ウツボラ(1) (F×COMICS)ウツボラ(1) (F×COMICS)
(2010/06/09)
中村明日美子

商品詳細を見る

中村明日美子初のサイコ・サスペンス、戦慄の第1巻!
謎の死を遂げた美少女「藤乃朱」。入れ替わるように、「朱」の双子の妹と名乗る少女「桜」が、作家・溝呂木の前に現れるも、彼女の正体は一切不明。二人の点をつなぐ作家・溝呂木は、盗作に手を染め深い闇に追い詰められていく。そして事件の謎を追う編集者と刑事たち。彼らの間を蠢く謎は深まるばかり――。顔のない死体とひとつの小説をめぐる、謎の物語。描きおろしイラストストーリー収録。



日々は過ぎて―Days went by日々は過ぎて―Days went by
(2002/06)
岸田 尚

商品詳細を見る

「好きなんです」と女の子から打ちあけられたまなは彼女を冷たく突き放した。そして、彼女が自殺したことを知らされる。何年か後、まなは自らを破滅させてゆくことに・・・。「何処」と「日々は過ぎて」を収録。


『日々は過ぎて―Days went by』は天使画家である岸田尚さんの小説。
2010.05.31(23:49)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
100531a.jpg

【 谷敦志 写真展 「眼球譚」 part 1 】
場所: 東京神保町 YASUDA ART LINK 期間: 6月15日(火)~6月27日(日) *15日(火)18時よりオープニングレセプション

ジョルジュ・バタイユの傑作にインスパイアされた写真作品「眼球譚シリーズ」を中心とした、谷敦志の現時点での集大成ともいえる写真展が開催されます。「眼球譚」は当初ロード・オーシュという匿名で発表されたバタイユの代表作で、人間の精神の暗黒面を容赦ない表現で描いた異色の名作として現在に至るまで 文学、思想、美術など幅広い分野の人々に多大な影響を与え続けています。発表当時はアンドレ・マッソン、ハンス・ベルメールといったシュルレアリスムの系統に属するアーティストの作品が挿画として添えられていたというこの作品から谷敦志が受けたイメージを自らの解釈の下に再構築し、ビジュアル化するのがこの「眼球譚シリーズ」です。



【スペシャルイベント『痙攣する映像+鳴り止まぬ音』】
日時: 6月16日(水)19:15開場 19:45開演 入場料: 電話予約1,200円 当日1,500円

谷敦志の新境地となる新作映像作品の上映、異能のアーティスト、山口椿によるチェロの即興演奏、谷敦志が展示作品について語るミニギャラリートークを催します。


プロデュース/ギャラリーCAVE

5月27日(木)まで大阪のgallery & books edgeで開催されていた谷敦志 写真展「眼球譚」part1展が6月15日(火)から東京で開催されます。作品集も発売されるとのことで楽しみです。
2010.05.31(23:14)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
1989年から刊行され始めた筑摩書房『マラルメ全集』が、ついに5月15日発売の最終配本『詩・イジチュール』で完結しました。品切れになっていた既刊も完結を機に増刷されるとのこと。筑摩書房ではマラルメ全集全5巻セットの予約も始まっています。
うーん、税込96,600円というお値段なのでセットで買うのは無理だなぁ。地道に時間をかけて少しずつ集めていくとします。

マラルメ全集I 詩・イジチュールマラルメ全集I 詩・イジチュール
(2010/05/13)
松室 三郎、

商品詳細を見る

文学芸術作品の極北に煌めく詩、哲学的小話「イジチュール」、「賽の一振り」などを、最高のスタッフによる翻訳に、詳細な註解を付しておくる。9年ぶりの刊行。全5巻完結。


wikipedia: ステファヌ・マラルメ
2010.05.29(23:01)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
100527a.jpg

【 バイロス挿絵展「背徳のシンフォニア」 】
場所: 銀座 ヴァニラ画廊 期間: 6月7日(月)~6月19日(土) 入場料: 500円

世紀末芸術を象徴する画家、フランツ・フォン・バイロス(1866-1924)。彼はダンテ『神曲』の挿絵を描いたことでも有名であるとともに、エロティックで背徳的な禁書にも数多くの作品を残してきました。彼の描く独特な官能美は、文学と結びつくことで神聖な幻想へと昇華するだけでなく、よりダークに、またより淫靡なムードで我々を画面へと誘い込みます。それはある種の残酷性を増幅し、我々のタナトス《死》への指向を揺さぶる一方で、秘密裏に淫靡な遊びを繰り広げ享楽的世界、エロス《生》への欲望を喚起させるものではないでしょうか。
本年2月に行ない好評を博したバイロス蔵書票展に続く第二弾の今回は、主に彼の挿絵を取り上げ展示・販売いたします。バイロスが描きだす背徳的文学世界、そのエロスとタナトスの大きな渦に貴方もきっとのみ込まれてしまうはず。知的で洗練された作品の数々を、是非ご高覧下さい。


バイロス侯爵を紹介しているサイト: Erotica in Art - Franz von Bayros in the "History of Art" /The Decadence of the Marquis von Bayros
2010.05.27(22:52)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
100526a.jpg

【 アリスが落ちた穴の中~Dark Märchen Show!! 】
会場: 愛知芸術文化センター・アートスペースA 日時: 2010年6月13日(日)14時~ 料金: 無料・予約不要

寺嶋真里監督作品『アリスが落ちた穴の中』の年内最後の国内上映が6月13日に愛知芸術文化センターで行われます。作品世界のイメージでドレスアップして会場を訪れた方にはRose de Reficul et Guigglesさま提供のプレゼントがあるそうですよ。アリスを演じるマメ山田さんの強い魅力、妖しく耽美な空間を築き上げるRose de Reficul et Guigglesの皆さん、現実から虚構へと一瞬で引き込んでくれる清水真理さんのお人形、素敵な世界をぜひ堪能していって下さい。

公式サイト: アリスが落ちた穴の中

関連ログ: 蝙蝠と蛞蝓の宴 | アリスが落ちた穴
2010.05.26(23:08)|映画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
100524a.jpg

【 日月沙絵 個展 THE BONSAI 】
場所: 大阪市 あーとスペース夢玄 期間: 2010年6月14日(月)~20日(日)

イラストレーター 日月沙絵による関西では2年振りとなる個展です。最新作約20点を展示いたします。


日月沙絵サイト: SAE TACHIMORI
2010.05.24(23:14)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
少女外道少女外道
(2010/05)
皆川 博子

商品詳細を見る

戦前の日本。裕福な家庭に育った久緒は、出入りの植木職人・葉次が苦悶(くもん)する姿を見て「他人に悟られてはならない感覚」を覚える……。苦しみや傷に惹(ひ)かれてしまう「外道」の自分を自覚する女性画家の人生を描いた表題作のほか、火葬場で初めて出会った男女2人が突然、人の倫理を飛び越す「巻鶴トサカの一週間」など、彼岸と此岸、過去と未来を自在に往還する傑作短篇7篇を収録。


敬愛する皆川博子さまの新刊がもうすぐ発売されます。楽しみすぎる!
2010.05.23(12:46)|書籍コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
100522a.jpg

【 夜想モンスター&フリークス展 4 宮西計三個展「見世物小屋」或は「舞臺裏」 】
場所: 浅草橋 parabolica bis[パラボリカ・ビス] 期間: 6月18日 (金) ~ 7月5日(月)

本個展は四十年に及ぶ宮西の画業の道程をその「舞臺裏」へと辿るものであり、三流出版と言う「見世物小屋」的世界に在って稀有な本物たり続ける彼の表現を再確認するものです。そして新たな試みとして画業のみならずパフォーマーとしての多年に渡る活動にもスポットを当てた新たな"晒しの場"を提示するものであります。さぁ…此処から何を得られる かは、お客様の貴方次第…。尚、photounit"エーテル"による[舞台作品写真展]を個展内展示しております。併せてご覧下さい。


【SPECIAL EVENTS】
  • 黒澤潤監督作品「猫耳」上映+薔薇絵トークショー
    日時: 6月19日(土)・7月3日(土) 開場19:00 開始19:30 ゲスト: 由良瓏砂 司会: 清水真理

    100522b.jpg

    「猫耳」
    黒澤潤監督 16mm COLOR+B&W 80min 1994年
    脚本: 黒澤潤、山口敦
    撮影・美術・編集・録音・音楽・衣裳:黒澤潤
    出演: 美加理、薔薇絵、上杉貢代、有村肯也、山内理絵、今野博之
    製作: 秋田敬明、福島輝彦

