090831a.jpg

【 「結界の紡ぎ目」 中川多理(人形)×菅原英二(写真) 作品展 】
場所: 小樽市 Dala Space(ダラ・スペース) 期間: 2009年9月3日~9月13日

人形1体とオブジェ数点展示の予定とのことです。

中川多理ブログ: Kostnice
2009.08.31(20:33)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
真っ白な白粉で表情を隠して、真っ赤な紅で獰猛さをあらわに、
笑えば真っ黒なお歯黒が底無し沼を思わせる
長く黒き髪の毛は闇の深さを知らしめて、
白い着物が闇のなか仄かに光り浮かび出る
2009.08.30(17:28)|思考文章コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
もののけ草紙 (弐)もののけ草紙 (弐)
(2009/08/22)
高橋 葉介

商品詳細を見る

高橋葉介『もののけ草子』二巻が発売されました。

アートコレクター 2009年 10月号 [雑誌]アートコレクター 2009年 10月号 [雑誌]
(2009/08/25)
不明

商品詳細を見る

袋とじ付録に森口裕二の描く春画絵巻が付いています。
2009.08.28(21:57)|書籍コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
090827ajpg.jpg

【 キノコナイトvol.0 (+ トークイベント「キノコ表現史」) 】
場所: 大阪市 BridgGallery&Bar〔FINNEGANS WAKE〕1+1 日時: 2009年8月28日(金)19:00~24:00

★キノコナイトvol.0
※キノコ酒の振る舞いあり
※当日キノコグッズ販売・キノコ特別メニューあり
★トークイベント
「キノコ表現史」
絵画の中のキノコ、漫画に描かれたキノコ、国内外のキノコ文学、B級キノコ映画など豊富な図像を交えながら古今東西のキノコ表現史をキノコにとりつかれたふたりが語り尽くす妖しの夜へ、ようこそ
〔トーク〕大竹茂夫(画家・イラストレーター)+堀博美(キノコライター)


mixi: 8/28Ωキノコナイト+「キノコ表現史」トークイベント

キノコ好きとしては気になるイベントです。東京でもやらないかなぁ。
2009.08.27(09:13)|イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
モンス・デジデリオ画集 (E.T.Classics)モンス・デジデリオ画集 (E.T.Classics)
(2009/08)
谷川 渥

商品詳細を見る

17世紀ナポリを拠点に迫り来る世界崩壊を幻視し続けた悪夢の画家。亡霊のように浮び上がる廃墟、蒼白の彫像群、爆裂する聖堂、そのなかで虚しく展開する人間たちの没落のドラマ…。モンス・デジデリオの名のもとに伝説的に語り継がれてきた“崩壊と破局”“世界の終わり”の画家、フランソワ・ド・ノームとディディエ・バッラの謎の作品群を集成した日本唯一の画集。


待望の復刊です。
2009.08.24(18:05)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
090823a.jpg

【 アリスが落ちた穴の中 】
場所: 愛知芸術文化センター 上映日: 12月06日(日) 14:00*
監督:寺嶋真里 出演: Rose de Reficul et Guiggles, マメ山田 他 人形協力: 清水真理

ウサギを追いかけて、穴に飛び込み地底に落ちてしまった少女アリス。
そこでアリスを待ち受けていたのは・・・
午後三時で永遠に時が止まった不思議の国の城。
そこにはロウズ姫とギグルス王子、そして従者たちが共に暮らしていた。
だが、ロウズ姫の不幸な事件により城の中は陰鬱な空気。
アリスはロウズ姫の悲しみを知り、自分の魔法を披露してロウズ姫を救おうとする。
やがてアリスとロウズ姫の間には信頼が芽生え始めるが…。


公式サイト: アリスが落ちた穴の中 - Dark Märchen Show!!

*寺嶋監督他、出演者など関係者による舞台挨拶があります
2009.08.23(12:02)|映画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
090820a.jpg

【 Tooru.Nogawa.展 幻想妖響 】
場所: 銀座 gallery nike 期間: 2009年8月23日(日)~9月5日(土)

8月の個展では主題を設けずに、幻想妖響が示すように作品個々のテーマを『蒼色の基調』の元に響かせた作品を展示発表いたします。
DM掲載作品の[ Lilith ]を始め、[ La bal masqu・ : Noir ] [ La bal masqu・ : Rouge ]の両作品を揃えて展示する他、江戸川乱歩の作品からイメージした作品、日本の和をモチーフにした新作数点などを発表いたします。


サイト: Eden Gallery
ブログ: [ Fictional castles in the air ]
2009.08.20(23:03)|展覧会メモコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
憑霊信仰論―妖怪研究への試み (講談社学術文庫)憑霊信仰論―妖怪研究への試み (講談社学術文庫)
(1994/03)
小松 和彦

商品詳細を見る

「憑く」という語の本来の意味は、事物としてのものにもともと内在する精霊や、異界の神霊などが、別の事物としてのものに乗り移ることを意味していた。本書は、こうした憑依現象を手懸りにして、狐憑き、犬神憑き、山姥、式神、護法、付喪神など、人間のもつ邪悪な精神領域へと踏み込み、憑依という宗教現象の概念と行為の体系を介して、日本人の闇の歴史の中にうごめく情念の世界を明らかにした好著。



日本の憑きもの―社会人類学的考察 (中公新書)日本の憑きもの―社会人類学的考察 (中公新書)
(1999/10)
吉田 禎吾

商品詳細を見る

伝統社会の解体、都市化の進行とともに、キツネ憑き・イヌガミ憑きなどのいわゆる憑きもの現象は今や消失してしまった感がある。しかしこの現象の背後には意外にも、日本社会の家筋の問題を含む人間関係の祖型が匿されているのではなかろうか。憑きもの現象が濃密に残存していた村落への長年の調査と、外国の豊富な類例とを比較して考察した本書は、かつて日本民俗学が試みた領域への、社会人類学の側からの新しい照射である。


2009.08.20(22:21)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
上海異人娼館―ダンス・エレマン版上海異人娼館―ダンス・エレマン版
(2004/09)
寺山 修司宇野 亜喜良

商品詳細を見る

ダンスエレマンというダンスカンパニーの芸術監督もされている宇野さんが、2004年秋、10周年記念公演の脚本書き、それをもとに絵本をつくりました。 1926年上海。魔都であり、幻想の市街であるこの都市の一角に佇む娼館「春桃楼」が舞台。フランス人のステファン卿が日本人の愛人・桜(おお)を連れてやってくる。 桜に客をとらせるために。心がつながっていれば大丈夫。障害が多いほど愛は強くなる――。そうかもしれないし、そうでないかもしれない。「愛の試練」として桜を娼館に入れたステファン卿と、桜を愛しはじめた少年王学とをめぐる物語。心を過信し弄んだステファン卿の最期には・・・。



蛇―日本の蛇信仰 (講談社学術文庫)蛇―日本の蛇信仰 (講談社学術文庫)
(1999/05)
吉野 裕子

商品詳細を見る

古代日本は蛇信仰のメッカであった。縄文土器にも活力溢れる蛇の造形がたくさん見られる。蛇に対する強烈な畏敬と物凄い嫌悪、この二元の緊張は注連縄・鏡餅・案山子など数多くの蛇の象徴物を生んだ。日本各地の祭祀と伝承に鋭利なメスを入れ、洗練と象徴の中にその跡を隠し永続する蛇信仰の実態を大胆かつ明晰に検証する意欲的論考である。


2009.08.20(22:13)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ドグラ・マグラ」より『キチガイ地獄外道祭文』《全曲》ドグラ・マグラ」より『キチガイ地獄外道祭文』《全曲》
(2009/08/14)
みるく;夢野久作;CHRIS(Sound Libero);吉澤友章

商品詳細を見る

悽惨、痛烈、絢爛、奇怪なる脳髄地獄へようこそ! 精神病魔に蝕まれた現代社会の歪みを正さんと、帝大精神病学教授・面黒楼万児が歌って踊る狂気治療の一大事業「狂人解放治療」。異才小説家・夢野久作のめくるめく言語感覚夢幻地獄を体験できる、精神トリップCDです。日本三大奇書の一つにあげられる夢野久作、畢竟の怪奇小説『ドグラ・マグラ』。その作中で繰り広げられる奇矯歌「キチガイ地獄外道祭文」を忠実に再現。文庫本で三十ページ超にも渡る祭文全文を歌にして、広く世間の皆様に聴いていただけるようにCDに全曲を収録しました。80分にもわたる大長編曲をご堪能下さい。 小説のあまりの長さに読書を投げ出してしまったアナタも、これを聴けば全てが解決!


夢野久作の小説『ドグラマグラ』、作中で歌われている「チャカポコチャカポコ」のフレーズが印象的な『キチガイ地獄外道祭文』がCDとなって発売されるとのこと。吃驚だ。

サイト: 『キチガイ地獄外道祭文』-ああかむ
2009.08.18(20:56)|音楽コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
090817a.jpg

【 ナタリー・ダウ展「Hide and Sex」 】
場所: ヴァニラ画廊 期間: 2009年8月24日(月)~9月12日(土)

「Hide and Sex」とは、サディズムとマゾヒズムに対して現代の日本人女性が非常に特殊化しているということを前提に、彼女達の精神世界を多角的に検討しようという試みである。
 たとえば、ともすると我々をも禁忌的な秘密裏の世界へといざなわんとするSMホテルの、あの特異な空間装飾に代表される仮想世界ともいうべき「閉鎖的ユートピア」が彼女達の精神性と密接な関係を持っていることは間違いないだろう。ただし、それがあくまで提供されたものの上に成り立っていることは留意すべきで、そういった意味で彼女達は永遠の享受者であることは無視できない。つまり、ナタリー・ダウが今回の新作展覧会で提示したいのはそういった具体的事例に基づく、より実践的なアプローチなのである。現実よりも幻想の中で生きようとしている彼女(もしくは彼)達へ。ナタリーのメッセージは、そのような現実社会を逸脱した、きわめて個人的な≪誰か≫のために発信し続けられるものなのだ。
人間の行為は全てが必然である。それらは何かしらの事実、もしくは欲望に基づく絶対的なもので、その不可避とも言うべき人間の性に、わたしをずっと魅了され続けている。現実と非現実――その境は曖昧で不明瞭で、意識下において行われるという意味ではむしろ同じものだとも言えなくはない。今回は、そのあやふやな〈虚〉と〈実〉の間を揺れる、極めて抽象的な感覚の視覚化を試みた。もちろんそれは非常に実験的なものであったことはいうまでもないだろう。茫洋とした中で模索を続けながらも、旧来の技術に基づいた新手法を用いて、「写真」という媒体をさらに次のものへと昇華させる。それが、わたしが考える一芸術家としての使命なのである。

(NATHALIE DAOUST)ナタリー・ダウ


2009.08.17(21:28)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
090814a.jpg

090814b.jpg

090814c.jpg

サイト: 山査子屋 福山フキオ

人でありながらも人であらぬ者、現世と幽界の境に静かに息づいている。まるで土着信仰の残る土地の禁忌に足を踏み入れてしまったかのような、そんな感覚に惑わされて、だからこそ強く惹きつけられてしまう。そんなイメージに心が踊ります。
2009.08.14(23:59)|アートコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この魔都には、纏足を施した少女が並べられた少女娼館がある。皆そっくりおんなじ顔で唇の横に小さな黒子がついている。綺麗な纏足靴を履いた足を台の上に乗せながら、赤い舌を蛇のようにチロチロ覗かせ甘い言葉でわたしを誘う。わたしはなんだか無性に酒が飲みたくなって、何度も何度も喉を擦る。

少女娼館の隣には少年娼館がある。やっぱり皆おんなじ顔で唇の横に小さな黒子がついている。チャイナドレスを着ていて、長椅子にもたれ掛かりながら煙管を燻らしている。真っ白く細長い腕を揺らめかせながら手招きする様子はまるで蛇のようで、わたしは酒が飲みたくて飲みたくて、ひたすら胸を掻き毟る。

はっ、と気がつくと、わたしは脱水症状を起こして草むらに倒れ込んでいた。真夏の容赦ない日差しが肌を突き刺す。朦朧としながら前に目をやると、顔のすぐそばで白い蛇が干からびて死んでいた。蛇の背に小さな黒い斑点があるのを確認した後、わたしはゆっくりと目を閉じた。
2009.08.12(23:00)|思考文章コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
090812a.jpg

【 驚異の部屋へようこそ!展 】
場所: 町田市立国際版画美術館 期間: 2009年8月8日(土)~9月23日(水・祝)

珍しいもの、不思議なもの、得体の知れないもの…それらを集めて-堂にならべてみたい!人間のそんな飴くなき好奇心を満たすべく作られた部屋、それが≪驚異の部屋≫です。この夏、版画美術館では、版画の世界の広さ、奥深さを垣間見せてくれる変り種を多く展示して≪驚異の部屋≫を作ります。
解剖図や動物図譜などの自然の驚異、怪異な空想の世界を描いた版画など、あっと驚くような作品が大集合!描かれた事物の珍寄さと、精緻な銅版技法や美しい色彩表現といった高度な浅漬の素晴らしさ、二つの驚きが楽しめます。ヨーロッパの版画を中心に約100点でかたちづくる≪驚異の部屋≫、さあこの夏は不思議な版画ワールドヘぜひおでかけください。


詳細: 町田市立国際版画美術館 企画展示のご案内
2009.08.12(22:44)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
090811a.jpg

090811b.jpg

オーストラリア人のイラストレーター。
「ヴィクトリアン・フランスのロココ・ゴシックロリータ系ファッション・お人形とからくりにインスパイアしてイラストを描いています。」とのことです。

サイト: Marmite Sue's Menagerie
Myspace: myspace.com/marmite_sue
2009.08.11(21:57)|アートコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
これは何も持ち得なかった女の子のおはなしだ。

女の子には生まれたときからなんにもなかった。なんにもないというのは女の子自身の持っているもののことで、家庭環境は悪くなかったし、家族の人柄もまあそれなりにごくごく一般的といえた。
傍から見て羨ましいと持ち上げられるほどではないが可哀想にと同情されることもない、平凡な家で生まれていた。
だけれども、そのようなことは女の子自身の外部に成り立っている世界であり、女の子自身のものではない。家庭のなかの女の子は、ただそこに組み込まれている機能のひとつ、というだけでしかなかった。
女の子は自分がなんにももっていないことを成長とともに自覚していった。なんにももっていないということ以外に女の子がもっているものはひとつもなかった。
周りのこどもたちは敏感に自分たちと異質な存在を嗅ぎ分けてしまう。こどもは理屈や理論を必要としなくとも本能で真実を暴いてしまう。
女の子の社会との接触の第一段階は悪意に満ちた視線に晒されることから始まった。悪意は自然に大人たちにも伝染していく。
担任の男性教師は女の子を嫌った。なにもしなかったが、なにもせずなにも出来ない女の子を嫌っていた。
イジメと呼ばれるほど過酷なものはなく、穏やかにではあったのだけれど、悪意と嘲笑は女の子にぴったりと纏わり付いて離れることはなかった。
女の子の心には、幾筋もの傷が走り、傷口は癒える間もなく抉られてじゅくじゅくと膿んでいた。
何も持っていないことは女の子自身のとてもプライベートな問題であったのに、個人的な欠落は世界に何の影響も与えはしないのに、女の子は周囲から排除されたことが不思議でしかたなかった。
だから女の子は自分を守るために自分自身を否定した。社会と折り合うために女の子の周囲の人々の感情に迎合した。

ごくごく平凡な両親はごくごく平凡な小言を女の子にいう。ごくごく平凡な失言と暴力を女の子に浴びせる。
多くの人が通過していくその一場面は、何も持たないが故に自分自身を否定せざるを得なかった女の子にとっては、灼熱の砂漠のなかで水の代わりに油を飲まされているようなものだった。女の子の心はケロイド状となり、もうどこが痛いのかもわからないほどに全体が腫上がってじっとりと熱をもっていた。

女の子はただただ混乱し続けた。女の子の混乱は女の子の母親をも混乱させた。母親の混乱は女の子のお姉さんを混乱させていく。

女の子は混乱させるだけさせて家のなかに台風を誘い込んで、それをそのままにして大人になった。
目を閉じ、耳を塞ぎ、口を噤み、大人になった。
台風を追い出して、ちゃんとあるべき場所にあるべきものを整頓しなければいけなかったのに、その責任を放棄した。なんにももっていないから、という言い訳ですべてを誤魔化し続けてしまった。そして全部を周囲のせいにして誤魔化してきたことを直視しようとしなかった。
本当は、本当はわかっていたのに。

ごまかしてごまかして、いろんなことが捻じれてしまって、今はもうそれらを放って逃げ出したいと思っている。

「最低だ。」

と女の子じゃなくなった元女の子は自分にそう呟いた。
2009.08.09(21:43)|思考文章コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
かたち三昧かたち三昧
(2009/08)
高山 宏

商品詳細を見る

高山フィギュラリズムの極北。
『UP』の好評連載「かたち三昧」全63回をまとめる。さらに、フィギュラル・クリティシズムの実践編として漱石論4編も収録。〈かたち〉を読み解く高山フィギュラリズムの秘術を公開する驚異の書。
高山ワールドのエッセンス。



怪物團―異形コレクション (光文社文庫)怪物團―異形コレクション (光文社文庫)
(2009/08/06)
井上 雅彦

商品詳細を見る


異形コレクションの新刊が発売されました。今回のテーマは“怪物”です。
2009.08.08(18:33)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
090807a.jpg

【 イラストレーター・早紀蔵 原画展 】
場所: 月夜のサアカス 期間: 2009年8月1日(土)~16(日)

肉筆水彩原画25枚を展示。水彩ならではの多彩な色彩と、これが水彩なのかと言う鮮やかさ。緻密に描き込まれたレースや装飾品の数々…是非実物をご覧下さい!
早紀蔵作品をイメージした限定メニューもございます。限定メニューには、早紀蔵氏の夏コミ新作をいち早く手に入れられる、ポストカード付き。
金曜17:00~・土・日には、原画の中からキャラクターが登場?衣装もお楽しみ下さい


毒いちごさんより情報いただきました。感謝!
カフェ『月夜のサアカス』にも一度足を運んでみたかったのでこの機会に訪れてみたいと思います。

早紀蔵公式サイト: 煌印
2009.08.07(23:59)|展覧会メモコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
幻戯 (ふしぎ文学館)幻戯 (ふしぎ文学館)
(2008/08)
中井 英夫

商品詳細を見る
via ギャラリーCAVE

独自の文体を生涯求め続けた中井英夫初のベストセレクションで編まれた“自伝”。『虚無への供物』の後日譚「空しい音」に、執筆当時の苦悩を綴る日記「虚無なる日々に」を収録。幻想と耽美に彩られた21篇。



黒髪に恨みは深く―髪の毛ホラー傑作選 (角川ホラー文庫)黒髪に恨みは深く―髪の毛ホラー傑作選 (角川ホラー文庫)
(2006/07)
東 雅夫

商品詳細を見る

髪は神に通ずる―古来、毛髪には玄妙不可思議な力が宿ると考えられてきた。豊かに波うつ女性の黒髪は、エロチックな美の象徴となり、恐るべき妄念の化身ともなって、多くの怪談やホラーを妖しく彩ってやまない。『四谷怪談』のお岩様から『リング』の貞子まで、髪の毛にまつわる怖い話、奇妙な話の名作佳品を集成した決定版アンソロジー、ここにざわざわと出現。



サロメ図像学サロメ図像学
(2003/12)
井村 君江

商品詳細を見る

運命の女・サロメ。聖書に登場して以来2000年の歴史の中で芸術家の魂を捉え、教会彫刻や絵画に描かれてきた王女サロメの意味を、ワイルドの戯曲やクラナッハ、モロー、ビアズリー、ピカソ他250点余の図像から読み解く。


2009.08.04(21:26)|書籍コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
090802a.jpg

【 闇のバイブル 聖少女の詩 】
場所: だあしゑんか チェコ料理・ビール・絵本 日時: 8/4(火)21:00~
料金: チャージ1400円 1ドリンク付

祖母と二人で暮らす少女ヴァレリエ。初潮を迎えた日から彼女の周りには様々な怪異が姿を現すようになる。仮面の下に牙を潜ませた宣教師、謎の青年オルリーク、そして祖母の変容。性への憧れと恐れが彼女に見せる夢なのか、はたまた…。

ゴシック・ロリータの世界で幻の聖典とされていたカルト作品です。チェコの国民的詩人、ヴィーチェスラフ・ネズヴァルの小説を、クンデラ原作「冗談」で知られるヤロミール・イレシュ監督が映画化したもの。主演のヤロスラヴァ・シャレロヴァーは13歳の時に本作でデビューし、一躍東欧圏にその名を知らしめ、 10代にして10数本の映画に出演しています。2000年に彼女を取り上げたドキュメンタリーがテレビ放映されるなど、未だにその人気は根強いものがあります。


詳細: だあしゑんか チェコ料理・ビール・絵本 「闇のバイブル 聖少女の詩」上映会
2009.08.02(21:51)|映画コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon