60年代に作られた最強ガーリー映画で有名な『ひなぎく』のDVDが9月21日に安くなって再発売します。


f:id:hakononaka:20070831221424j:image


販売:ダゲレオ出版 発売:チェスキー・ケー 税込3,990円

http://www.imageforum.co.jp/hngk/details.html

2007.08.31(00:00)|DVDコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

中世のお城にあるような、やや錆びついた鎧はかっこいい。

インテリアで錆びたような色合いをわざと塗ることもあるように、サビは機能を損ねるけれど、なかなか威厳が出てかっこよくなったりもします。

だから、それを目指したいと思いました。たとえ燦燦と輝く太陽に照らされた大通りを歩いていなくとも、薄暗い日陰の小道に居場所を見出したとしても、かっこよく錆びれるのならそれも良しだと。

でも、サビなくてカビました。大誤算です。じめじめした自分の内面を見つめればカビるのはわかりきったことだったのに。愚か者ですが、もう取り返しはつきません。

黴はかっこ悪いよ。

2007.08.30(00:00)|思考文章コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
心霊理論 (光文社文庫 い 31-25 異形コレクション 38)

心霊理論 (光文社文庫 い 31-25 異形コレクション 38)

  • 作者: 朝松健
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 文庫

異形コレクション新刊。

ホラー映画ベスト10殺人事件 (光文社文庫 と 15-3)

ホラー映画ベスト10殺人事件 (光文社文庫 と 15-3)

文庫化。

2007.08.30(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
2007.08.29(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

「ああ…、心臓が妊娠したような気分だ」

『李歐』 高村薫


やおい小説や漫画などで「妊娠してしまう」などの台詞が出てくることは多々ある*1。もちろん男性同士が前提だ。
以前は、女性性からの逃避や忘却を求めて読むフィクションにおいて、それらの単語をなぜ使うのかが不思議で仕方なかった。生殖行為に縛られない愛やセックスに憧れを抱いたわけではないのだろうか、そんな疑問を抱いていた。
けれども、上記の台詞を読んで、男性同士だからこそ「妊娠」という言葉に生殖ではない要素が加わり、特出した色気がでるのだと理解することができた。

本来の性ではありえないであろう事を表現することで、その性を超越することに成功している。女性性からだけでなく男性性からも解放された存在となっている。

その両性具有的な世界観は十分に夢を見させてくれているのだと、今はそう思う。

李欧 (講談社文庫)李欧 (講談社文庫)
(1999/02)
高村 薫

商品詳細を見る


*1:多々はないかも…


2007.08.28(00:00)|両性具有コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

皆既月食を見たいのに曇ってる。雲よ、どこかに消えてくれ!!

2007.08.28(00:00)|日常コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
絶滅危惧ビデオ大全

絶滅危惧ビデオ大全

2007.08.28(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

絶望先生の「サイコ」のパロデイが面白すぎてニコニコ動画であがっている比較映像を何度も見返してしまった。

そんなこんなで休日も残り一日だ…。

2007.08.26(00:00)|日常コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
箪笥-たんす-

箪笥-たんす-

父に連れられ、ソウル郊外の家に帰ってきたスミとスヨンの姉妹。若く美しい継母のウンジュが2人を迎えるが、笑顔の奥には冷たい表情が浮かぶ。姉のスミは異様なまでに妹スヨンを気遣い、ウンジュへの不信を顕わにした。その日から、家の中で奇妙な現象が起こり始める。姉妹を襲う悪夢、ウンジュの視界に映る不気味な影。不安から、継母と姉妹の関係はさらにこじれていく。恐怖が限界に達した時、スヨンの部屋の箪笥の中で、隠された家族の秘密が明らかになる。

綺麗な二人の姉妹スミとスヨン、スミの足は真っ白だけれどスヨンの足には少し瘡蓋があったりするところが、外で遊んだ子供時代を思い出させ、リアルな少女性を感じてしまう。

最初から何かがズレているということはわかるのですが、それが一体何なのかはわからないままにストーリーは進んでいきます。怪奇現象などが起き始めたとともにズレも大きくなっていき、家全体が狂気に染まっていってしまう。継母の異常さ、ひたすら傍観者である父親の存在も次第に不可解さが増してきます。

それらの事象の全ての答えがさらされたときは、驚愕以上にせつなくなりました。冒頭で姉妹が手を強く握り合って駆けていくシーンを思い返すと、胸が締め付けられる。

最後までホラー作品であることを貫いていながらも、少女の哀しさが美しく描かれていて素敵な映画でした。

2007.08.26(00:00)|映画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

上野の「パルマ展」に行ってきた。混んでて疲れた…。パルミジャニーノの『ルクレティア』が好みだったな。

f:id:hakononaka:20070825184735j:image

参考:ルクレティア-Wikipedia

2007.08.25(00:00)|展覧会感想コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

買った

ラヴクラフト全集7 (創元推理文庫)

ラヴクラフト全集7 (創元推理文庫)

レ・コスミコミケ ハヤカワepi文庫

レ・コスミコミケ ハヤカワepi文庫

読んだ

ほんとにあった怖い話 2007年 09月号 [雑誌]

ほんとにあった怖い話 2007年 09月号 [雑誌]

稲川淳二の怪談を伊藤潤二が漫画化したWジュンジ作品が掲載されていたのでわくわく読んだのですが、やっぱり伊藤潤二はオリジナルの人なのだなと実感しました。ストーリーの整合性がとれすぎているというか、伊藤潤二特有の不条理さや過剰すぎるために滲みでる滑稽さみたいなのがないので、これじゃただの怖い話だなあと。

雑誌の付録として「語り・稲川淳二 聞き手・伊藤潤二」のCDがついていました。せっかくなので聞いてみるとします。

2007.08.22(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

明日から世間より一足遅いお盆休み。ホラー映画とか大量レンタルしてきてみまくろう計画。きひひ。

2007.08.22(00:00)|日常コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

買おうと思って地元のCD店をまわったのに売ってなかった。悔しい。明日また探しにいこうっと。
2007.08.22(00:00)|音楽コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
  • 夜想 ヴァンパイア特集号
  • 富崎NORI作品集

f:id:hakononaka:20070820220637j:image

2007.08.20(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

ヴァニラ画廊でルーカス・スピラ展がはじまったので行きたい。9月1日までです。

http://www.vanilla-gallery.com/gallery/lukas/lukas.html

f:id:hakononaka:20070820220932j:image

あとマリアの心臓の幽霊展もみたいな。26日までなのでむずかしいところだけれど。

http://mariacuore.com/70804.html

2007.08.20(00:00)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

水分、油分、塩分のとりすぎで浮腫んでいるうえに、飽食によって溜まった皮下脂肪と、運動不足ゆえに弛緩した筋肉との相乗効果で、そりゃあもう”歩く水死体”と形容されても仕方のないきもちわるさになっています。

夏の暑さのために吹き出た汗はTシャツに大きなシミをつくり、濡れた髪の毛はわかめのように額にべっとりとくっついて、ぶよぶよとした青白い肉塊が歩いている様子を想像してみてください。なんというおぞましさ。

さわやかな汗を流して遊ぶ少年少女にむかって不気味な笑みを浮かべながら眺めてみようかな。ひと夏の思い出を増やしてあげましょう。

2007.08.19(00:00)|日常コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

日本の緊縛女性絵を集めたサイト。アダルトな内容なので注意。

[ The Forkbeard’s Japanese Bondage Art ]

2007.08.18(00:00)|ウェブコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

仕事帰りに私は丘の上から花瓶を投げる - 2007-07-06で知ったジョック・スタージス展にいってきました。

外苑前駅は花火大会のためにすごい混んでた。びっくりした。

いや、それにしても素敵な写真展でした。特に心惹かれたのは黒いヘアバンドをして梯子?に座っている少女で、この瞬間が形となって残されたことに感謝してしまう、そんな写真でした。人と自然との美しい調和を感じさせてもらって幸せな気分。

うーん、写真集欲しい。

2007.08.16(00:00)|展覧会感想コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
f:id:hakononaka:20070814200429j:image


f:id:hakononaka:20070814200458j:image


三島由紀夫の自伝的小説「仮面の告白」の主人公はレーニの描いた「聖セバスチャン」で初めて自慰を覚える。
倒錯者が最も好む絵画であるともされているけれど、多くの聖セバスチャンの殉教画が存在するなかで、そのどれにもエロティシズムを感じない人の方が稀少なのではないかなあ。
そもそも、日本でいうならば「責め絵」としての視点で描かれたものが大半だと思うのです。

殉教者のためのディヴェルティメント (Pan‐Exotica)殉教者のためのディヴェルティメント (Pan‐Exotica)
(2006/05/11)
山本 タカト

商品詳細を見る


仮面の告白 (新潮文庫)仮面の告白 (新潮文庫)
(1950/06)
三島 由紀夫

商品詳細を見る

2007.08.14(00:00)|アートコメント(3)トラックバック(0)TOP↑
バンド・オブ・ザ・ナイト (講談社文庫)

バンド・オブ・ザ・ナイト (講談社文庫)

2007.08.14(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

近頃、過去の名作が新装版となって売り出されていることが多くて金銭的につらい。好きだから買わずにはいられないのです。

2007.08.12(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
神野悪五郎只今退散仕る

神野悪五郎只今退散仕る

2007.08.11(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

それにしても溶けるかと思うぐらい暑かったです。でも脂肪は溶けませんでした。化粧は溶けました。

哀しい。

2007.08.11(00:00)|日常コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

Bunkamuraでルドン展をみてきました。

http://www.bunkamura.co.jp/shokai/museum/lineup/07_redon/

f:id:hakononaka:20070811221150j:image

ルドン展をみながら感じたことは、黒の強い作品から柔らかく繊細なタッチで描かれた作品、晩年の色鮮やかな作品に至るまで、その幻想性はけっして失われることはなかったのだなあということです。

黒の世界から色の世界に移ったのはルドン自身の幸福が作用した結果だとは思いますが、だからといって<現実>に着地点を求めたわけではなく、幻想的な世界を描き続けたところが好きです。

2007.08.11(00:00)|展覧会感想コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

循環気質アストロマニアさんのところで宇野亜喜良氏と山本タカト氏が描いた「ベニスに死す」が紹介されています。同じ素材でも違いが出ているのが面白い。

ということで丸尾末広氏の「ベニスに死す」も載せてみます。


f:id:hakononaka:20070809221103j:image

2007.08.09(00:00)|画像コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
f:id:hakononaka:20070808213630j:image


ある瑠璃色の夜、金魚楼に招かれし乙女たちは (Panーexotica)ある瑠璃色の夜、金魚楼に招かれし乙女たちは (Panーexotica)
(2004/03/09)
秋山 まほこ

商品詳細を見る
2007.08.08(00:00)|画像コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

男性という性は明るくていいな。生きるエネルギーが外側に放射されている感じ。じめっとしてなくてからっとしている。

男性となって、

緑の草原に真っ裸で寝転んで、太陽の光を一身に浴びながら、夏の青い空へ向かって白い放物線を描きたい。

そんな願望。

2007.08.08(00:00)|思考文章コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

毎日暑くてうんざりする。外を歩くと蝉の鳴き声が頭の中に流れ込んできて、なにがなにやらよくわからない気分になったり、腐敗した生ゴミの匂いに、まるで自分が溶け込んでいくようなそんな錯覚に陥ったり、もう最悪です。でも嫌いになれなかったりするのが夏です。

2007.08.06(00:00)|日常コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
f:id:hakononaka:20070806215425j:image


f:id:hakononaka:20070806215451j:image


f:id:hakononaka:20070806215529j:image


「絶望先生」、DVD出たら買っちゃおうかなあ。血と薔薇とか丸尾末広とかツボが多すぎる。
2007.08.06(00:00)|画像コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

ヴァニラ画廊 三皷善行「Y Museum of Natural History 夏の巡回展」開館時間は12:00から19:00 8月11日まで開催中。

f:id:hakononaka:20070806001110j:image

【三皷善行・公式サイト】http://www002.upp.so-net.ne.jp/mitsuzumi/

2007.08.05(00:00)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon