100831a.jpg
羅展鵬 Strawberry Generation Night Marching no.9

【 汽球人間展 】
場所: LOWER AKIHABARA. 期間: 2010年9月17日(金)~10月2日(土)
*日曜・月曜・祝日休廊 *17日レセプションパーティ

GALLERY小暮で毎年恒例となっているグループ展のシリーズは、今年で5回目を迎える。'06年「トウメイ人間」、'07年「ハコ人間」、'08年「空中庭園」、'09年「月人間」、そして今年の「汽球人間」。コンセプトは、GALLERY小暮の哲学そのものを備えた若きアーティストの共演である。 Japanese culture に欠かせない4原則=「技巧 意匠 創造 色感」を備え、さらに一歩進んだ熟成を果たすであろう artist を紹介することである。今回はこのシリーズ初の外国人アーティスト、台湾から羅展鵬 (ローチャンテン) 氏を迎える。


【出展作家】
海老洋 /後藤温子 /三田尚弘 /塩谷亮 /須田悦弘 /草井裕子 /龍口経太 /平林貴宏 /森口裕二 /山口英紀 /羅展鵬(ローチャンペン) (敬称略・五十音順)
2010.08.31(22:08)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
天使天使
(2010/07/23)
須永 朝彦

商品詳細を見る

出版当時、荒俣宏氏が、「こんな作品がわが国で刊行されること自体がファンタスティックだ」と絶賛した天才歌人須永朝彦の初期短篇小説から、20数篇を選りすぐった傑作選。天使と吸血鬼といった美の化身たちが羽ばたき交わす、耽美的て幻想的な物語群。澁澤龍彦、稲垣足穂、中井英夫ら幻想作家の血脈を正統に継ぐ文学世界。巻末解説は、いま話題の評論家・千野帽子氏。



鏡の偽乙女 ─薄紅雪華紋様─鏡の偽乙女 ─薄紅雪華紋様─
(2010/08/26)
朱川 湊人

商品詳細を見る

あの男は、もの言う幻だったのかも知れぬ――。気鋭の直木賞作家が描く、怪奇小説の傑作!!
大正三年、東京。画家を志し、家を飛び出す槇島風波(まきしまふうわ)。闇を幻視する美貌の天才画家、穂村江雪華(ほむらえせっか)。根津、蟋蟀館に集う異形の面々。変わりゆく帝都を彷徨う未練者(みれいじゃ)たちの怪異。


2010.08.31(21:48)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon