上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑

殺しの時が到来した。〈蛇〉という名の寂しく不気味な町で、殺人鬼は女の肉を「鋭い牙」で咬みちぎった。猟奇事件の謎に挑むのは麻薬中毒者の警部ジェルミナル。やがて、その周囲に怪し気な人物たちが浮上する。奇形研究所の医師、サーカス団団長、美しき踊り子、機械人間、社会主義煽動家。しかし依然として殺人鬼の正体は闇の中だった。時おかずして、腎臓、肝臓、膵臓、心臓、そして陰嚢をもぎとられた男の死体が……

今、上巻を読み終わったところです。詰め込めるだけ詰め込んでやったぜ、といった感じの盛りだくさんな舞台設定の割りには案外真面目というか描写自体はあっさりしているところに物足りなさを感じるかな。おもしろいことはおもしろいのだけれども。

花輪和一初期作品集

花輪和一初期作品集

幻想少女―わ・た・しの国のアリス (トーキングヘッズ叢書 第 32)

幻想少女―わ・た・しの国のアリス (トーキングヘッズ叢書 第 32)

  • 出版社/メーカー: 書苑新社
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 単行本
他人事

他人事

スポンサーサイト
2007.10.28(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
愉悦の蒐集―ヴンダーカンマーの謎 (集英社新書ヴィジュアル版)愉悦の蒐集―ヴンダーカンマーの謎 (集英社新書ヴィジュアル版)
(2007/09)
小宮 正安

商品詳細を見る


アラマタ珍奇館―ヴンダーカマーの快楽アラマタ珍奇館―ヴンダーカマーの快楽
(2000/04)
荒俣 宏

商品詳細を見る

2007.10.21(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

『セラフィータ』もちょうど新訳が出たので早速読みましたけど、おどろきましたわ、ミンナなんて女性が出てくるんですもの。でも読んでみて、ふっと変だなって気がして、わたしたちも考え直さなくちゃと思ったのは、主人公が男の眼には女に、女の眼には男に見えるっていうところ。……もっとも、小説のほうは一人の人格が二つの性に別れ、瀬良家のあの方は双児ということですから、その点、意味が違いますけど、かりに双児でなくてもわたしには同じことですわ。だって、初めてあの方を見たときは、確かにもう光り輝くばかりに美しく逞しい男性だと思いましたけど、わたしにとって逞しいということは、洗練された優雅さと同じなんです。だから………
『光のアダム』 中井英夫


<男女の双子は一卵性では生まれない>

その事実を知ったときは「へー、そうなのか」と、一つの知識を吸収したぐらいにしか思わなかったものの、年齢を重ねるにつれそれは一つの失望にと変化した。
上の引用で表されてもいるように、男女の一卵性双生児とは極めて両性具有的だ。同一でありながら男女の躰に分かれてこの世に産まれ落ち、第二次性徴を迎え性差による特徴が強調されるまでの時間を同様の容姿*1を持ちながら、共に過ごすのだと考えると、二卵性しか産まれないという事実に失望する気持ちはきっとわかってもらえると思う。

瓜二つの顔をした美しい少年と少女が裸のまま草原に佇んで、微笑み合いながら手をつないでる、そんな光景を垣間見れたらどんなに幸せなことだろう。気付けばそこは狂人病棟の中なのだとしても、一度見てみたいと願う限りである。

光のアダム (1978年)光のアダム (1978年)
(1978/06)
中井 英夫

商品詳細を見る


*1:一卵性でもあまり似てない場合もあるので理想を語っているのだということを強調しときます。


2007.10.20(00:00)|両性具有コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

昨日はスパンアートギャラリーで行われている杉本一文展に行ってきました。退廃美と官能美が見事に融合した銅版画作品の数々に心酔わせて頂きました。ほんとうに素晴らしかったです。巨大な目玉を両脇にかかえ髑髏に跨る少女の絵には特に魅了され、帰りは離れがたい気持ちでいっぱいでした。

いつか画集が出ることを心待ちにしておきたいと思います。

2007.10.19(00:00)|展覧会感想コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ポオ詩集 (1956年) (新潮文庫)

ポオ詩集 (1956年) (新潮文庫)

  • 作者: 阿部保
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1956/00
  • メディア: 文庫
2007.10.19(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
2007.10.17(00:00)|アートコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

人・形展 - Hito Gata -

丸の内オアゾ 丸善本店4Fギャラリー 10月13日から19日まで。

人形の専門店ドルスバラードの催事「第2回 人・形展 - Hito Gata - 」

f:id:hakononaka:20071016214339j:image

行きたかったけど時間的に無理そうです。残念。

この展覧会に出展している青野明彦さんの標本にされたように箱に入っている人形好きだな。

青野明彦 AUX STRAPONTINS atelier

2007.10.16(00:00)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ad11.jpg

陰溝蠅兒『夢幻城殺人事件』より
2007.10.14(00:00)|両性具有コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
紙芝居と〈不気味なもの〉たちの近代 (越境する近代 (4))

紙芝居と〈不気味なもの〉たちの近代 (越境する近代 (4))

  • 作者: 姜竣
  • 出版社/メーカー: 青弓社
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 単行本

戦前には「不気味なもの」として、警察によって都市から排除される一方で、教育現場に包摂され、活用された紙芝居。その歴史をふまえて、紙芝居とその時代に映る「不気味なもの」から幻想と異端の実相を逆照射する。


わたくし率イン歯ー、または世界

わたくし率イン歯ー、または世界

2007.10.14(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

杉本一文が描いた横溝正史作品表紙絵が下記サイトで紹介されてます。素敵。

[ The Arrow of Artemis ]

2007.10.12(00:00)|ウェブコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

スパンアートギャラリーで杉本一文展。角川文庫の横溝正史作品の表紙絵好きだったのでみに行きたい。

10月15日(月)~10月27日(土)日曜休廊(最終日17:00迄)

http://www.span-art.co.jp/fset_ex/fs_ex_071015.html

2007.10.12(00:00)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

蠅の王ならぬ蛞蝓の王となって、ぬめりぬめりと世に君臨するのだ。

2007.10.12(00:00)|思考文章コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

最近なんだか活力が出ないと思ったらエログロが足りなかったことに気付きました。エログロ欠乏症です。

本日届いた陰溝蠅兒の『夢幻城殺人事件』を読んでたら元気になってきましたよ。

夢幻城殺人事件―陰溝蝿児初期作品集

夢幻城殺人事件―陰溝蝿児初期作品集

2007.10.10(00:00)|思考文章コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

f:id:hakononaka:20071010223905j:image


日野日出志 銅羅衛門
2007.10.10(00:00)|画像コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ゴーレム100 (未来の文学)

ゴーレム100 (未来の文学)

学校怪談 7 (7) (秋田文庫 55-7)

学校怪談 7 (7) (秋田文庫 55-7)

2007.10.10(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

七戸優が作り出した少女、リトルナースから始まった「私のリトルナース展」。画集とか出ればいいのになあ。


f:id:hakononaka:20071009224356j:image


http://oshirase.glamorous-area.holy.jp/
2007.10.09(00:00)|アートコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
夢幻城殺人事件―陰溝蝿児初期作品集

夢幻城殺人事件―陰溝蝿児初期作品集

2007.10.06(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

愚鈍さを武器に、卑屈さを盾に、醜さを鎧とし、もはや誰にもわたしを傷つけることは出来やしないのだと、声高らかに宣言しよう。ちょっとした気晴らしにはなることでしょう。

2007.10.04(00:00)|思考文章コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
f:id:hakononaka:20071003232831j:image


バロック・アナトミア (パン・エキゾチカ)バロック・アナトミア (パン・エキゾチカ)
(2005/05/22)
不明

商品詳細を見る
2007.10.03(00:00)|画像コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ブライスカスタム基礎ノート (CWCブックス)

ブライスカスタム基礎ノート (CWCブックス)

ブライス持っていないのに、つい先に本を買ってしまった。勉強するとしよう。

2007.10.03(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

いつどこで読んだのか申し訳ないことに忘れてしまったのだけれど、

今の人形愛者はピグマリオンコンプレックスというより逆ピグマリオンコンプレックスに近いのではないか。

というような説があった。

つまりは、ピグマリオンの伝説のように人形を生きているかのように愛する人々(人形に生きていて欲しいと願う人々)をピグマリオンコンプレックスと称すが、人形が生きていないからこそ、生きない人間として愛することが出来ているのが今の人形愛者である、ということだった。

それは凄く納得できて、さらには製作者も、生きている人形を作りたいという欲求から生きることのない人間を作りたいという欲求に変化していってるように思える。

球体関節人形の作者は日本では圧倒的に女性が多い。そして創られるのが最も多いのは少女人形だ。

性的ファンタジーとしてではない、同性の手による同性の人形。そこに見出せるものとは、生きているために喪失していったものに近いものだと感じる。

失われてしまったもの。

あらかじめ失われていたもの。

失われなければならなかったもの。

それらが人形という柩を介して、わたしたちの手に取り戻されていくのだと、感傷的な幻想に過ぎないけれど、そう考えてもいいのかもしれない。

2007.10.01(00:00)|思考文章コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

f:id:hakononaka:20071001185608j:image


こんな人魚を水槽で飼いたい。
2007.10.01(00:00)|画像コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
美術手帖 2007年 10月号 [雑誌]

美術手帖 2007年 10月号 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: 美術出版社
  • 発売日: 2007/09/18
  • メディア: 雑誌
有頂天家族

有頂天家族

『幻の箱で創られた少女』富崎NORI

http://atelierthird.jugem.jp/?cid=13

f:id:hakononaka:20071001205846j:image

素敵ですよ。

2007.10.01(00:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。