眼球譚(初稿) (河出文庫)眼球譚(初稿) (河出文庫)
(2003/05)
ジョルジュ バタイユ

商品詳細を見る

2007.01.30(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
f:id:hakononaka:20070130215149j:image


f:id:hakononaka:20070130215050j:image

2007.01.30(00:00)|両性具有コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス
(1999/12)
宇月原 晴明

商品詳細を見る


私の頭の中ではこの本が史実だ!
2007.01.29(00:00)|両性具有コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

両性具有という完全像に恋焦がれ続ける日々。

f:id:hakononaka:20070201211242j:image

2007.01.29(00:00)|両性具有コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
纏足の靴―小さな足の文化史纏足の靴―小さな足の文化史
(2005/11)
ドロシー コウ

商品詳細を見る

2007.01.28(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
映画を観てから青木画廊で七戸優さんの展覧会に行ってきました。ご本人に会えてサインももらえて幸せ。もう素敵な作品ばかりでした。

f:id:hakononaka:20070128165228j:image

オイシャサンゴッコオイシャサンゴッコ
(2005/04)
七戸 優

商品詳細を見る
2007.01.28(00:00)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
昨日「ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド」を観てきた。感想は全体的にもうちょっとなのに惜しいって感じです。ロックで退廃美というと「ベルベット・ゴールドマイン」のが上かな。でも美形なシャム双生児っていうのを見れるだけで価値はあります。あとバンドの「ドゥーラとドーラ」って曲が良かった。
2007.01.28(00:00)|映画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

米ミシシッピ州で1964年、2人の黒人青年(ともに当時19歳)が誘拐され遺体で発見された事件で、米連邦司法当局は24日、同州の元郡保安官代理で白人至上主義団体クー・クラックス・クラン(KKK)メンバーだった男(71)を誘拐容疑で逮捕した。殺人についても追及すると見られる。地元紙などが伝えた。


f:id:hakononaka:20070126230652j:image


なんでKKKって三角帽子になったんだろうね。意味あるのかな。
2007.01.26(00:00)|画像コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

ショッキングな画像なので注意してください。

[ http://poetry.rotten.com/mortician/ ]

エンバーミング(遺体衛生保全)の技術ってすごいんだなー。死体をこれだけ修復出来るには美術のセンスも必要そうだ。ただ睫毛のかんじとかやはり人形っぽくなってしまってるとこが残念。日本のフィギュア職人とかに頼めばもっとリアルに修復出来ちゃったりするかもと思うとおもしろい。あ、でも二次元顔に変換されちゃう危険が・・・。

2007.01.24(00:00)|画像コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
石田徹也遺作集石田徹也遺作集
(2006/05)
石田 徹也

商品詳細を見る


私が愛してやまない画集には「見てる時だけは世界観に浸れる」と「後々にまで頭に残り暫く影響される」の二種類がある。ほとんどが前者だけれど、この作品は確実に後者だ。静寂のなかのあまりの孤独と哀しさ、恐しい不安のなかの剥き出しの魂の美しさが胸に迫る。涙が出そうになりました。
2007.01.23(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
「エコール」がDVD発売決まったそうです。すっごく素敵映画なので買って損はない。私も買うよ。

エコール [DVD]エコール [DVD]
(2007/04/04)
ゾエ・オークレール、ベランジェール・オーブルージュ 他

商品詳細を見る


陽月さんの球体関節人形で表現した「エコール」もおすすめ。

Ecole(エコール)―Les poup´ees d’Hizuki dans l’EcoleEcole(エコール)―Les poup´ees d’Hizuki dans l’Ecole
(2006/09)
陽月、吉田 良 他

商品詳細を見る

2007.01.21(00:00)|映画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
山本六三さんのさんの描く両性具有者に憧れる。こんな「存在」でありたかったな。

20070121211121.jpg
山本六三 画集『エロス・タナトス』奢覇都館

2007.01.21(00:00)|両性具有コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
わたしのおふねマギーB (世界傑作絵本シリーズ)わたしのおふねマギーB (世界傑作絵本シリーズ)
(1976/07)
アイリーン ハース

商品詳細を見る

小さい頃に読んでもらった絵本です。今見ても絵がすごく可愛い!絵本の良さって大人になってからのが、わかるもんもありますな。

f:id:hakononaka:20070120175139j:image

2007.01.20(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
  • 「羊たちの沈黙」で有名な背中の模様が骸骨に見える蛾「ドクロメンガタスズメ」

f:id:hakononaka:20070119213030j:image:w200



f:id:hakononaka:20070110083420j:image

かわいい。

2007.01.19(00:00)|画像コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

全身を猫に整形した男 [絵文録ことのは]2007/01/17

以前にTVか何かで見て衝撃を受けたことがある「猫男」が上記ブログで詳しく解説されてたので興味深く読みました。通称「キャットマン」がヒューロン族などネイティブアメリカンの影響で身体改造を始めたってことを知って「ファキール・ムサファー」という人物を思い出した。彼もネイティブアメリカンの保護地の近くに住んでいたことから影響を受けタトゥーから始まりピアス、コルセットでの身体変形などなど身体改造というものを追求した人だった筈。やはり先住民みたいに伝統的でいて異質、神秘的な存在は魅力的であるし幼い頃からその存在を身近に感じてたら影響受けるのはあたりまえなのかもなぁ。そういえば日本では、刺青ぐらいしか体を改造したり手を加えたりという伝統はなかったんだろうか。カストラートや宦官みたいな去勢、中国の纏足のような儀式もなかったしそこまでいかなくてもピアスやコルセットみたいなウエスト矯正などもなかったように思うので自然のままが美しいって価値観だったのかもしれないですな。

でも肉体を改造する人っていうのは怖さも感じるけど独特の美学とか妖しさがあって惹かれる気持ちの方が断然強いです。以前、山本じんさんの展覧会を青木画廊で見たときに「纏足」について語ってもらえたのだけど、纏足靴の美しさや纏足の足の小ささを誇りとしていた中国女性達などの独自の美学を知りうっとりしました。今の女性も足の痛みをこらえながら血豆や水ぶくれだらけの足をテープで巻き巻きして、足の骨自体も変形しちゃったりしながらそれでも高いハイヒールを履きこなす姿はカッコイイと思う。女の靴は現代になっても機能美よりも造形美が求められてるとこが素敵だ。

にしてもどうせキャットマンになるならもっと可愛くすれば良かったのに!伝統だけじゃなくJapaneseモエ魂も取り入れてほしかったものです。

2007.01.18(00:00)|思考文章コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
トレヴァー・ブラウンの画集を買いました。やっぱ素敵だ。

f:id:hakononaka:20070113154613j:image

マイ・アルファベット・プラス (Pan‐Exotica)マイ・アルファベット・プラス (Pan‐Exotica)
(2006/09/21)
トレヴァー・ブラウン

商品詳細を見る
2007.01.13(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド

とにかく見なければ!美しすぎる結合体双生児率いる伝説バンド。退廃美とか見世物的な美学とかがぎゅっと凝縮されてるそうで今からテンション上がります。1月20日より渋谷シネマライズ公開とのこと。楽しみだ。


f:id:hakononaka:20060921213817j:image

2007.01.12(00:00)|映画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
鏡の国のアリス鏡の国のアリス
(2006/12/22)
ルイス キャロル、ヤン シュヴァンクマイエル 他

商品詳細を見る

「不思議な国」は入手したので「鏡の国」も買って揃えたい!

マイ・アルファベット・プラス (Pan‐Exotica)マイ・アルファベット・プラス (Pan‐Exotica)
(2006/09/21)
トレヴァー・ブラウン

商品詳細を見る

好きな作家です。

不思議のたたりちゃん (Vol.1)不思議のたたりちゃん (Vol.1)
(2004/12)
犬木 加奈子

商品詳細を見る

高校の頃友人に「たたりちゃんに似てるね」と言われました。
自分でも似てるなって思いました。
……久しぶりにまた読みたい。

北欧のこども部屋 (エクスナレッジムック)北欧のこども部屋 (エクスナレッジムック)
(2006/12/19)
不明

商品詳細を見る

可愛いなー。コドモには戻れないけどこんな部屋に住みたい!!とりあえず空想で楽しむために欲しいです。
2007.01.11(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
City of the Broken Dolls (Velvet Series)City of the Broken Dolls (Velvet Series)
(1997/03)
Romain Slocombe

商品詳細を見る


包帯!!ギブス!!!
いいなぁ~。

2007.01.09(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

夜想耽美展に行ってきました。以前から好きな恋月姫や山本タカト、丸尾末広の作品が一度に観れてクラクラするほどの濃密空間だった。佳嶋さんの作品はあまり知らなかったのだけど実際見ると色使いが美しくて良かったです。中村明日美子さんと線の感じやセンスに共通部分を感じたなぁ。耽美特集の表紙でもある松井冬子さんの絵も素敵でした。


f:id:hakononaka:20070107225615j:image

2007.01.07(00:00)|展覧会感想コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
コンセプチュアル特殊メイク入門コンセプチュアル特殊メイク入門
(2006/11/11)
コンセプチュアル特殊メイク研究会

商品詳細を見る


吉田式球体関節人形制作技法書吉田式球体関節人形制作技法書
(2006/09/16)
吉田 良

商品詳細を見る

2007.01.02(09:16)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon