【 デカダンス再発見~我ら、その流れを継ぐもの~ 】
場所: YASUDA ART LINKメインギャラリー“TOKYO” 期間: 2009年10月22日(木)~11月8日(日) 12:00~20:00 ※月曜休館

日本において「デカダンス」という言葉はある時は「芸術至上主義」と解され、
またある時は「享楽主義」的な意味合いで語られるなど様々なとらえられ方をしてきました。デカダンスのスピリッツはゴシック、シュルレアリスム、アヴァンギャルド、フェティッシュなどの多くの手法、概念、ムーブメントに多大な影響を与えていますが、デカダンスとは何か?という問いに対する回答はそれほど多くように思われます。そこでデカダンスとは解き明かすものではなく“感じ”、“浸る”ものであるという立場から今回の催し物を企画いたしました。
来る10月22日から11月8日まで、YASUDA ART LINKメインギャラリー“TOKYO”はデカダンステイスト溢れるサロンに変身します。
デカダンスの多様な側面を様々な角度から見つめるため、アート作品の展示に留まらず、トークイベント、朗読会、ライブラリー、アートパーティーなどを“TOKYO”と、そこに隣接する小ギャラリーで展開してまいります。文化溢れる神田錦町の地に突如現れる16日間だけの不思議なサロンをどうか存分にお楽しみください。


10月31日には西牧徹さんによるトークショーが開催されます。

西牧徹「密室ライブトーク」 】
時間: 10月31日(土) 15:30 OPEN 16:00 START※前売り1,500円、当日1,800円(エントランス・フィーを含む)

自らのフェティッシュな感覚と切り離せない作品世界を緻密な鉛筆画で作り上げる特異な画家、西牧徹。彼が自らの作品群=黒戯画にかける想いを、彼が影響を受けた絵画作品、小説、普段愛用する物品などを持ち込んだスペースで語る密室ライブトークショー。西牧作品愛好家にはまたとない貴重な機会です。



詳細: YASUDA ART LINK Schedule
2009.10.08(21:17)|イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon