100224c.jpg

【 トレヴァー・ブラウン&山吉由利子展 ―アリスの時間― 】
場所: Bunkamura Gallery 期間: 2010年3月31日(水)~4月11日(日)

少女が宿す狂気
トレヴァー・ブラウン(Trevor Brown)は1959年にロンドンで生まれた画家・イラストレーターです。彼の過激な作風は母国イギリスでは受け入れられず、1993年に自由な表現が可能な日本へと移住してきました。それ以後は世界に類を見ない独自性を持つ日本のサブカルチャーにも強く影響を受け、一見すると幻想的ですが、痛烈なメッセージを放つ作品を多く発表。現在は日本だけでなくアメリカやヨーロッパでも多くのファンを得ています。彼のモチーフとなるのは主に「少女」。それも極端にサディスティックなエロチシズムで記号化され、トレヴァー独特の美的解釈で愛らしく、時には即物的に昆虫や動物に戯画化された少女たちです。破滅的でフェティッシュな欲望。狂気と理性。背反するもの同士が融合するパラドクス。反発しあうエネルギーは、やがて観る者の意識をグロテスクな世界から崇高な世界へと誘います。
山吉由利子は独特の表情をした人形を創作しているアーティスト。その独自の世界観が高い評価を受けています。彼女が現出させる人形たちはその目に何も映しません。ただただ深い空虚を湛えているだけです。しかしながら感情の不在が放つ存在感は見る者の意識を引き付けて離しません。
本展では互いにリスペクトしあうトレヴァー・ブラウンと山吉由利子の二人による、L・キャロルの「不思議の国のアリス」を題材にした作品を展覧販売致します。


トレヴァー・ブラウン&山吉由利子展 ―アリスの時間― | Bunkamura ギャラリー
2010.02.24(22:34)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
100224a.jpg

100224b.jpg
via ArtFul Eyes - yeeta.com

ああ、こんな瞳になりたい!
2010.02.24(22:20)|画像コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon