090630a.jpg
いつきたかし『MAMA』

2009.06.30(22:28)|両性具有コメント(3)トラックバック(0)TOP↑
日本怪奇幻想紀行〈4之巻〉芸能・見世物録日本怪奇幻想紀行〈4之巻〉芸能・見世物録
(2000/10)
不明

商品詳細を見る

見世物小屋体験記、思わず息を呑む生き人形、珍しい古写真世界、歌舞伎とお化け屋敷の恐怖演出、信じられない奇祭など、奇妙で不思議な芸能と見世物の世界への誘い。



変身する―仮面と異装の精神史 (イメージ・リーディング叢書)変身する―仮面と異装の精神史 (イメージ・リーディング叢書)
(1992/08)
国立歴史民俗博物館

商品詳細を見る

幻術、刺青、蝦蟇に化ける、異装趣味と来訪神…。大衆社会、民俗社会が生み出した変身する行為の精神史的景観。



レッド 3 (イブニングKCDX)レッド 3 (イブニングKCDX)
(2009/06/23)
山本 直樹

商品詳細を見る

2009.06.30(07:35)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
09628a.jpg
城景都

09628b.jpg
バーニャ・ズーラヴィロフ

09228c.jpg
宮西計三

09628d.jpg
西牧徹

【 エロティック版画展~滴る点・戯れる線~ 】
場所: ヴァニラ画廊 期間: 2009年6月25日~7月4日

 静謐な湖をひっそりと照らす三日月が滴らせた一粒の小さな雫は、やがて、水面に微かな波紋を走らせる――。
 城景都、バーニャ・ズーラヴィロフ、宮西計三、西牧徹。彼らが織りなすエロティックな幻想は、水のように柔軟に変形し、その正体を曖昧にしたまま艶かしい姿態で我々を挑発する。今回の展示では城景都の未発表新作をはじめ、大胆にも純然と悪を讃美しているかのような妖しい画風で近年衆目を集める、国内外4作家が描く版画作品を一挙に公開。背徳的な快楽に、あるいは開放的な苦痛に支配された者がみせる恍惚の視線の先に、あなたは何を見るだろう。


2009.06.28(21:18)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
エロスの原風景─江戸時代~昭和50年代後半のエロ出版史エロスの原風景─江戸時代~昭和50年代後半のエロ出版史
(2009/07/01)
松沢 呉一

商品詳細を見る

【目次】
01◎カストリ雑誌──敗戦直後の日本に咲いた徒花
02◎吉原細見──江戸時代に生まれた風俗誌の原型
03◎自販機本──70年代後半、男たちは深夜自販機を目指した
04◎ノーパン喫茶──新時代の性風俗がここから始まった
05◎フレンチ・ポストカード──溜息が出るほど美しい印刷物
06◎実話誌──戦前に起きた第一次暴露雑誌ブーム
07◎夫婦生活──昭和20年代後半を代表する性生活読本
08◎グラビア印刷──エロ雑誌界を飛躍的に発展させた新技術
09◎エログッズ通販──今も変わらぬ騙しの伝統芸
10◎元祖トルコ風呂とは──定説を覆すソープランド史
11◎ホモアルバム──世の中から消滅しつつある貴重な資料
12◎スカトロ本──ビニ本がもたらしたウンコ愛好家の黄金時代
13◎変態資料──発禁本を出し続けたエロ出版の巨人・梅原北明
14◎漫画讀本──文藝春秋から発行されたユーモア溢れるエロ雑誌
15◎オッパイ小僧──日本初の巨乳アイドル川口初子
16◎地下本──戦前、戦後にひっそりと流通された裏本
17◎性学雑誌──巧妙にカモフラージュされた学術エロ雑誌
18◎創文社グループ──ニセモノだから持ち得た特異な魅力
19◎絵はがき──コロタイプ印刷の導入で大流行した新メディア



エドガー・アラン・ポーの世紀 生誕200周年記念必携エドガー・アラン・ポーの世紀 生誕200周年記念必携
(2009/05/26)
八木 敏雄巽 孝之

商品詳細を見る

生誕 200周年――天才作家は、いまが最も新しい。19世紀アメリカ・ロマン派作家ポーは、豊饒なる可能性をもつ文学作品を次々と生み出した先覚者だった。ボードレール以降、フォークナーやナボコフから江戸川乱歩、大江健三郎に連なる文学史はもちろん、ドビュッシーからルー・リードにおよぶ音楽史、ビアズリーからシュヴァンクマイエルにおよぶ視覚芸術史まで、その影響力は圧倒的だ。本書は、日本ポー学会が総力を結集してその多彩なスペクトラムを掬い取り、新世紀の作家像を描き出した必携書である。



『エロスの原風景』は7月1日発売予定。
2009.06.26(22:22)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
090626ajpg.jpg
via vi.sualize.us

サイト: Fernando Vicente - Ilustracion
2009.06.26(07:43)|アートコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
The Physician's Art: Representations of Art and MedicineThe Physician's Art: Representations of Art and Medicine
(2000/01)
Julie V. HansenSuzanne Porter

商品詳細を見る


*Mistletoe*さんで紹介されていた本。
同ブログのエントリCabinets of Curiositiesにあげられていた象牙医学人体モデルなどの写真が掲載されているそうです。欲しいなあ。
2009.06.25(22:28)|書籍コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
先週の土曜日は新宿紀伊國屋画廊で開催されている亀井徹展をみて、その後はブックサロン『オメガ』のオープニングパーティへ行きました。
新生オメガは神保町オメガスイーツのときに形成された雰囲気を維持しながらも照明はピンクになったりとまた妖しい雰囲気に……。サロンとしての機能がより強化されたように思います。
エディション・トレヴィルの川合社長とオメガの吉川さんの対談が始まると、なんとさっきみてきた亀井徹さんが!作品が自画像というだけによく似ていました。

対談が進むにつれ、画集の意義や“原画への媒体としての複製品”という問いかけが話題にあがることもありましたが、わたしにとって画集というのは装丁を含め全ての過程により完成するひとつの作品だと思っていることを改めて認識しました。興味深いお話が聞けてよかったです。
その後は仮面作家の柴田景子さんの対談。途中で咳が出てしまいトイレに逃げこんで咳をしていました。咳止めなども飲んだのですが、やはり風邪が完治してない状態で密室空間にいるのは申し訳なかったなあと反省。オメガにて柴田さんのマスケラ制作講座が開催されるそうです。楽しそう。

頭もぼんやりしていてもうちょっと本調子のときに行けたらよかった!でも友人たちといろいろお話ししながらオールナイトを過ごせて楽しかったです。久しぶりにお会い出来た方もいて嬉しくもありました。

真夜中からは緊縛師による緊縛が始まりお友達が縛られることに。縄が似合っていましたね。はい、大変色っぽかったです。その後あちこちで緊縛が始まってなにやら不思議な空間に……。

もちろん“ブックサロン”なのでたくさんの本と出会えますよ。

サロンがセレクトした稀観本/資料本を除き、サロン内の本は、「無料で持ち帰る」ことができます。返却の必要もありません。これらは、他のお客様の「善意」で持ち込まれた貴重な本の数々です。前所有者の方のメッセージカードが挟まれていることがあります。併せてお楽しみくださいね!
ただし、古本屋を営む方やオークションでの販売など、営利目的での持ち帰りはご遠慮ください。お客様が読みたい、欲しい本をお持ち帰り頂く為のシステムです。


本を持ち込む方は、そのまま店頭にお持ちください。「オメガのお客様におすすめしたい」という理由であれば基本的に例外無くお預かりします。大切な本を橋渡しさせて頂きます。
大切な本を次に手にする方へ、あなたからのメッセージカードを挟むことができます。あなたの書かれたカードを見た人はきっと、もう一つの小さな幸せに出会うことでしょう。もちろん、カードを書く義務はありません。


というユニークな試みが導入され、わたしは赤江瀑の『夜叉の舌』文庫をお持ち帰りしました。口絵は智内兄助でそこも嬉しい。

また近いうちに伺いたいと思います。
2009.06.23(22:22)|日常コメント(2)トラックバック(0)TOP↑

ボーイがひとり。かれは美しい天使でなければなりません。それも森永の幼児的エンジェルではなく、たおやかな青年でかつ端正な少女、つまりアフロディテの乳房と清らかな葉巻形のファロスの両方をそなえた両性的天使でなければなりません。この天使は天井にとまって休んでいて、お客がくるとその純白の翼で舞いおりて、少量の毒薬媚薬をまじえたまっ黒なコーヒーや悪血をしたたらせた酒を運ぶ……あたしはこんなお店をおもいえがき、ママの驚きをおしきって、中世のくらやみを、あるいは血の色をした太陽の浮んでいる真夜中を、少しずつ、店にみたしていきました。


『聖少女』の小説内で未紀がプロデュースした店『モンク』を描写した文章からの引用。


聖少女 (新潮文庫)聖少女 (新潮文庫)
(2008/01)
倉橋 由美子

商品詳細を見る

2009.06.21(22:52)|両性具有コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
先日、ヴァニラ画廊でプラショウの世界展、同ビル内にあるギャラリーミリュウで根洋一展をみてきた。

090618b.jpg

プラショウ展は入館料千円と少々高め。しかし、古代ギリシアにあったとされる牧人たちの楽園“アルカディア”に強い憧憬を持ち、写真を介してアルカディアという一種のユートピア幻想を、凝縮した形で表現しているプラショウの写真は眼福であった。裸体の少年少女が身を寄せ合い、その姿は牧歌的な印象を受けるが細部まで演出されている。写真技術の歴史についても調べたく思った。

090618a.jpg

その後は3階へ降りてギャラリーミリュウへ。
『ガクブチショー』と題された展覧会では、極彩色に彩られた少女たちが描かれており、その周囲は額縁ようにざまざな装飾的な絵で埋められている。
色彩は上のDMでみるよりもずっと鮮やかで目の裏にまで焼きつくほどだ。ガクブチと化した装飾絵がまるで浮き出ているかのように錯覚する立体感も実際に見ないと味わえないと思う。
女の子たちは裸体の子が多いが、なかにはゴシックロリータの格好をした子などもいて、ピンクの髪、青い髪、緑の目、黄色の目……、どの子も共通して独特の強い色を放っている。
そして、丸みを帯びたなめらかな体、小さくぷっくりとした唇、つんっと上を向いた鼻、猫を思わせる大きなアーモンド形の瞳……、どの瞳もビー玉のように透明でじっとこちらを見つめている。
デカダンスなモチーフと“けばけばしい”とも称される色彩を纏って並んでいる愛らしい少女たち。
“ガクブチ”のなかで各々が自らの美しさを誇っているような光景は、色とりどりの羽根をもって愛を得る鳥の姿にも似て、甘美で背徳的な空間を想う。根橋洋一の不思議な世界を堪能した。

*どちらも6月24日まで開催中。
2009.06.18(22:08)|展覧会感想コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
O嬢の物語〈1〉O嬢の物語〈1〉
(2007/04)
グィド クレパクスポーリーヌ レアージュ

商品詳細を見る


O嬢の物語〈2〉O嬢の物語〈2〉
(2007/05)
グィド クレパクスポーリーヌ レアージュ

商品詳細を見る


耽美主義 (スーパービーボーイコミックス)耽美主義 (スーパービーボーイコミックス)
(2009/06/10)
本仁 戻

商品詳細を見る


アリ地獄VSバラバラ少女 (リターンフェスティバル)アリ地獄VSバラバラ少女 (リターンフェスティバル)
(2009/06)
駕籠 真太郎

商品詳細を見る


グィド クレパクスの『O嬢』コミックスはずっと欲しかったのでやっと買えました。
2009.06.18(07:38)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
090613a.jpg

【 結城座創立375周年記念「乱歩・白昼夢」〈江戸糸あやつり人形と江戸写し絵による〉 】

場所: 東京芸術劇場 小ホール2 期間: 2009年8月19日~8月23日 チケット: 指定席 5,000円 (割引先行予約 4,500円) 自由席 3,500円
*5月27日(水)から6月19日(金)まで割引先行予約を実施。(割引先行予約は指定席のみ)

結城座創立375周年記念企画 『乱歩・白昼夢』公演いよいよ始動。
作・演出に斎藤憐、総合意匠の宇野亜喜良などの大ベテランたちとともに 江戸写し絵と江戸糸あやつり人形を駆使し、 華やかな大正時代の浅草を平成の現代に蘇らせます。
結城座版江戸川乱歩ワールドに乞うご期待!


意匠に宇野亜喜良 (人形美術/写し絵・画/舞台美術/衣裳デザイン)、音楽は黒色すみれ。どのような乱歩ワールドが繰り広げられるのか楽しみです。

サイト: 江戸糸あやつり人形劇団 結城座 - 乱歩・白昼夢
2009.06.13(17:48)|舞台コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
f植物園の巣穴f植物園の巣穴
(2009/05/07)
梨木 香歩

商品詳細を見る

歯痛に悩む植物園の園丁がある日、巣穴に落ちると、そこは異界だった。前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、愛嬌のあるカエル小僧、漢籍を教える儒者、そしてアイルランドの治水神と大気都比売神……。人と動物が楽しく語りあい、植物が繁茂し、過去と現在が入り交じった世界で、私はゆっくり記憶を掘り起こしてゆく。怪しくものびやかな21世紀の異界譚。



童話迷宮 上(Bunch Comics Extra)童話迷宮 上(Bunch Comics Extra)
(2009/06/09)
釣巻 和小川 未明

商品詳細を見る

ようこそ、物語の迷宮へ----。グリム、アンデルセンにも比肩する児童文学の金字塔、小川未明。彼の美しい童話の世界を、新鋭・釣巻和が、私たちの生きる現代まで、世紀や世代を越えて、ていねいに掬い上げたとっておきの連作集。不思議な看板に誘われてやって来た小川少年と共に、ゆめとうつつのあわいをじっくりとご堪能ください。そして、どうか、色感豊かな物語の世界に迷われませんよう...。



童話迷宮 下  (Bunch Comics Extra)童話迷宮 下 (Bunch Comics Extra)
(2009/06/09)
釣巻 和小川 未明

商品詳細を見る

扉の向こう、そこは物語の海----。グリム、アンデルセンにも比肩する児童文学の金字塔、小川未明。彼の美しい童話の世界を、新鋭・釣巻和が、私たちの生きる現代まで、世紀や世代を越えて、ていねいに掬い上げたとっておきの連作集。不思議な看板に誘われてやって来た小川少年の行き着く先は? 豊饒の物語の海にたゆたい、ゆめとうつつのあわいで、少年は何を見、何を感じるのか? 読切「月のナイフ」も同時収録。



人間失格 1 (BUNCH COMICS)人間失格 1 (BUNCH COMICS)
(2009/06/09)
古屋 兎丸太宰 治

商品詳細を見る

太宰治の希代の問題作「人間失格」を、現代社会を舞台に変え、完全コミック化! 「恥の多い生涯を送ってきました」--ネット上に見つけた大庭葉蔵の独白が赤裸々に綴られたページ。掲示されていた3枚の写真は、葉蔵の転落の人生の軌跡を描いていた。読み進めるほどに堕ち、崩壊していく葉蔵の人生。彼は何を恐れ、逃げていたのか。鬼才×鬼才、100年に一度の出会いが生み出した究極にして最強のコラボレート作! ここに登場!!


2009.06.12(22:40)|書籍コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
090610b.jpg


[Welcome to CollectMedicalAntiques.com]
医療器具のアンティークコレクションが公開されているサイト。

医療器具に惹かれる方には牛若丸の本『funktion』もおススメです。

funktionfunktion
(2002/11)
米沢 敬佐々木 光

商品詳細を見る

視覚の痛点、倫理の盲点/血と粘液と肉片にまみれるための機能美に貫かれた手術器具一覧。脳外科、眼科、産婦人科等の手術用具の写真を多数収録。形態が機能を超えた「美」を表現し始める。学校・記号・戦争・機械・病院に関する文章も収録。カバー裏、本文下に「外科手術・医学・生理学史」年表付き。


2009.06.10(22:52)|ウェブコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
090610.jpg

【 Boys ~少年たち~ 展 】
場所: 銀座人形館 Angel Dolls 期間: 2009年6月19日(金)~6月25日(木)

【出展作家】
三輪輝子 /中島みきこ /わたべりみ /キャンカヤコ /カヲル /Naruto /浦野由美 /西村勇魚 /福永のりこ /その他 (敬称略)
2009.06.10(22:33)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
人はなぜ恐怖するのか?(ナレッジエンタ読本19)人はなぜ恐怖するのか?(ナレッジエンタ読本19)
(2009/06/03)
五味弘文

商品詳細を見る

人は何が怖いのか?「赤ちゃんを抱いてお化け屋敷に入る」「手錠でつながれる」といった革新的なお化け屋敷をつくり続けるヒットメーカーが“恐怖の法則”を解き明かす。
不安を恐怖に育ててしまう感情の仕組みとは?どうしたら恐怖を操れるのか?潜在的に人間は恐怖を求めている?――実際に人をおどかすことで導き出された新【恐怖論】、ここに誕生!
東京ドームシティアトラクションズ(旧・後楽園ゆうえんち)で毎年多くの入場客を戦慄させるプロデューサーが、「恐怖は10分が限界」「お化け屋敷の設計のコツ」といった、恐怖を操るための具体的なテクニックを明かす。「笑いと恐怖は近い」「究極のお化け屋敷とは」「グロテスクはなぜ怖いのか」など、独自の考察がおもしろい。


著者の五味弘文氏は、お化け屋敷プロデューサーとして『麿赤児のパノラマ怪奇館』で、日本で初めてのお化け屋敷のイベント化。後楽園ゆうえんち(現東京ドームシティ アトラクションズ)において、赤ん坊を抱いて歩く『赤ん坊地獄』 、手錠に繋がれて歩く『LOVE CHAIN~恐怖の鎖地獄』、本物の廃屋を移築してお化け屋敷にした『東京近郊A市~呪われた家』、死体の口の中を覗いて歯形を調べる『闇の歯科病棟』などを行い、それまでにない新しいお化け屋敷をつくり上げた方、だそうです。

『闇の歯科病棟』のコンセプト面白いですね。ちょっと入ってみたかったな。お化け屋敷などは苦手なのですが苦手だからこそ極上の恐怖を味わいに行ってみたいです。
2009.06.09(22:38)|書籍コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
090607b.jpg

【 清水真理人形展 】
場所: 京都 昔人形青山/K1ドヲル 期間: 2009年6月7日(日)~30日(火)

本日から開催されています。旧作2体に加えて、新作2体が展示されているとのことです。

清水真理サイト: ストロベリィ・フィールズ
2009.06.07(22:42)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
090607a.jpg
via Away & Anywhere

hazy_moonさんがYu Fukushima(Geloko)さんにリクエストして描かれた作品。“未来のイヴ”をモチーフに、ガスマスク、コルセット、球体関節、薔薇、蓄音機……等など、様々なキーワードが散りばめられており、幻視者の夢が具現化したような世界はわたしたちにひとときの悦楽を齎してくれます。

サイト: Yu-Fukushima.com /pixiv geloko【ジュロ子】

関連ログ: 蝙蝠と蛞蝓の宴 | Yu Fukushima
2009.06.07(17:24)|画像コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
鱗粉薬 増補改訂版鱗粉薬 増補改訂版
(2009/05)
津野 裕子

商品詳細を見る

漫画ファン待望の作品集、増補改訂版で復活!!
津野裕子は1986年に漫画雑誌「ガロ」でデビュー。寡作で作品集もわずかしかありません。『鱗粉薬』も、長らく絶版状態が続いていましたが「増補改訂版」として復活しました。本書には、未完のままだった「水海」の一部と二部に加え、完結編となる第3 部(描き下ろし)を収録しました。夢と現実との奇妙な交差を、圧倒的な描写力で描く、津野裕子の作品にぜひ触れてみてください。水をイメージした装幀もユニークな仕上がりです。動く水、滞る水、さまざまに形を変える水のイメージが溢れそうな一冊です。文筆家・千野帽子氏のエッセイ「水の生地。気持ちの針飛び。」も収録しました。



ネクロフィリアネクロフィリア
(2009/05/22)
ガブリエル ヴィットコップ

商品詳細を見る

全世界7ヵ国で出版されて、センセーショナルな話題を呼んでいる衝撃の《黒い文学》。サドから、バタイユ、ジュネ、マンディアルグの系譜に連なる、フランス・エロティシズム文学の秘められた傑作。20世紀最後の禁断の書。



徴 sirusi徴 sirusi
(2009/03/25)
前田さつき

商品詳細を見る

艶やかな着物やゴシック調のドレスを着た少女たち。思わず息を潜めてしまうほど緻密に描き込まれた、一つ一つのオブジェクト。細かな描写で刻まれた白黒の濃淡と、可愛らしさと妖しさが同居したような不思議な雰囲気がそこにはあります。まるで御伽の世界に誘われるかのように、画面から目を離すことができません。
代表作20点で構成された今回の画集は、初期から近年までの作風の流れを見ることができます。前田自身が「童話風」と話すように、幻惑的な物語性をはらみ線描の繊密さがうかがえる初期の作品。近年は、絵から滲み出る艶かしさに心魅かれ、頻繁に描かれる妖艶でどこか危うい雰囲気を放つ少女達に見る者は魅了されることでしょう。


前田さつきサイト: DEEP DELUSION -fly out-
2009.06.04(21:50)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

一七四五年にカサノヴァはこう書いている。
「……ひとりの魅力的な顔立ちの聖職者がカフェに入ってきた。その腰つきから、女の子が変装しているものと思ったので、私は聖職者のガーマにそう言った。しかし彼はあれは有名なカストラートのベピーノ・デッラ・ママーナだと言った。ガーマはベピーノを呼んで、この人は君を女の子と取り違えたのだよと彼に笑いながら言った。するとその厚顔な生き物は私をじっとみすえながらほざいた、お望みなら証拠をみせますよ、と」
 一七六二年、カサノヴァはふたたびローマにいて、次のように書いている。「私たちはアリベルティ劇場に行った。プリマ・ドンナの役をやるカストラートが町中を魅了している。彼はボルゲーゼ枢機卿の寵愛を受けるいんぎんな男、つまり愛人で、毎晩その枢機卿殿と二人きりの夕食をとった。
 格好のよいコルセットのなかにはニンフのようなウエストがあった。その上、信じがたいことなのだが、彼の胸はその形といい美しさといい、どんな婦人にも決して劣らない。そしてこの怪物が他の者の心をかき乱したのも、とりわけそのせいだったのである。この不運な男のマイナスの特徴について知ってはいても、好奇心にかられて目はその胸にいき、たとえようもない魅力に襲われて知らぬうちに狂ったように恋におちてしまう。誘惑に抵抗してそれに不感症になるためには、ドイツ人のような冷淡な俗事家にならねばなるまい。これから歌うアリアの前奏の間に舞台を歩き回るときの彼の足取りは、堂々としていてしかも艶めかしい。そして彼が客席のボックスに流し目をすると、その婉然とした黒い瞳は観客の心をとりこにする。彼は明らかに、自分のことを女性としては愛さなかっただろうが、男性としては愛してくれるものどもの恋情をあおりたてようとしていたのだ。
 このようにして聖なる都ローマは男という男を男色家にしてしまう。なのに、同性愛者を容認しないだろうし、同性愛者が与える幻想の影響を考えてもいなかった」

- 『カストラートの世界』 アンガス・ヘリオット 国書刊行会 -

2009.06.02(22:12)|資料・記録コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon