上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
澁澤龍彦 [ちくま日本文学018] (ちくま日本文学 18)澁澤龍彦 [ちくま日本文学018] (ちくま日本文学 18)
(2008/06/10)
澁澤 龍彦

商品詳細を見る


銅版画・江戸川乱歩の世界銅版画・江戸川乱歩の世界
(1988/05)
多賀 新

商品詳細を見る


『澁澤龍彦 [ちくま日本文学018]』は河出文庫刊行の澁澤龍彦コレクションと内容は被っているので、わざわざ購入する必要もないかと思っていたのですが、結局欲しくなってしまいましたよ。
「アンドロギュヌスについて」も収録されているし!
スポンサーサイト
2008.06.30(23:44)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
machino.jpg
『BEATRICE』

- 町 野 好 昭 画 集 < マ ル ガ リ テ ス > -

描かれている少女の、熱を感じさせない、まるで大理石のように硬く冷たい肉体と、背後にくつろいだ様子で寝そべっている"骸骨"という名の"死"の象徴。ネクロフィリアの官能的空想が、作品全体に深い霧のようにたちこめているかのような印象を受けました。

画集はタコシェオンラインショップなどから購入できます。
2008.06.29(23:57)|アートコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
[ mannequin lover's japan fan ! ]

リアルマネキンの現状報告やコレクションを公開しているサイト。
今まで興味がなかったわけではないけれど、あまり気にも止めていなかった"マネキン"の魅力に、今更ながら気付かされてしまいました。
美しいマネキンに囲まれた部屋のなかに引きこもって、もう人間なんて必要ないんだと嘯きながら、退廃的自堕落な生活をしてみたいところです。

jean-1-b.jpg


meli-13-b.jpg

画像: 株式会社 七彩ホームページ
2008.06.26(00:31)|ウェブコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
言葉・狂気・エロス  無意識の深みにうごめくもの (講談社学術文庫 1841)言葉・狂気・エロス 無意識の深みにうごめくもの (講談社学術文庫 1841)
(2007/10/11)
丸山 圭三郎

商品詳細を見る


眼球綺譚―Yui眼球綺譚―Yui
(2001/01)
綾辻 行人児嶋 都

商品詳細を見る


氷
(2008/06/04)
アンナ・カヴァン

商品詳細を見る


酒井駒子小さな世界 (Pooka+)酒井駒子小さな世界 (Pooka+)
(2008/06)
Pooka編集部

商品詳細を見る


人獣細工 (角川ホラー文庫)人獣細工 (角川ホラー文庫)
(1999/12)
小林 泰三

商品詳細を見る

2008.06.24(21:00)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
乱歩の時代―昭和エロ・グロ・ナンセンス (別冊太陽 日本のこころ 88)乱歩の時代―昭和エロ・グロ・ナンセンス (別冊太陽 日本のこころ 88)
(1995/01)
不明

商品詳細を見る

2008.06.22(16:01)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
doris.jpg

インターネット専門の古本屋としてスタートした古書ドリスは、おかげ様で徳島県に店舗を構える運びとなりました。ウェブサイトの更新作業と並行して、6月22日の開店に向けて準備を進めております。皆様のご来店を心よりお待ちしております。

住所: 771-0203 徳島県板野郡北島町中村字本須114-5 ハマダハイツ101
電話番号・FAX: 088-677-6618

営業時間: 13:00~21:00 水曜休


サイト: 古書ドリス
ブログ: 七つ頭の古本屋日誌

素敵すぎるWEB古書店さんなので、店舗では素晴らしい本たちに出会えること間違いなしなはず。行けるかたは是非!
2008.06.21(17:22)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


「あの子が欲しい」「あの子じゃ分からん」「この子が欲しい」「この子じゃ分からん」「相談しよう、そうしよう」の掛け合いの後に放たれる一言、「○○ちゃんが欲しい」。
この○○に自分の名前が入る瞬間を、必死な作り笑いを浮かべながら、向こう側に楽しそうに渡っていく子を何度も見送りながら、吐きそうな気持ちで待ち焦がれている。
最後になるまで呼ばれないことなんて、本当は嫌になるぐらいにわかっていたのに。
ただ、潔く認めてしまうには、あまりにつらくて怖くて惨め過ぎたのだ。

そんな苦痛に満ちた、学校の休み時間残酷ゲーム「はないちもんめ」経験者としては、甚く共感してしまう歌詞なのです。

*ニコニコ動画を見るにはアカウントが必要です。
2008.06.20(23:30)|動画コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
Salon Cocotte

6月21日(土) 17時~23時 ¥3000 場所 : 渋谷『TRUMP ROOM

    【出演】
  • バーバラ村田 (パペットダンス&マイム)
  • 泰造 (仮面舞踏)
  • Azur (仮面エアリアルティシュー)
  • 富崎NORI×清水真理 (トークショー)
  • AIXO x LOVELAD RESSENCE (レザー/コルセットモデルショー)
  • アコーディオンなおき
    【出展】
  • 清水真理 館野桂子 美少女 (以上球体間接人形)
  • F-Laboratory (スーパードルフィ)
  • 富崎NORI (ドールCG)
  • Erotica (仮面 コスチュームタロット他)
  • MASQUERADE (ヴェネチアンマスケラ他)
  • Stephane Branle (ガラスオブジェ)
  • Eiji (ガラスアート)
  • LinDa (ド派手不可思議メイク)
  • Faith (幻視 タロットリーディング)

【服装】厳密なドレスコードはありません。
女性>ココット(高級娼婦)またはロリータ(ドール)的装い *ゴスロリ、黒ロリ、澁澤乙女系は特に歓迎。姫ロリ、甘ロリさんもエレガントであればOKです。
推奨アイテム:仮面、コルセット、ガーターベルト、ピンヒール、キャットスーツ。
男性>セミフォーマル以上なら可。倒錯的衣装も歓迎。黒を基調にお願いします。


公式サイト : Salon Cocotte

青い部屋』でみたバーバラ村田さんが素敵だったので、気になっているイベント。後、富崎NORIさんと清水真理さんのトークショーも面白そうだなあ。
2008.06.18(23:25)|イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
夢魔の幻獣辞典 (角川ホラー文庫 32-9)夢魔の幻獣辞典 (角川ホラー文庫 32-9)
(2007/03)
井上 雅彦

商品詳細を見る


穴、文字、血液などが現れる漫画 (リターンフェスティバル)穴、文字、血液などが現れる漫画 (リターンフェスティバル)
(2008/02)
駕籠 真太郎

商品詳細を見る


悪夢交渉人 新版悪夢交渉人 新版
(2007/11)
高橋 葉介

商品詳細を見る

2008.06.16(22:08)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
nishimaki.jpg


14日の土曜日までヴァニラ画廊にて開催されていた「西牧徹展」の感想を、忘れないうちに書いておきたい。

西牧氏の鉛筆画は繊細緻密で、肌やビニールやラバーの質感が感触として伝わってきそうなほどに描き込まれていた。
そこに表現されている女の子たち(映像作品や写真作品も含める)は、どの子も幸福感に包まれていて愛らしい。
ブーツでケーキを踏んづけたって背徳感も罪悪感も覚えちゃいない(だって何が悪いの?)。気持ちよいこと(エッチなことだって!)をするのに躊躇なんかしやしない。楽しいから遊ぶのだ。その遊戯は欲望にすがすがしいほどに忠実で、なんだか憧れてしまう。

ピカピカ光る肌のうえにピチピチのラバーや革やビニールを身に着けて、傍若無人に振舞う無敵な女の子。
ベビーフェイスでキュートでハッピーで、とっても魅力的な女の子。

それがわたしの西牧徹作品から受けた印象で、もっと見てみたくなった。

蝙蝠と蛞蝓の宴: 西牧徹の黒戯画世界
2008.06.16(21:42)|展覧会感想コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
knight_button.jpg

たまにわたしは、ヌイグルミという存在がとても羨ましくなり、ヌイグルミになってしまいたくなります。内臓の代わりにぎゅうぎゅうに詰まった綿を、脳みその代わりにみっしりと詰まった綿を、そして縫い包み人間として人々に愛されて、たまに親切な人に綻んでしまった箇所を繕ってもらったりしちゃって、"考える"なんてことは必要もなければそもそも出来ないので関係なくて、ただひたすらに楽しく楽しく暮らすのです。
綿いっぱいの愛を!

画像はMargot Quan Knightの作品。


綿いっぱいの愛を!綿いっぱいの愛を!
(2005/06/29)
特撮

商品詳細を見る

2008.06.15(15:18)|画像コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ファンタスマゴリア―光学と幻想文学ファンタスマゴリア―光学と幻想文学
(1994/05)
マックス ミルネール

商品詳細を見る

第1章 光学と想像力 : 第2章 ホフマンの光学実験室 : 第3章 鏡の働き : 第4章 見えないものを見る : 第5章 時を征服する光学 : 第6章 光学的恋愛


via 書物という虚構
2008.06.13(07:19)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
『創作人形 三人展 Three ~ 亜由美 ・ 愛実 ・ みかん ~ 』

ayumi.jpg


manami.jpg


mican.jpg


スパンアートギャラリーにて6月22日~28日まで開催とのこと。気になります。

サイト: Three
2008.06.11(21:34)|展覧会メモコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
[甲斐庄楠音研究室]

甲斐庄楠音の作品や年譜が紹介されているサイト。
甲斐庄楠音というと、小説『ぼっけえ、きょうてえ』の表紙で使用されていた絵「横櫛」の印象が強いのですが、他の作品からも「横櫛」に感じたのと同じに、覗けば底知れぬほどの深い闇を孕んだ女性の、怨念にも似た内面が滲み出ているかのような印象を受けました。惹きつけられます。

yokogushi.jpg


ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)
(2002/07)
岩井 志麻子

商品詳細を見る

2008.06.10(21:52)|ウェブコメント(3)トラックバック(0)TOP↑
チェコ怪奇骨董幻想箱 vol.1 GOTH-BOXチェコ怪奇骨董幻想箱 vol.1 GOTH-BOX
(2004/02/27)
ヤロスラバ・シャレロバ

商品詳細を見る

ゴシック・ロリータ(ゴスロリ)映画『闇のバイブル 聖少女の詩』『ナインス・ハ-ト』『モルギアナ』の3作品を収録。



チェコ怪奇骨董幻想箱 vol.2 リプスキーBOXチェコ怪奇骨董幻想箱 vol.2 リプスキーBOX
(2004/03/26)
オルドリッチ・リプスキー

商品詳細を見る

チェコが誇る巨匠、オルドリッチ・リプスキー監督による3作品『レモネード・ジョー 或いは、ホース・オペラ』『アデラ/ニック・カーター、プラハの対決』『カルパテ城の謎』を収録。


わたしにとってチェコといえば、いつか骸骨堂に忍び込んで夜な夜な骸骨を少しずつ増やしていくなど『小人の靴屋』の小人さんのような善行をしてみたいなあ、という夢があったりなかったりする何かと魅惑的な国なのですが、海外旅行に行ける余裕はどう足掻いても到底持ち得ていないので、せめて映画でチェコのカルトな世界に浸ってみたいというところです。
2008.06.09(22:33)|DVDコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
夏の滴 (角川ホラー文庫)夏の滴 (角川ホラー文庫)
(2003/09)
桐生 祐狩

商品詳細を見る


剣の門 (角川ホラー文庫)剣の門 (角川ホラー文庫)
(2003/03)
桐生 祐狩

商品詳細を見る


balancoさんおすすめの桐生祐狩の本。読みたい。
2008.06.06(21:30)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
頑丈に梱包された大きな箱を開けると、14歳の美しい少女と12歳の美しい少年が入っている。どちらも華奢な体躯をしていて、まだ二次性徴が訪れる前の、中性的な容貌を保っている。背丈も首の細さも髪の長さも、まるで誂えたかのように同じくらいだ。夢にまでみた完璧な理想体が手に入ったことに興奮しつつも、二人の死体をゆっくりと丁重にビニールシートを敷いた床の上に下ろす。準備はもう整っているのだから、焦ってはいけない。切断面が平らになることを心掛けながら慎重に頭部を切断する。美少女の頭部を美少年の身体の首に、美少年の頭部を美少女の身体の首に…。交互に置き換えてピタリと切断面を合わせたならば、事前に用意していた丈夫な糸と針で、細かく縫い合わせていく作業に移るとしよう。

チクチクチクチクチクチクチクチク…。
ああ、縫い目にはプラスチック樹脂でも塗ってみようか、綺麗に固定してくれるかもしれないな。

わたしは、どうしてもこの目で確かめてみたかったのだ。頭部を入れ替えたところで、どちらも愛らしくあるのならば、美少女はやはり美少女で、美少年はやはり美少年なのか、を。
だって、もしもそうであれば、それは奇跡ではないか。美しき奇跡をこの目で見たいという、純粋な欲求と衝動の前には、倫理や理性などどうしようもなく無力でしかないのだから。
2008.06.06(00:23)|両性具有コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
月光果樹園―美味なる幻想文学案内月光果樹園―美味なる幻想文学案内
(2008/05)
高原 英理

商品詳細を見る

稲垣足穂、横光利一、岩井俊二などの作家らが描く、現実にはありえないがなぜか懐かしい、無垢なるものへの憧憬−。澁澤龍彦・中井英夫の後継者と注目される著者による、不思議な果実がたわわに実る豊饒な幻想文学の評論集。



栞と紙魚子の百物語 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)栞と紙魚子の百物語 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
(2008/06/07)
諸星 大二郎

商品詳細を見る


『月光果樹園』は著者の高原英理氏のブログ[記憶測定]で予告を読みつつ発売日を楽しみにしていた書籍。じっくり読みたい。
2008.06.04(19:14)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ヘルマフロディテの体温ヘルマフロディテの体温
(2008/04/03)
小島 てるみ

商品詳細を見る


美しかった母が「男」となって帰ってきたときから青年シルビオのなかで何かが壊れる。性の境の曖昧な者が多く住まうナポリを強く憎みながらも、自らも女装癖に染まり、女装した自身に欲情することをやめられない。
ヘルマフロディテ(真性半陰陽)の大学教授との出会いにより、シルビオの「ナポリと性」を巡る旅が始まる。

小説のなかで、主人公シルビオが書いたレポートという形式で散りばめられている、真の性の獲得という主題を神話に融合させて提示している寓話、がとても魅力的だ。

カストラートとなった双子の物語、去勢された両性具有の女神の物語、母なる人魚の物語…。

わたしは現実を求めたいとは思わない。求めているのは、現実と対峙したときに自らの内に潜んだ思想が意識的/無意識的に装飾を加えたが為に生まれゆく、物語の部分だ。
たとえ、地に足がついていないことを、恥ずべきことだと諭され揶揄されたとしても構いはしない。
なぜなら、その"物語"こそが、その人間にとっては揺るぎない本質であると信じているからだ。

欲しいのは真実ではなく、真実と感じさせてくれる途方もないおとぎばなしだ


美しき両性具有の大学教授が発したこの言葉は実に正しい。
2008.06.03(22:50)|両性具有コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
5月30日には、渋谷『青い部屋』で行われた電氣猫フレーメンのライブに行ってきました。
電氣猫フレーメン(由良瓏砂・永井幽蘭)さんの今回のライブは"薔薇"にちなんだ曲目により構成。
幽蘭さんの、凄みのある迫力のなかに官能的な要素が包括されたピアノ演奏と歌声、そこに瓏砂さんの、情感と妖しさのあいまった朗読が加わり、美しい空間が現出していました。
ひとときの薔薇幻想の世界、堪能させていただきました。

永井幽蘭さんのブログ : いやがらせ我が人生。
由良瓏砂さんの人形サイト : ~由良瓏砂の庭~†Asphodel Garden†
2008.06.02(22:22)|イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
mutsumi_yamamoto.jpg
『死神と女 - 山本六三』

天使のいる回廊 天使巡礼 天使堂 @ 伊豆高原
via いもじな日々
2008.06.02(14:28)|アートコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。