110130d.jpg

【 第1回「OMEGAボックス展」 】
場所: 大久保 BOOK SALON OMEGA 期間: 2011年2月1日(火)~2月28日(月)
時間: 14時~19時/19時~24時(二部制)
料金: ソフトドリンク飲み放題 1,500円 /アルコール飲み放題 3,000円

約50名の作家を迎え、平面、立体など媒体を問わない多様な展示が行われます。ボックス内での販売や、ポストカードの販売など、展示から派生する展開にもご注目ください!なお、会期中は通常チャージ料金がかかります。ゆっくりお飲み物を飲みながらお楽しみください。


【出展作家】
銀龍堂 /SCARA /おぐり /吉村眸 /SPICE /渕岡康子 /宮田佳奈 /真姫-maki- /エリザベス /minami kana /FREAKS CIRCUS /実石礼奈 /倉持伊吹 /†h† Hiro /横田沙夜 /MARQUIS JAPAN /長崎堂 /さト吉 /アシケンタ /ショウ /Eri /美少女 /田島皐月 /りょう from ちん個展 /越智紫 /Carrie Empire /Dollhouse Noah /アルヴィス市ヶ谷 /ヒキムスビ /寺山俊治 /寺田楓 /川口エリー /PARANOID ANDROID /やまげ /白翠皇夜 (順不同・敬称略)
2011.01.30(20:53)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
110130c.jpg

【 ピアノdeシネマ 音楽と体感する、サイレント映画『肉体と悪魔』 】
会場: いちかわ西洋館倶楽部 日時: 2011年2月11日(金) 17:00 start(16:30open) 19:30終了予定
会費: 3000円(完全予約制・ドリンク付)
出演: 柳下美恵 yanashita mie(ピアノ) ゲスト: 淺井カヨ asai kayo(日本モダンガール協會代表)

大正時代のモダンな洋館・いちかわ西洋館倶楽部で、サイレント映画をピアノの音色と共にお楽しみいただきます。今年は、絶世の美女グレタ・ガルボの「肉体と悪魔」。冬の西洋館にガルボが妖艶なメロディで甦り、モガが当時のファッションを語ります。不透明なこの時代、透明なサイレント映画と由緒あるお屋敷でのひとときを是非…。


肉体と悪魔 Flesh and the Devil
幼なじみのレオとウルリッヒ。成長した二人は、フェリシタスと出会い、友情が変化していく…。美しい風景、豪奢な屋敷そしてガルボの妖しい魅力をご堪能ください。

1926年/アメリカ/モノクロ/111分/DVD(提供:IVC)/日本語字幕付

監督:クラレンス・ブラウン
主演:グレタ・ガルボ(フェリシタス)、ジョン・ギルバート(レオ)、ラルス・ハンソン(ウルリッヒ)


予約予約・お問い合わせ: いちかわ西洋館倶楽部 tel 047-322-2012 /ラピス・ラズリ tel 070-5546-5294 Mail mie.yanashita@mbc.nifty.com
2011.01.30(20:42)|イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
110130b.jpg

【 上田風子個展 Lucid Dream 】
場所: 渋谷 Bunkamura Gallery 期間: 2011年2月2日(水)~2月13日(日)

甘くて苦い、少女たちの不条理な憧憬―
 ここではない別の世界を想像する。子供の頃、誰もが現実とはかけ離れた自分だけの世界を持っていました。大人になった私たちは、いつしか現実の世界だけを当たり前に、あるいは強制されて生きています。

 Lucid Dreamとは明晰夢(めいせきむ)のこと。睡眠中に「これは夢だ」と自覚しながら夢を見続ける状態のことです。上田風子の創作はこの明晰夢に近いといいます。絵筆の先で夢の世界に触れたとき、自分の想像を超えるイメージが氾濫し、舵がきれず翻弄される瞬間、どこでもない場所へ無限に接近できるというのです。
 描かれる夢の中の少女たち…。そこには現実でも非現実でもない暴力性やセクシュアリティが孕み、ナンセンスなユーモアが現れます。

 本展は、2011年2月に芸術新聞社より刊行される上田風子初の画集「Lucid Dream」の発売を記念して開催します。会場では、画集に掲載されている1999年の初期作品から新作まで年代を追って展示し、2007年に制作した8 枚の襖からなる茶室「パノラマ ~浅い夢深い眠り~」の大作も設置します。もちろん来場者は、茶室内へ入って鑑賞することができます。

 薄暗く、そして少し湿った空気が漂う上田風子の世界。見ず知らずの住人たちは息を潜め、私たちを引きずり込むことでしょう。


上田風子サイト: [ * F u c o U e d a * ]
2011.01.30(20:20)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
110130a.jpg

【 谷敦志個展~男のポートレート~ 】
場所: 渋谷 ポスターハリスギャラリー 期間: 2011年2月18日(金)~2月27日(日)
*2月20日(日)15:00~谷敦志トーク&ライブフォトイベント(ゲスト:森馨)

ゴシック、フェティッシュ、エロティックな作風で知られる写真家、谷敦志が男性のポートレートに挑みます。現時点で山口椿、植島啓司、山野一、林文浩、東學・・・といったアーティスト、文化人から市井の人々まで、20人から30人ぐらいのポートレートがポスターハリスの壁を埋め尽くす予定となっております。谷さんの得意とするヌードを禁じ手とすることで、彼本来のスタイリッシュなテイストとその人の内面までも写し出すような力が浮き彫りになってきているように思います。


企画制作: Produce Unit SELECT プロデュース: 三島太郎
2011.01.30(20:09)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon