コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
34477281_56.jpg

前回公演では、発売当日に15分でチケットが完売した人気シリーズ「洋館ミステリ劇場」の第4弾です。観客は、本物の洋館の中を移動しながら、事件を体験し、犯人を推理するというミステリーツアー型の演劇です。神戸異人館通りの西端に位置する、普段は一般公開されていない築約百年の洋館で、昭和初期のミステリーを再現します。


G-フォレスタ presents 洋館ミステリ劇場 夢野久作「二重心臓」(構成・演出:丸尾 拓)
上演期間: 10月12日~13日・11月2日~3日 場所: 洋館S邸(神戸市中央区山本通) 料金: 3,500円

via [mixi]夢野久作コミュニティ
2008.08.30(19:51)|舞台コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
月蝕歌劇団 08年8月連続公演 〈津山三十人殺し〉幻視行
作・演出◎高取英 音楽◎J・A・シーザー 8月20日(水)→24日(日)

tsuyamajashuumini.jpg

犯罪史上名高い実話をもとに残虐犯の心理と家族の思いを描く高取英の書き下ろし新作


ちょっと観てみたいなあ。

チケット予約フォーム
2008.08.15(16:46)|舞台コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon