薔薇の葬儀 (白水uブックス―海外小説の誘惑)薔薇の葬儀 (白水uブックス―海外小説の誘惑)
(2001/07)
アンドレ・ピエール・ド マンディアルグ

商品詳細を見る

エロスと死、残酷と幻想、悪魔と愛―三島や谷崎への接近はマンディアルグの世界にさらに豊穣な実りをもたらした。神秘的な女主人公の死の儀式を執り行なう四人の日本人女性に捕らえられた男の体験を描く表題作ほか、晩年の傑作七篇を収めた最後の短篇集。



心霊写真―メディアとスピリチュアル心霊写真―メディアとスピリチュアル
(2009/05)
ジョン ハーヴェイ

商品詳細を見る

なぜ“霊”が写るのか。宗教・科学・芸術の交差点において大きな影響を与えてきた心霊写真。その詳細を追いながら、社会的・文化的側面を考察する、あまりにも斬新で前例のない研究書。図版多数収録。



『薔薇の葬儀』読了。わたしが読んだマンディアルグの著作のなかで最も愛する短編集となりました。『心霊写真』はamazonさんで注文。届くのが楽しみです。
2009.05.31(22:01)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
090530a.jpg

【 亀井徹画集出版記念展「ヴァニタス」 】
場所:新宿紀伊國屋画廊 日時:2009年6月11日(木)~23日(火)

<死>の寓意に充ちたヴァニタス画の連作ほか約三十点の代表作を一堂に集めた亀井徹の幻想世界。


<同時開催>【亀井徹新作展「亀井徹について」】
場所:成山画廊 日時:2009年6月8日(月)~27日(土)


亀井徹画集 ヴァニタス亀井徹画集 ヴァニタス
(2009/05/23)
亀井 徹

商品詳細を見る

『亀井徹画集 VANITAS/ヴァニタス』はエディシオン・トレヴィル・オンラインショップでも販売されています。

<諸行無常>を表象した17世紀静物画に光をあて<死>の寓意に充ちたヴァニタス画の系譜を現代に甦らせた連作。あるいは半神半獣の肖像を通して<無国籍的楽園>の創造と <自己神話化>を試みた作品群など、卓越した油彩表現により古典的構想画を偽装しつつ独自の幻想世界を構築した亀井徹の第一作品集。


2009.05.30(23:00)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(1)TOP↑
090527a.jpg
Flickr: nicolas cage vampire teeth’s Photostream

fumi_oさんに教えて頂いた写真家Zhang Pengの作品。幼い女の子の無垢な様は、可愛いさとグロテスクさの間を揺れ動き、未成熟の世界の住人でありながら時に妖婦のような顔を覗かせる。“恐怖と背中合わせの愛らしさ”を感じさせられる作品。好きです。
2009.05.27(23:18)|画像コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
「子供」の図像学「子供」の図像学
(2008/10)
エリカ ラングミュア

商品詳細を見る

ぴいぴい泣いたり戻したり、卑しかったり可愛らしかったり、泣いたり笑ったり、気まぐれで、遊び好きで、真剣で、希望でもあり哀歌でもある…。古代の壺絵から“ゲルニカ”まで。西洋美術に表現された、イメージのなかの子供たち。二〇〇点を数える美麗な図版とともに織りなす画期的な美術論。



六本指のゴルトベルク六本指のゴルトベルク
(2009/02)
青柳 いづみこ

商品詳細を見る

『羊たちの沈黙』のレクター博士には指が六本あった!そんなエピソードにプロのピアニストは立ち上まる。音楽にこだわると、誰もが知っている小説に新しい世界が拡がってくる。クラシックは苦手、という読者も、小説の中で紹介されている音楽を聴きたくなってくる。音楽と文学をむすぶ絶好の読書案内。『図書』好評連載の単行本化。



文学の皮膚―ホモ・エステティクス文学の皮膚―ホモ・エステティクス
(1997/01)
谷川 渥

商品詳細を見る

女の肌、影、分身、逆ピグマリオニズム、肉体、ドン・ファン、デカダンス、肖像をモチーフとして、谷崎潤一郎、梶井基次郎、川端康成、三島由紀夫、安部公房、キルケゴール、ユイスマンス、ワイルドのテクストに「ホモ・エステティクス(美的人間)」の諸相を探る。異色の作家・作品論でもある。


2009.05.26(23:10)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
トカゲ vol.2トカゲ vol.2
(2009/05)
秋乃 茉莉

商品詳細を見る

熊谷蘭冶さんの『嘆きの天使』は今号はお休み。『創世記』で衝撃を与えてくれた星園すみれ子さんの新作漫画が載っていたので買いました。

特別料理 (異色作家短篇集)特別料理 (異色作家短篇集)
(2006/07)
スタンリイ エリン

商品詳細を見る

そのレストランで供される料理は、何物もおよばない美味だった。だがその美味の秘密とは…。表題作ほか、あなたの身辺に思わぬ形で潜む、恐怖の影を描き出す全10編を収めた短篇集。


2009.05.26(21:52)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
090525a.jpg
via 秘密のひきだし

【 マボロシメガネ まえかわりょう個展 】
場所: ca*n*ow Room  期間: 2009年6月5日~6月8日・6月12日~6月15日
*カフェでの展示になりますので、ワンオーダーお願いします。

サイト: マボロシメガネ

キノコ可愛い!
2009.05.25(20:48)|展覧会メモコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
cali≠gariの世界(初回限定盤)(DVD付)cali≠gariの世界(初回限定盤)(DVD付)
(2009/05/20)
cali gari

商品詳細を見る


シーズン2シーズン2
(2009/05/20)
筋肉少女帯

商品詳細を見る

cali≠gariの復活はただただ嬉しい。
2009.05.23(17:52)|音楽コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
090521a.jpg
via ofellabuta

【 Nos.個展 -仮面考- 】
場所: 京都ヤマモトギャラリー 期間: 2009年6月2日(火)~6月7日(日)

自作の仮面とモノクロームイラストレーションを展示致します。御都合宜しければ是非お越し下さい。一部作品を販売予定です。


サイト: Captive In The Keyhole.

京都での開催ということで残念ながら足を運ぶことは出来ないのですが、とても気になる展示会です。サイトを拝見しながら“仮面”の魅力を改めて感じたりもしました。comicの『』も素晴らしいですね。
高橋葉介の短編漫画『仮面少年』を読んだときに感じた、妖しく禁忌で蠱惑的な世界、Nos.さんの『仮面』の世界には同質の魅力を感じます。
京都へ行けたらなあ……。
2009.05.21(23:25)|書籍コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
090520a.jpg
corset II by ~SuzyTheButcher on deviantART

090520b.jpg
Body Surface Piercing: Body

090520c.jpg
Corset Piercing

身体改造の一種、ボディピアスにリボンを通しコルセットのように編み上げるCorset Piercing。ちょっと憧れてしまうなあ。
2009.05.20(07:35)|画像コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
090518a.jpg

【 ブックフェア 澁澤龍彦ワンダーランド 】
場所: 渋谷パルコ パート1 B1F アート&ヴィジュアル専門店「洋書ロゴス
時間: 2009年5月25日(月)~6月28日(日)

没後22周忌を迎える澁澤龍彦。氏は仏文学者、小説家であるとともに美術評論家、欧米美術の紹介者でもありました。この度のブックフェアは、澁澤龍彦氏が愛したアーティスト達。そしてもし氏が存命していたら、好んだであろうアーティストの作品集を中心に構成します。希少な額入ポスターも多数展示販売いたします。どうぞご期待下さい。


2009.05.18(07:39)|イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
「幽霊屋敷」の文化史 (講談社現代新書)「幽霊屋敷」の文化史 (講談社現代新書)
(2009/04/17)
加藤 耕一

商品詳細を見る

18世紀のゴシック小説から、現代のディズニーランドへ。世界一有名な「幽霊屋敷」はどうしてできたのか。ヨーロッパからアメリカを経て東京に至る、怪しさとトリックの秘密を解き明かす知的ツアーに案内する。



錬金術 (アルケミスト双書)錬金術 (アルケミスト双書)
(2009/04/18)
ガイ・オギルヴィー

商品詳細を見る

古代から中世にかけての錬金術は、ありふれた金属を黄金に変える術をはるかに超え、あらゆる物質の変容を研究する万能の学であった。錬金術師は、化学、金属学、薬学から、香料の精製や絵の具の調合まで、あらゆるジャンルの知と実学を探求した。例えば「東洋の神秘」であった磁器の製法を解明したのも、18世紀のドイツ人錬金術師であった。本書で著者は古代、中世、近代の錬金術師の秘密の処方箋を明らかにし、万能の学の復活を提唱する。


2009.05.17(21:29)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
090517a.jpeg

090517b.jpeg

090517c.jpg

この衣装は16世紀のフランス人医師シャルル・ド・ロルムにより考案された。大きな鳥に変身し、眼鏡をかけ、かぎ状のくちばしに薬草とエッセンス剤を詰めて、ヴェネツィアで広く蔓延したペストの患者を往診した。手袋をはめ、麻あるいはロウを塗った布地の袖の長い服を着て、棒でペスト患者の布団をめくり、衣服を上げた。これで感染は防げると無邪気に思っていたのである。

ペストの医者

2009.05.17(21:18)|画像コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (SHO-PRO BOOKS)WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (SHO-PRO BOOKS)
(2009/02/28)
アラン・ムーア

商品詳細を見る

“金曜の夜、ニューヨークで一人の男が死んだ―”1985年、核戦争の危機が目前に迫る東西冷戦下のアメリカで、かつてのヒーローたちが次々と消されていた。これはヒーロー抹殺計画のはじまりなのか?スーパーヒーローが実在する、もうひとつのアメリカ現代史を背景に、真の正義とは、世界の平和とは、人間が存在する意味とは何かを描いた不朽の名作。アメリカン・コミックスがたどり着いた頂点がここにある。全ページ再カラーリングに加え、48ページにわたる豪華資料を収録した完全改訂版。SF文学の最高峰ヒューゴー賞をコミックとして唯一受賞し、タイム誌の長編小説ベスト100にも選ばれた、グラフィック・ノベルの最高傑作。



肉筆春画 (別冊太陽)肉筆春画 (別冊太陽)
(2009/05/13)
白倉 敬彦

商品詳細を見る

わが国の肉筆春画を通覧する初めての本。国内外のコレクションや大英博物館、ボストン美術館所蔵の作品を選りすぐって収録した決定版。ほとんどが本邦初公開!



コミックビーム 2009年 06月号 [雑誌]コミックビーム 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/05/12)
不明

商品詳細を見る


『コミックビーム』は丸尾末広による江戸川乱歩の『芋虫』の漫画連載が始まりました。『パノラマ島綺譚』に続く丸尾×乱歩シリーズです。
それにしてもここのところ遊びほうけてしまい、お財布が木の葉のような軽さと化してしまったというのに、ついつい本を買ってしまった……。月末まで遠く険しい道のりです。
2009.05.14(20:50)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
090513a.jpg 090513b.jpg

【 ヴァニラ蚤の市 ~marché aux puces de VANILLA 展 】
場所: ヴァニラ画廊 期間: 5月18日(月)~5月30日(土)

大概の人が見れば単なる無意味なガラクタであっても、ある人にとってそれは唯一無二の宝物…ということはよくあることです。人形の薬指や遠い昔に書かれた本の断片、鈍い光をたたえた硝子の欠片、冷たくなめらかな石etc...
ヴァニラの作家やグルビーが提供したジャンクでアーティスティックなガジェット蚤の市。こういった、様々な作家やコレクターによって製作・蒐集された、密やかな‘誰か’の宝物の数々。フェティッシュアートはもちろん、アカデミックな学術書や有象無象の芥まで、持ち主の感性に任せてセレクトされたそれぞれの逸品達はまるで犇めきあうように、不調和な個性であなたを誘惑することでしょう。
物故作家の作品や古書、レアなモノ、秘蔵品、愛用品、スキャンダラスなコレクションにハンドメイド品てんこ盛り。1点ものを多数大放出します。眺めるもよし、手に取るもよし。人とモノとの呪術的な出会いを演出するヴァニラマニア的骨董市。フェティッシュな呪物ブティックでお買い物を愉しみましょう。


2009.05.13(07:10)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
【六本木 NIGHT CAFE CROW】にてオメガスイーツ代表、吉川宏海が一日店長を務めるイベントが5月23日に行われます。
場所: 六本木バーCROW 日時: 2009年5月23日(土) 19時~翌4時
料金: エントランスチャージ500円、ドリンクキャッシュオン

OMEGA SWIEZ BOOKSELLERSのお客様はもちろん、興味があったけれど行けなかった人、これからの活動に興味がある人、CROWに興味があったけれど機会がなかった人、もちろんCROWの常連さんも、どなたでも大歓迎です!ぜひぜひ、皆様のお越しをお待ちしております!


うう、行けるといいなあ……。楽しみです。

サイト: OMEGA SWIEZ /Night Cafe CROW Official Blog
2009.05.10(22:44)|イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
秘宝館 (アスペクトライトボックス・シリーズ)秘宝館 (アスペクトライトボックス・シリーズ)
(2009/04/27)
都築 響一

商品詳細を見る

秘宝館、それは世界に類を見ない“等身大の妄想空間”だ。かつては日本全国に20カ所近く存在した昭和のお色気観光スポットもいまや絶滅の危機に瀕している。本書は惜しくも閉館してしまった伊勢の元祖・国際秘宝館から平成の世に生まれた伊香保女神館まで、閉館/現存あわせて全国10カ所の「エロスの殿堂」を巡る決定版写真集である。



アートコレクター 2009年 06月号 [雑誌]アートコレクター 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/04/25)
不明

商品詳細を見る

2009.05.07(21:30)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
090505a.jpg

via ぐるぐるノート

ブログ: 美登利のお人形ブログ
2009.05.05(21:55)|画像コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
[子羊舎]内にあるお店、[肉桂色の店]で注文した『ケース入りの義眼(大人)』が本日届きました。

090503a.jpg

090503b.jpg

090503c.jpg

す……素晴らしい!!なんて美しい義眼なのだろうか……。なめらかでつるつるとした感触、虹彩も血管の色合いも全てが完璧だ。そして、これがオブジェではなくあくまでも実用を主として製造された義眼であるという事実がわたしの心をより強く惹きつける。
そっと人差し指で撫でてみれば、わたし自身の右眼がじんわりと疼いていく錯覚に襲われて、もしも舌先で舐めてみたならば、わたし自身の眼球がまるで舐められているかのようなそんな心地を味わうこともできるのではなかろうかと……背徳的な妄想を胸に笑み浮かべながら眺めている次第なのである。
2009.05.03(22:20)|画像コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
Dollybird vol.12Dollybird vol.12
(2009/05/01)
不明

商品詳細を見る


LE JARDIN DE LA FILLE―少女園LE JARDIN DE LA FILLE―少女園
(2009/04)
SANCTUS

商品詳細を見る

少女アート創作集団のSANCTUSが編み上げた撮りおろし写真集。さまざまな少女の姿をとらえ、神々しい清冽さを包み込んだ珠玉の一冊。


『Dollybird vol.12』は恋月姫特集。インタビュー記事が読み応えあります。『少女園』は、お友達に写真集を見せて頂いたら、今まで見た少女が被写体の写真集のなかでも少女美がこうも際立って表現されている写真集があっただろうか、と感嘆してしまう程に素敵だったので、これは絶対に買わねば!と鼻息荒くamazonさんで注文。

サイト: SACTUS WEB
2009.05.03(21:38)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon