上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
091231a.jpg
The Paper Apartment

あと5分ほどで2009年は終わり、2010年が始まりますね。今年もこのブログを続けられたことを嬉しく思っています。来年はもっと自分なりに質を上げられたなぁと思いつつ、このエントリをもって2009年最後の更新にしたいと思います。
皆様よいお年を!!
スポンサーサイト
2009.12.31(23:55)|日常コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
タコさっちゃん 少女幻影写真集・昭和的公園遊具編 (TH ART Series)タコさっちゃん 少女幻影写真集・昭和的公園遊具編 (TH ART Series)
(2010/01/18)
堀江ケニー

商品詳細を見る

幻影写真家・堀江ケニーがタコ型、カブトムシ型、ゾウ型、カタツムリ型など、レトロチックな公園にあるユニークな遊具をバックに、“「黒色すみれ」のカリスマ少女”さちを撮影した、お茶目かつノスタルジックな幻想的写真集。“日本で一番小さな手品師”マメ山田が各章トビラを飾ります。



The Omega SuitesThe Omega Suites
(2003/08)
Lucinda Devlin

商品詳細を見る
via 球体関節人形ブログ::PARANOID ANDROID

オメガ・スウィーツ=最後の部屋。死刑囚の処刑室を撮影した写真集。
2009.12.31(18:18)|書籍コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
護法少女ソワカちゃん 限定スペシャルセット【200個限定】 [DVD]護法少女ソワカちゃん 限定スペシャルセット【200個限定】 [DVD]
(2009/12/09)
kihirohito

商品詳細を見る

年末年始はソワカちゃんを観て過ごそう!

ソワカちゃんまとめサイト: ソワカちゃん疏鈔 護法少女ソワカちゃん まとめWiki
2009.12.30(22:56)|DVDコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
091230a.jpg

【 Exlibris -蔵書票とイメージ- 】
場所: スパンアートギャラリー 時期: 2010年1月19日(火)~1月30日(土)

【出展作家】
アルフォンス・イノウエ /杉本一文 /多賀新 /戸田勝久 /中嶋清八 /林由起子 /山下陽子 /山本六三 (敬称略)

豪華な作家陣による蔵書票を拝見出来るのが今から楽しみです。
2009.12.30(21:19)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
spoon.(スプーン) 2010年 02月号 [雑誌]spoon.(スプーン) 2010年 02月号 [雑誌]
(2009/12/25)
不明

商品詳細を見る

spoon.2010年第一号は総力特集「アリス2010」。蜷川実花さんの表紙巻頭撮りおろし10ページ『アリス・イン・トウキョウワンダーランド』を始めとして、spoon.セレクションのこの冬観るべきアリス映画、読むべきアリス本、最新のアリス雑貨など多角的にアリスを特集します。もちろんティム・バートン×ジョニー・デップの「アリス・イン・ワンダーランド」最新情報も掲載。Emily Temple cuteの2010s/sも最速で撮りおろしです!



アートコレクター 2010年 02月号 [雑誌]アートコレクター 2010年 02月号 [雑誌]
(2009/12/25)
不明

商品詳細を見る


prints (プリンツ) 21 2010年春号 特集・楳図かずお [雑誌]prints (プリンツ) 21 2010年春号 特集・楳図かずお [雑誌]
(2009/12/26)
不明

商品詳細を見る

楳図かずお漫画家デビュー55周年記念号がプリンツ21より遂に発売!! 『漂流教室』『わたしは真悟』『洗礼』などの代表作を誇るホラー漫画界の神・楳図かずお。「漫画での表現は出し尽くした」と語る楳図の、今現在の表現とこれまでに80ページ超にわたり迫ります! 巻頭グラビアには1955年のデビュー作『森の兄妹』から『14歳』までの豪華カラー原画を一挙17ページ掲載。さらにあのキング・オブ・ポップ、マイケル・ジャクソン氏と日本が誇るキング・オブ・ホラー楳図かずお氏との夢の“いたこ対談”(!)が実現!その他にも、話題の“楳図ハウス”潜入に、神の一日密着レポート、ミュージシャンKAZZのインタビュー&撮り下ろしポートレート、カリスマ振付け師★KAZZによるダンスレッスン、楳図漫画の版画コラボレーションなどなど、内容が盛り沢山。 これまで見たことのない楳図かずおをプリンツ21が総力を上げて徹底分析いたします!


『アートコレクター』の連載春画、今号は山本タカト氏。
2009.12.29(22:47)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
091227a.jpg
Lisa Black

年末なので部屋の片付けに勤しんでみているものの一向に出口が見えないので嫌気がさしているわたくしです。どこぞのマッドサイエンティストにでも誘拐されて機械仕掛けに改造されてしまえれば部屋なんて楽々片付けられるだろうに、と妄想を膨らませて目の前の惨状から現実逃避をしてみたり……。そんなことをしてるから終らないんだってことぐらいわかってはいるのですよ……。

機械仕掛けの亀の剥製、可愛くて欲しくなってしまいます。
2009.12.27(22:48)|画像コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
ScopeScope
(2009/12)
桑原 弘明巖谷 國士

商品詳細を見る

ミクロのシュルレアリスム―マニエリスムの箱を覗く。エッセイ:巖谷國士、種村季弘、四谷シモン。



グリムの肖像~Portraits of GRIMM (TH ART Series)グリムの肖像~Portraits of GRIMM (TH ART Series)
(2009/12/06)
二階健

商品詳細を見る

「これから始まる作品は、グリム童話に登場する7人の女性キャラクターを描いています。皆さんも良くご存知のように、グリム童話は怖い!とか 残酷!とかよく言われていますが、実はかなりお馬鹿で滑稽でテキトーです。その唖然とするほどの つじつまの合わなさ加減は、何故かとても中毒性があって、特に初版はツッコミどころ満載です。この作品はグリム兄弟がボケ役で、僕がツッコミ役をした三人漫才です。あ、グリム兄弟がボケているのに、僕が更にボケをかぶせるWボケかもしれません。まぁとにかく 眠れない夜、枕元において素敵な悪夢を見る手助けにはなるでしょう!


スパンアートギャラリーで『桑原弘明展』、パラボリカ・ビスで『二階健写真作品展』を鑑賞し、それぞれのギャラリー内で作品集を購入。
2009.12.24(23:03)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
少女の細い首筋には一匹の小さな蜘蛛が這い回っていて、この蜘蛛の吐き出す糸が少女の絹糸のような柔らかく細い髪を作り出しているではないのだろうかと、ふっとそんな空想が頭に過ぎる。月の光を無防備に浴びながら寝そべっている少女の蒼い肌と見開かれた双眸は狂おしいほどに美しく、呼吸を止めた少女の膨らみかけた胸をそっと指でなぞってみると、この“かたち”が失われてしまうことに耐えなければならない現実を思い嗚咽が洩れる。死の匂いはあっという間に少女を包み、硬くなる前の少女の柑橘類の果実のような香りを発していた吐息を確かめようと、少女の半開きの唇に鼻を近づけ嗅いでみても浜辺に打ち上がった魚のような潮の臭いしか感じない。唇を指で抉じ開けて口腔を覗いてみると、どこまでも暗く深い穴しかそこにはなく、もしかしたらアリスが落ちた兎穴は“これ”ではないだろうかと考えてみる。少女の穴の中へ墜ちて行けたら幸せだろうにと、離れがたい切なさに涙を溢しながら接吻を繰り返し、少女の細くしなやかな頸、白く艶かしく蠢いていた咽、を絞めた真紅の紐を黒い革鞄にしまうとそっと夜の公園を後にした。
2009.12.24(22:59)|思考文章コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
鉱物アソビ 暮らしのなかで愛でる鉱物の愉しみ方 (P-Vine Books)鉱物アソビ 暮らしのなかで愛でる鉱物の愉しみ方 (P-Vine Books)
(2008/09/19)
フジイキョウコ

商品詳細を見る

“今、静かなブーム” 雑貨やアートのように鉱物を楽しもう!鉱石(イシ)好き少年少女のための待望のヴィジュアルガイド本!かわいい雑貨を集めるように 四季折々の花を飾るように 暮らしのなかで、石と戯れる。宝石よりも愛おしくなる美しき、ミネラルワールド。宮沢賢治、澁澤龍彦、稲垣足穂など、多くの趣味人に愛されてきた鉱物の世界へ、ようこそ!



天野天街万華鏡天野天街万華鏡
(2009/07)
不明

商品詳細を見る


[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~
(2009/10/15)
冨田 伊織

商品詳細を見る

『透明標本』。標本という印象からはあまりにもかけ離れた存在です。生物であり ながら、目に写る造形は、まるで鉱物によって形作られたかのような美しさです。元来、「たんぱく質を酵素により透明にし、硬骨を赤紫、軟骨を青色に染色をする 」という骨格研究の手法として確立された形態であり、完全な透明感にする為には非 常に長い時間を要します。現在この美しさを、「命」を身近に表現するインテリアとして。 またそのビジュアルを生かし、様々なデザインに出来るのではと活動をしております。主に魚類を作成しておりますが、両生類、爬虫類、甲殻類、小型の哺乳類や鳥類なども手がけております。また、一般に骨格標本としては難しいとされるサメやエイなどの「軟骨魚類」や、イカなどに代表される「軟体類」も美しくその姿を変えることが可能です。『透明標本』が作り出す美しくも不思議な世界をどうぞご覧ください。
著者 冨田伊織

サイト: 新世界『透明標本』
2009.12.21(23:07)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
金曜日は仕事帰りに『すみれの天窓』で開催されていた『なふぅ展』をみにいきました。白くて和む不思議な動物、なふぅ可愛いです。途中からテレビ局の収録が始まり、お友達と映り込まないように頑張って顔を下げたりしておりました。収録用ということで黒色すみれのお二人とも演奏会用の装いでゴージャスでした。いろんな作家さまのなふぅ作品が展示されていて楽しかったです。

土曜日はアートブログヴリル教會のヨヨギさんが主催された『ブックサロンオメガ』での忘年会に参加してきました。久しぶりにお会い出来た方、新しく出会えた方など楽しくも貴重な時間を過ごすことが出来ました。ヨヨギさん、改めて有難うございました。

日曜日は『月夜のサアカス』で開催された、黒色すみれのさちさんとチェリストの青月泰山さんによるユニット、『青い月と赤い薔薇』の演奏会を聴いてきました。弦楽器の音色は美しいですね。弦楽器だから幻楽器……、と脳内で言葉遊びをしてしまいました。眉目麗しいお二人により奏でられた美しい音楽、耳だけでなく目も愉しめたひとときでした。

091221a.jpg


画像は人形作家Dollhouse Noahさんによる青い月と赤い薔薇をモデルとした『月薔薇人形』。さちさんがモデルのお人形はさちさん自身がメイクしたとのことで御本人とそっくりで驚きました。お人形は今月の27日まで『月夜のサアカス』で見られるそうですよ。
2009.12.21(22:57)|日常コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
水魑の如き沈むもの (ミステリー・リーグ)水魑の如き沈むもの (ミステリー・リーグ)
(2009/12/07)
三津田 信三

商品詳細を見る

近畿地方のとある農村。村の人々が畏怖し称えてきたのは、源泉である湖の神・水魑様だった。刀城言耶は祖父江偲とともに水魑様の特殊な儀式を観に行ったのだが、その最中、事件は起こる。神男と呼ばれる儀式の主役が湖の船上で死体となって見つかったのだ。犯人は見つからない。衆人環視ともいえる湖上の船、不可解な状況での事件だった。惨劇はそれだけにとどまらない。儀式を司る村の宮司たちが、次々に不可解な状況で殺されていく。二転三転のすえに示された真犯人とは……。


刀城言耶シリーズの新刊です!
2009.12.17(22:34)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
091217a.jpg

【 エロス&タナトス展 ~CAVE collection~ 】
場所: 大阪 乙画廊 期間: 2010年1月16日(土)~1月30日(土)
*16日(土曜日)はレセプションパーティー開催予定

【出品作家】
アルフォンス井上(版画) /金子國義(油彩・鉛筆画) /山本六三(版画) /レオノール・フィニ(版画) /谷敦志(写真) /こだま美瑠兎(鉛筆画) /澁澤龍彦(生原稿)、署名本、澁澤龍彦限定本等

他にも限定本に添付された版画として、建石修志・山下清澄・池田満寿雄等や、CAVEさんが今までにお会いしたことがある作家さんたちと関連した古書を厳選して並べるとのことで、CAVEさんの優れた審美眼により選りすぐられた品々を目にすることの出来る、至福のひとときを味わえるチャンスです。

サイト: ギャラリーCAVE
2009.12.17(22:29)|展覧会メモコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
眠れぬ森の処女(おとめ)たち (TH ART Series)眠れぬ森の処女(おとめ)たち (TH ART Series)
(2009/12/11)
森馨

商品詳細を見る

森馨 球体関節人形の世界
聖なる狂気、深淵なる孤独、硝子の瞳が孕むエロス。独特のエロスに満ちた球体関節人形を作り続けている森馨。その作品をクラシックで美麗な装丁に包み込み、森馨自身が記した小話で彩った写真集。その魅力に静かに打ち震えたい。
「昨日街の雑踏ですれちがった、黒い前髪を垂らし、薄紫のリボンを頭に結び、ジャスミンの花を付け私をじっと見て去っていった少女は、もしかしたらいつかわたしから居なくなってしまった人形だったのではなかっただろうか」
写真……岩切等、酒井敦、堀江ケニー、森馨



ノケモノと花嫁 THE MANGA ~第一巻~ノケモノと花嫁 THE MANGA ~第一巻~
(2009/12/15)
漫画:中村 明日美子原作:幾原 邦彦

商品詳細を見る

『ノケモノと花嫁』は、中村明日美子さんの漫画に、アニメ『少女革命ウテナ』の監督でもある幾原邦彦氏が原作を書いたコラボ漫画。
2009.12.15(21:25)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
レンブラントの目レンブラントの目
(2009/12/01)
サイモン・シャーマ

商品詳細を見る

17世紀オランダ、宗教戦争の渦中で育った神童は、どのようにして、眼前の巨匠ルーベンスを越えて超絶絵画の画家となったのか。名作『風景と記憶』の著者が歴史と文学を融合させる奇跡の筆力をふるい、あたかも17世紀画聖の工房にあるが如く、その創造の現場と秘密を壮麗なポリフォニーとして織り成す空前の巨篇。


欲しい!けど13,440円……、酔っ払った勢いで購入するしかなさそうです。
2009.12.15(20:58)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
091212a.jpg

【 Box Opera IV 5人の園丁 】
場所: 南青山 Space Yui 期間: 2009年12月17日(木)~12月25日(金)*日曜定休

【出展作家】
北見隆 /東逸子 /建石修志 /高橋千裕 /山本じん (敬称略)

2009.12.12(21:30)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
091210a.jpg
中嶋清八『アリスを演じる少年 -Le garcon qui joue le role d'Alice-』

091210b.jpg
甲秀樹『アリスとチェシャネコ』


先日スパンアートギャラリーで『アリス百花幻想展』をみてきた。展覧会そのものの感想はまた別の機会に書けたらと思いつつ、今回はそこで展示されていたふたつの作品から感じた、少年がアリスの世界に介入することで生まれる両性具有性についてを、思ったままに綴ってみるとする。

アリスと少年といえば長野まゆみの『少年アリス』という小説がある。その世界は両性具有というより植物的な無性の世界だ。ここでの少年に付随している、“アリス”という名の役割は、不思議の国に少年を誘うこと、少年から男根を奪うこと、にあったのだと思う。

だけれどわたしは、“アリス”が少年を無性へと導くことはないだろうと考える。周知の通りにアリスの名は今では少女の代名詞的な存在となっている。アリス、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』はグロテスクな物語だ。奇妙なストーリー、偏執的な言葉遊び、醜悪な造形のキャラクターたちが織り成すそのグロテスクな世界を縦横無尽に突き進んでいくグロテスクな少女、それがアリスである。そのアリスが他の多くの少女像を押しのけて“少女という生き物”の座に君臨しているということ。そこに理由を見出してみるならば、それは少女という生き物が元来グロテスクをはらんだ存在であるから、に他ならないだろう。そして対となるべく少年からはそのグロテスクさを見出すことは不可能なのだ。ならば、少年にアリス性を付加するということは、少年にグロテスク(子宮)を保有させることになるのではないだろうか。
アリスを演じること、アリスに扮すること、それだけで少年は両性具有者となる。アリスが持つ少女性とはそれほどに強いのだ。
2009.12.10(23:12)|両性具有コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
喜劇綺劇―異形コレクション (光文社文庫)喜劇綺劇―異形コレクション (光文社文庫)
(2009/12/08)
井上 雅彦

商品詳細を見る

今宵は、壮大なる実験におつきあいいただきます。《異形コレクション》、今宵のテーマは―〈笑い〉。本書は、皆様に笑って戴くための一冊なのです。おかげさまで、ホラー作家、SF作家、ミステリ作家、ユーモア精神一筋の専門家に、ヒトコマ漫画家集団と、意気に感じてくれた作家たちが、クロスオーバーな構成で集結しました。まさに「異形」の《異形コレクション》。どうか、最後まで「ご笑覧」ください。


異形コレクションの新刊、本日発売だったのですね。表紙絵は児嶋都さん。
2009.12.08(22:45)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
091206a.jpg

【 清水真理人形 展 】
場所: だあしゑんか 期間: 2009年12月8日(火)~12月20日(日)
*12/20の15~19時までは貸切パーティのためギャラリーはお休み

『だあしゑんか』はチェコの料理・ビール・絵本がテーマのお店です。チェコのパペットを含むアート文化と清水さんのお人形はとてもよく似合うように思います。

清水真理公式サイト: ストロベリィ・フィールズ
2009.12.06(23:01)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Hooichi―活字絵巻もう一つの耳なし芳一Hooichi―活字絵巻もう一つの耳なし芳一
(2004/05)
最合 のぼる

商品詳細を見る

雨が封印した芳烈なエロス 狂おしくも哀しい愛の物語
小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の名作『怪談・耳なし芳一』に、斬新な設定を取り入れ、恐怖とエロスの狭間で描かれた切なく哀しい愛の物語。著者自ら“活字絵巻”と命名した本書は、文字の濃淡や、大胆なレイアウトで美しいヴィジュアル的活字紙面を構成。頁を操る度に、琵琶の音や雨音、そして物語世界の空気までもが匂い立つ。読み手の想像力をかき立てる新感性小説は、正に“大人の為の絵のない絵本”。装画はカルト漫画家・長田ノオト氏による描き下ろし。怪奇漫画家の御茶漬海苔氏も推薦文を寄稿し大絶賛―――「本を閉じた時、何とも言えない気持ちで思わず涙が流れていました・・・」(抜粋/全文は本書帯に掲載)


脚本・小説・演出と多才な活動をされている文筆家、最合のぼるさんの著書。紹介文を読むだけでもなんとも妖しい魅力が漂っていて心惹かれるのです。

最合のぼる公式サイト: 黒兎商會
2009.12.06(22:05)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
091203a.jpg

【 快楽のまばたき 「花札伝綺」 】
場所: 新宿二丁目タイニイアリス 期間: 2009年12月9日(水)~13日(日)
作: 寺山修司 演出: 高田百合絵

これは死の家の伝説です。
ときは大正時代、日本海軍が支那海でドイツの武器商船を撃滅しようとねらっていた頃、東京のとある下町に小さな葬儀屋がありました。そこでは葬式一切を扱うだけではなく、主人の団十郎が冥土のことに詳しく、どんな人でも安く地獄への旅行案内をしてくれるというのです。その葬儀屋の主人団十郎はとっくに死んでいて、その妻も猫も金魚もみんな死んでいて、人は「死の家」と呼んでいましたが、たった一人、娘の歌留多だけはまだ死んでいないという噂でした。主人の団十郎は、ちかぢか歌留多をも、地獄祭りに連れていってやろうと思っていたのですが、わるいことに歌留多はまだ生きてる人間に恋してしまいました。生きてるにんげん、その名は墓場の鬼太郎、犯罪河岸では名のある泥棒で評判の美男子でしたが、神出鬼没で誰もその正体を知らないのでした。見たか?今のが墓場の鬼太郎だ!


【出演】
常川博行 /丸岡達志 /くら /成田佳奈子 /二面由希(動物電気) /安野由記子 /阿川雄輔 /郡司英雄 /杉本舞幸 /朱沸マセリ /他

ブログ: 快楽のまばたき
2009.12.03(21:50)|舞台コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。