上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
伯林蝋人形館伯林蝋人形館
(2006/08)
皆川 博子

商品詳細を見る


絵小説絵小説
(2006/07)
皆川 博子宇野 亞喜良

商品詳細を見る


安徳天皇漂海記安徳天皇漂海記
(2006/02)
宇月原 晴明

商品詳細を見る

スポンサーサイト
2006.10.21(10:42)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ネジ式ザゼツキー (講談社文庫)ネジ式ザゼツキー (講談社文庫)
(2006/10/14)
島田 荘司

商品詳細を見る


殺戮にいたる病 (講談社文庫)殺戮にいたる病 (講談社文庫)
(1996/11)
我孫子 武丸

商品詳細を見る


共生虫 (講談社文庫)共生虫 (講談社文庫)
(2003/03)
村上 龍

商品詳細を見る


ライチ☆光クラブ (f×COMICS)ライチ☆光クラブ (f×COMICS)
(2006/06)
古屋 兎丸東京グランギニョル「ライチ光クラブ」

商品詳細を見る

2006.10.21(10:39)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

通勤電車の中でとても綺麗な女の人をみた。目が大きく鼻筋もすっと通っていてなんというか自分の理想が『ここにある』という感じだった。じっと眺めてると相手も気づいたのか見つめ返され慌てて目をそらした。すっかり怪しい人になってしまった。

私にとって、美しい人は男女問わずに「ありがたやありがたや」ってな感じで敬い崇拝の対象だ。私自身のコンプレックス故に、美しさへの価値を過剰に見出してしまう。そしてそんな綺麗な人間に比べて『何と醜い自分』という自虐に酔いしれ快感を覚えるという変態的趣味を楽しんでしまう。

明日もまた「彼女」に会えるといいな。

2006.10.10(09:43)|思考文章コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
セカイ系否定をベースとしたストーリが新鮮で面白かった。その為にか関口視点はなく益田、青木視点でシリーズ主要人物達を外側から見ている。必然的に読者もセカイ系視点でいられなくという作りで構成されているのでいつもの京極作品にあるあの酩酊するような感覚は味わえなかった。が、その分主要人物達の意外な一面が楽しめセカイ系を内包した人が世界を認識する瞬間の感覚が心にキタのでほぼ満足。ネタバレになるのであまり具体的なことは避けるけど唯一残念だったのは犯人に魅力を感じることが出来なかったことかなぁ。

邪魅の雫 (講談社ノベルス)邪魅の雫 (講談社ノベルス)
(2006/09/27)
京極 夏彦

商品詳細を見る
2006.10.07(10:31)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
マリアの心臓で行なわれた幽霊展をみてきた。

山本タカトの幽霊画の繊細さと妖しさを兼ねた美しさに魅入られ恋月姫の球体間接人形の相変わらずの美しさにうっとりし濃厚な充実したひとときを過ごすことができた。しあわせだぁ。これで来週一週間はなんとか頑張れそう。

殉教者のためのディヴェルティメント (Pan‐Exotica)殉教者のためのディヴェルティメント (Pan‐Exotica)
(2006/05/11)
山本 タカト

商品詳細を見る


月の神殿―恋月姫人形写真集月の神殿―恋月姫人形写真集
(2005/01)
恋月姫

商品詳細を見る

2006.10.07(10:02)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。