    廃墟のアパートで4人の若者がゲームのような生活を繰り返している。彼らの周囲にはカメラや映写機が見え隠れ、一人の少女は写真を撮られ続け、一人の少年はスクリーンへへばり付く。反復不可能なものは彼らにとって嫌悪にしかならなかった。ある日突然一人の女が現れ、死ぬ。彼女の存在をゲームに取り込もうとするが、自己完結した彼らの世界に歪みが生じ、女の葬式ごっこを済ませた彼らは終わりのないゲームに取り付かれ、究極の死へと向かって行く――

    ニューヨーク短編映画祭で「最も実験的な作品である」と評された。1993年にロッテルダム国際映画祭にてワールド プレミア、ヨーロッパ25都市で上映され、翌年東京・恵比寿EAST GALLERYにおいて「完璧な病室」と題して、医療用ベッドを客席として並べた特設会場にて上映された。1998年劇場公開。カラーとモノクロを交え、閉ざされた時間感覚の中廃墟で遊ぶ数人の男女と草原や森や湖の風景を描く黒澤潤による実験的な長篇第1作。

    あり得ない形に漂う意識。ノイズの音が、わたくしたちの夢に潜む肉体を超えた時空へと誘ってゆく。言葉にからめ取られ陶酔してゆく不思議な神経の迷宮には、もう1つのパラレルな世界が見える。生と死の隙間を渡ろうとする全ての魂に、救済さえも必要とせぬ静かな狂気に拍手を送りたい。(恋月姫 人形アーティスト)


  • 宮西計三 作家自身による作品解説
    日時: 6月20日(日) ゲスト: 有間凡

  • MONT★SUCHTパフォーマンス
    日時: 6月26日(土) 出演: 由良瓏砂 /神崎悠雅 /有栖川ソワレ /もえぎ子 /Mars Medicis Mephistopher(solomon Grandy) /Kyoco Lunaire Marionnete(solomon Grandy)

  • 宮西計三Onnaライブ
    日時: 6月27日(日)

  • 電氣猫フレーメン パフォーマンスライブ
    日時: 7月4日(日) 出演: 永井幽蘭 /由良瓏砂 /大島朋恵

宮西計三&薔薇絵ブログ: 薔薇の小部屋に百合の寝台

*映画「猫耳」の画像は清水真理さまよりご提供頂きました。有難うございます。
2010.05.22(17:54)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
100520a.jpg
Tor​u.N​oga​wa.​

100520b.jpg
安本亜佐美

100520c.jpg
成田朱希

100520d.jpg
麻子

【「私絵画(しかいが)の表現展」-14人の画家による-】
場所: 大阪 ギャラリーベルンアート 期間: 2010年6月3日(木)~6月12日(土) *日曜休廊

私小説のような絵画をテーマとしたグループ展を開催します。画家の人生,私生活までどこまで表現できるか興味ある所です。1人3号までの新作3点の全42 点の展覧の予定です。新人からベテランまで洋画,日本画,ペン画,鉛筆画と多彩な作品です。


【出展作家】
浅野信二 /井関周 /伊豫田晃一 /大竹茂夫 /近藤宗臣 /高田美苗 /田中章滋 /Toru.Nogawa /中川知洋 /成田朱希 /堀内亜紀 /麻子 /みどり根子 /安本亜佐美
2010.05.20(23:00)|展覧会メモコメント(3)トラックバック(0)TOP↑
憑依―異形コレクション (光文社文庫)憑依―異形コレクション (光文社文庫)
(2010/05/11)
井上 雅彦

商品詳細を見る

自分が異なるなにかに乗り移られることの恐怖、自分の愛するものが別のなにかになってしまう恐怖、それにさえ気づかぬ恐怖。そして、まだ誰も知らない、未知なる憑きものの恐怖…。本書には、根源的な恐怖の物語が集まりました。



死ねばいいのに死ねばいいのに
(2010/05/15)
京極 夏彦

商品詳細を見る

死んだ女のことを教えてくれないか―。無礼な男が突然現われ、私に尋ねる。私は一体、彼女の何を知っていたというのだろう。問いかけられた言葉に、暴かれる嘘、晒け出される業、浮かび上がる剥き出しの真実…。人は何のために生きるのか。この世に不思議なことなど何もない。ただ一つあるとすれば、それは―。


異形コレクションの新刊と京極夏彦の新刊が発売。早くお給料日にならないかな。
2010.05.19(21:34)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
100517a.jpg

100517b.jpg

サイト: Lu Cong | lucong.com

Lu Congの描く人物の、特に瞳がとても好みです。こちらへ向かって印象的な視線を投げかけながらも、何かを訴えているわけでもないように見える、探ろうとすればするほどに逆に暴かれて吸い込まれてしまいそうな感覚がしてきます。
2010.05.17(23:12)|アートコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
文藝別冊 萩尾望都 少女マンガ界の偉大なる母文藝別冊 萩尾望都 少女マンガ界の偉大なる母
(2010/05/14)
不明

商品詳細を見る

現代少女マンガ界の偉大なる母、萩尾望都を大特集。松本零士、ちばてつや、永井豪、里中満智子など豪華執筆陣が勢揃い。幻の漫画8本の完全掲載、仕事場紹介、貴重なラフスケッチも大公開!



ニジンスキーの手記 完全版ニジンスキーの手記 完全版
(1998/06)
ヴァーツラフ ニジンスキー

商品詳細を見る

20世紀初頭、彗星のごとくパリに登場し、奇跡の跳躍で人々を魅了しながらも狂気の淵に沈み、わずか8年でバレエ史上から姿を消したニジンスキー。その名高い手記の全文を、初めてロシア語原典より翻訳。


2010.05.14(22:13)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
100512a.jpg
あや野

100512b.jpg
西川祥子

100512c.jpg
堀江ケニー

【 大あや野展“ゴミが咲く” /西川祥子個展 Logos /堀江ケニー個展 End of Days 13 】
場所: 神保町 YASUDA ART LINK 期間: 2010年5月25日(月)~6月6日(日) *月曜は休廊

■あや野
格好はつけられないようだと知ってしまいました。現在の自分から湧き出てくる脳髄汁を出して出して晒します。自己のゴミクズのような脳内を部屋中に溢れさせ、すくいあげることで救われるような、興奮するような感覚です。観る方はとても不快かもしれない・・・でも快楽かもしれない・・他もあるかもしれないそんな純粋な展覧会です。


■西川祥子
本を読みながら頭の中である種の揺れを感じることがある。もしかすると、読むということは、文字の記憶を聴くことなのかも知れない。「器物百年を経て、化して精霊を得てより、人の心を誑す」というが実際、文字には、伝えたいという強い魂がやどっているのだろう。


■堀江ケニー
自分はよく夢を見ます。夢の中に出て来たイメージを覚えている時もあります。今回の展示のヒントも夢から来ました。夢ではウサギが今の世の中の終わりを告げに現れました。しかも残された時間は僅かに3分程。13時に全てが終わり全てが始まるよ、と。世界の終わりがどの様な物かは分かりません。が、ウサギは自分に大きな時計を見せながら囁きます、世の中なんて滅びてしまえば良いんだよ~、と。13時まで後僅か。そんなイメージを描きながら作った展示。それでは皆さん、Welcome to my Nightmare。


【 関連イベント -SPECIAL TALK & LIVE 2 DAYS- 】
日時: 2010年5月29日(土)・30日(日) 入場料: 当日2,000円 予約及び学割(要学生証提示)1,800円
*電話予約は03-5577-6373 TOKYO ART SHOPまで(11:00~19:00 月曜休)

<闇を愛でるGOTHIC DAYと天にも昇るANGEL DAY異世界へトリップするスペシャルイベント!>

  • 29日(土)GOTHIC DAY OPEN 15:00 START 16:00 (終了予定21:00)
    ◇清水真理人形アニメーション上映会(原サチコ出演「聖女懐妊」ほか)
    清水真理(人形作家)×富崎NORI(アーティスト)トーク
    ◇西川祥子朗読ライブ
    ◇西川祥子×大野英士(『ユイスマンスとオカルティズム』新評論)トーク

  • 30日(日)ANGEL DAY OPEN 14:00 START 14:30 (終了予定20:00)
    山口椿(作家、画家、チェリスト)×森馨(人形作家)・スペシャルパフォーマンス
    ◇三島太郎(YASUDA ART LINK)×沙月樹京(トーキングヘッズ叢書編集人)トーク
    ◇堀江ケニープレゼンツ・スペシャルライブ&パフォーマンス 歌&ピアノ:兼坂うい(EARTH78) ダンス:相良ゆみ、小林未奈、小川美由紀、井上明日香(予定)
    ◇あや野ソロライブ(バックダンサー:ポ・ペイロ・ペロ)

あや野サイト: あや野 個人HP
西川祥子サイト: Escargotskin
堀江ケニーサイト: DIVINE EXTREME Kenny Horie Official Web Site
2010.05.12(23:05)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
女装の剣士シュヴァリエ・デオンの生涯女装の剣士シュヴァリエ・デオンの生涯
(1995/06)
窪田 般弥

商品詳細を見る

時は18世紀ヨーロッパ。生涯のうち、49年は男、33年は女として数奇な運命を辿った一人の人物の人生を語る歴史読物。不穏な情勢の中、ルイ15世のスパイとして国際外交で暗躍。フェンシングの達人で、イギリス公使や竜騎兵連隊隊長をも勤めたその男の名はシュヴァリエ・デオンという。



女装の聖職者ショワジー女装の聖職者ショワジー
(2000/09)
立木 鷹志

商品詳細を見る

神に仕える聖職者にして女装者、全財産を失うほどの賭博狂にしてフランス文学史に名を残すアカデミー・フランセーズの会員であったショワジーとは何者か? サド侯爵の先駆者ともいわれる謎と魅力に満ちた数奇な人生をたどる。


2010.05.09(22:59)|書籍コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
100506a.jpg

【 谷敦志 写真展 「眼球譚」 part 1 】
場所: 大阪市 gallery & books edge 期間: 2010年5月13日(木)~5月27日(木) *水曜日定休

■谷敦志
1989年頃より写真制作をはじめて以来、東京・大阪・パリ・ローマなど多数の個展で発表。雑誌や小説カバー、CDジャケット、舞台、演劇、ミュージカルの宣伝写真を手掛ける。フランス語圏内で活躍するカナダ生まれの歌手、ミレーヌ・ファルメール「Point de Suture」のジャケット、ブックレットを撮影。


ジョルジュ・バタイユの代表作『眼球譚』の抽象的エロティシズムの世界が谷敦志氏の手により写真作品となって表現されます。眼球譚 part 1展は東京神保町のYASUDA ART LINKでも6月15日から開催される予定とのことで楽しみ。

プロデュース/ギャラリーCAVE
2010.05.06(22:50)|展覧会メモコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
AQUIRAX UNO POSTERS 1959‐1975―宇野亜喜良60年代ポスター集AQUIRAX UNO POSTERS 1959‐1975―宇野亜喜良60年代ポスター集
(2003/06)
宇野 亜喜良ギャラリー360°

商品詳細を見る

宇野亜喜良(うのあきら)60年代ポスターの名作群が、2003年、遂に1冊の本として蘇る。ここ最近、再評価熱の高まる宇野亜喜良の1960年代のデザイン&イラストレーション。今まで出版物としてまとめられたことがなかった、寺山修司の天井桟敷やバレエ、個展、『話の特集』等の貴重なポスター類を集め、あの時代のあの空気を封じ込めた贅沢な作品集です。



宇野亜喜良 創作の現場―Illustrator’s workshop宇野亜喜良 創作の現場―Illustrator’s workshop
(2010/04)
イラストノート編集部

商品詳細を見る

イラストレーターとして、幅広いジャンルで活躍している宇野亜喜良。彼の仕事のうち代表的なものをピックアップし、インタビューと取材により、作品誕生までのプロセスを探る。各作品では可能な限り原画を掲載。


2010.05.04(23:52)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
100502a.jpg
流氷の妖精

100502b.jpg
立体

【 田川春菜 ”シンドロイチン” 】
場所: アート★アイガ 期間: 2010年5月4日(火・祝)~5月29日(土) *5月5日(水・祝) 開廊

彼女達は自分が可愛いということを無意識にも理解してます。そうして自分を可愛がってくれるものを密かにあるいは無意識に標的にしています。童心のような無我で貪欲な感情。シンドロイチンというのは造語ですが、デカダンな薬のようなイメージです。食虫植物が虫を誘うような。甘い空間の中に酔って捕まる感覚を見る側に感じて頂けたらと思います。
田川 春菜

生まれた時から身の回りに存在するジャパンポップカルチャー。それらをモチーフにすることは自然なこととして作品にも自然に反映している。現代記号満載の不思議少女達が迎えてくれます。


サイト: 田川春菜 macro- crossty+
2010.05.02(23:59)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon