上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
四谷シモン 人形日記 (コロナ・ブックス 159)四谷シモン 人形日記 (コロナ・ブックス 159)
(2011/03/17)
四谷 シモン

商品詳細を見る

「エコール・ド・シモン」展30周年記念出版。人形制作から下町巡り、酒と料理、夢、旅……。日々の活動を記録した人気ブログをビジュアルに再構成。自作自演、シモン・ワールド全開。



もうすぐ絶滅するという紙の書物についてもうすぐ絶滅するという紙の書物について
(2010/12/17)
ウンベルト・エーコ、ジャン=クロード・カリエール 他

商品詳細を見る

インターネットが隆盛を極める今日、「紙の書物に未来はあるのか?」との問いに、「ある」と答えて始まる対談形式の文化論。東西の歴史を振り返りつつ、物体・物質としての書物、人類の遺産としての書物、収集対象としての書物などさまざまな角度から「書物とその未来について」、老練な愛書家2人が徹底的に語り合う。博覧強記はとどまるところを知らず、文学、芸術、宗教、歴史と、またヨーロッパから中東、インド、中国、南米へとさまざまな時空を駆けめぐる。


スポンサーサイト
2011.03.30(22:45)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
お嬢様学校少女部 卒業記念アルバム (TH ART Series)お嬢様学校少女部 卒業記念アルバム (TH ART Series)
(2011/03/25)
胡子

商品詳細を見る

架空の学校で少女たちは遊ぶ。
純粋な黒髪の少女たちの学校というコンセプトのもとに集まった少女たちの、「部活動」や「遠足」「文化祭」「身体測定」などさまざまな活動を記録。さらに校歌なども収録し、卒業アルバムを模した異色の写真集!!

白丸襟、白靴下、本革靴下留め、黒ストラップシューズ…。どこにもない国で、どこにもいないお嬢様たちが繰り広げる学校行事。そっと覗いていたい…。
――飯沢耕太郎(写真評論家)

校歌作詞&特別寄稿:松永天馬(アーバンギャルド)


2011.03.28(20:40)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
110327a.jpg

【 丹仁弘・桑原弘明 二人展 Des Kiinstlers Handwer Kerseele 】
場所: 銀座 スパンアートギャラリー 期間: 2011年4月4日(月)~4月16日(土)

丹仁弘・桑原弘明 二人展「Des Kiinstlers Handwer Kerseele」ドイツ語で意味はおよそ「職人気質」。大きなキャンバスに描きだすのは世界にきらめく繊細な光。小さな胡桃の中に創りだすのは光にあふれる異国の世界。対照的な作品の組み合わせ。乞うご期待!
Twitter/スパンアートギャラリー


関連ログ: 桑原弘明 展
2011.03.27(21:55)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
幻視者のリアル (幻想ミステリの世界観) (キイ・ライブラリー)幻視者のリアル (幻想ミステリの世界観) (キイ・ライブラリー)
(2011/03/24)
千街 晶之

商品詳細を見る

中井英夫や皆川博子の著作に代表される絢爛たる「幻想ミステリ」の数々。読者を惹きつけてやまない物語の真髄を、丁寧に解きほぐしていく──。第一部では幅広く幻想ミステリ全般について論じ、第二部では書き手について考察、第三部では個々の作品について解説するという構成で、作品・作家に深く迫る。それぞれ妖しくも美しい作品たちに魅せられた、ミステリ評論家として第一線で活躍する著者が、端正に織り上げた文章で贈る、渾身の集大成的幻想ミステリ評論集。



七人の鬼ごっこ七人の鬼ごっこ
(2011/03/19)
三津田信三

商品詳細を見る

秘密の場所が結びつけた子供たち。彼らは成長し、それぞれの生活に追われていた。そんな中、懐かしい人物からの電話が、彼らが封印したはずの記憶を蘇えらせた。ひとり、またひとりいなくなる…。電話のベルは死の鬼ごっこの始まりの合図なのか?メンバーの一人であるホラーミステリ作家が、この不可解な事件に巻き込まれていく―。


2011.03.26(22:34)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
110326a.jpg

【 甲秀樹展「蝶と少年の物語」 】
場所: 渋谷 ポスターハリスギャラリー 期間: 2011年4月2日(土)~4月11日(月)

絵画、人形、コラージュ、作品に描かれた蝶や昆虫の標本も合わせて展示されるそうです。DMの少年の蝶々標本、こんなコレクションがもし出来るなら……、と妄想が膨らみます。

甲秀樹サイト: HIDEKI KOH ONLINE
2011.03.26(21:59)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
大変残念なことですが、何度もお世話になっていた新宿 ブックサロン「オメガ - OMEGA」が4月末で閉店するということと、それに伴い閉店セールが行われることがお知らせされました。

【在庫放出セール第一弾】
日時: 2011年3月27日(日)14時~19時
料金: 3,000円(アルコール、ソフトドリンク飲み放題)

閉店作業が進むオメガでは、
在庫の一部を放出する、閉店セール第一弾を行います。

古書市場の50~80%くらいの価格帯で放出を行います。
ぜひこの機会に足をお運びください。

放出予定は以下の通りです。
エロティシズムをテーマとした
コアなラインナップの放出となります。

エディシオン・トレヴィル20冊
奇譚クラブ100冊
風俗奇譚100冊
ロマン文庫100冊
性風俗・エロティシズム関連書20冊
以上です。
ロマン文庫は金子國義さん装丁本も一律500円で放出。

書籍代金にイベントチャージとして
飲み放題3000円がかかります。

お酒を飲みながら
エロティシズム溢れる放出書籍をお楽しみください!

もちろんお酒を飲みに来るだけでも大歓迎です!


2011.03.23(20:40)|イベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
倒錯の偶像―世紀末幻想としての女性悪倒錯の偶像―世紀末幻想としての女性悪
(1994/04)
ブラム・ダイクストラ

商品詳細を見る

一世紀前の上流階級の人々が抱いた、危険な幻想であふれんばかりの書。映画やコマーシャルの世界に氾濫する女性イメージの起源を世紀末絵画のうちに読み解き、三百枚を越す数多くの珍妙な図版を収録する。



美学への招待 (中公新書)美学への招待 (中公新書)
(2004/03)
佐々木 健一

商品詳細を見る

二〇世紀後半以降、あらゆる文化や文明が激しく急速に変化しているが、藝術の世界も例外ではない。複製がオリジナル以上の影響力を持ち、作品享受も美術館で正対して行うことから逸脱することが当たり前になってきている。本書は、藝術が、いま突きつけられている課題を、私たちが日常抱く素朴な感想や疑問を手がかりに解きほぐし、美と感性について思索することの快楽へといざなう、最新の「美学入門」である。



綺想の表象学―エンブレムへの招待綺想の表象学―エンブレムへの招待
(2007/12)
伊藤 博明

商品詳細を見る

ホラティウスの“詩は絵のごとく”は、ルネサンスに読み替えられて“絵は詩のごとく”として受容され、その理想的表象としてエンブレムが舞台に登場する。詩句が図像の意味を説明し図像が詩句の内容を図解するエンブレムは、「絵は黙せる詩、詩は語る絵」の理想的表現であり、そこに湧出する機知に満ちた綺想は、「諸表象間の照応を表現する知解力の働き」であった。


2011.03.21(22:10)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
一昨日、電車の窓から差し込む光に俯いていた顔をあげると、橙色に染め上げられた空と燃えるように赤い太陽が目に飛び込んできた。これまでに見たことがあっただろうかと思う程に美しい夕焼けだった。ついさっき、空を見上げてみたら、しんとした夜の空気のなかで、研ぎ澄まされた刃のように凛として、磨き上げられた鏡のように冴え冴えと、輝く月があった。それはやっぱりとてもとても美しくて、何の言葉も持っていないわたしには、ただ美しいとしか言えないけれど、この記憶や胸に去来した想いは絶対に忘れることはないと、忘れたくはないと思った。
2011.03.19(23:13)|日常コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
110319a.jpg

【 《菫色の文法》展 vol.1 ~ルネ・ヴィヴィアンの寢臺~ 】
場所: 銀座 ヴァニラ画廊 期間: 2011年3月21日(月)~4月2日(土)

ベル・エポックの巴里に生き、「菫のミューズ」といわれた夭折の詩人ルネ・ヴィヴィアン。その詩風と性向(同性愛)から「ボードレールの娘」「1900年のサッフォー」とも呼ばれ、死と孤独を冷徹にみつめた蒼ざめた詩を遺しました。存在の翳なるものに痛々しいまでに向き合ったヴィヴィアンのポエジーを、九人の女性作家がヴィヴィアンの姉妹として多彩に描き出します。


【出展作家】
Guest Artisits
浅野勝美(鉛筆画) /佐分利史子(カリグラフィ) /須川まきこ(ペン画) /染め花 Horry(コサージュ) /鳥居椿(水彩画) /横井まい子(油絵)
Members of Sumire Ribbon Club
古川沙織(ペン画) /森馨(人形) /ミストレス・ノール(服飾・オブジェ)

【特別イベント 《菫色に囁くちひさな朗読会》】
日時: 3月26日(土)14時~ 入場無料
詩の朗読と蓄音機の奏でる音楽の午後、ベル・エポックの退廃を追想するささやかな会です
*展示は通常通りご覧頂けます
2011.03.19(22:47)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
110316c.jpg

【 FK#6"美少年展" 】
場所: 京都市 Factory Kyoto 期間: 2011年3月18日(金)~3月26日(土)
* クロージングパーティー 3月26日19:00より 参加費500円

美少年のコンテクストを西洋並みにもつ日本(平家物語の敦盛、小姓、江戸時代の若衆、高畠華宵や山口将吉郎等が描いた美少年画、稲垣足穂の少年愛の美学など同性愛の形でなく衆道の主従関係)美少年とはセクシャルであるけれど神聖であり侵さざる存在。そういう一瞬の刹那を切り取った作品を集めました。美少年の素晴らしさと刹那性をより多くの人と分ち合いたいと考えています。是非会場まで御足運び下さい。


【出展作家】
アカチヨまゆ /池田真子 /岩永菜美 /大中もも /おすし /木津翔太 /キャリー・エンパイア /黒川ナイス /シカトコ /瀬尾レイ /立花奈央子 /西坂のどか /palo /fuwa /miii /向田馨 /村上仁美 /陽 /Rei (敬称略)
2011.03.16(22:31)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
110316a.jpg
特選和牛菩薩

110316b.jpg
鶏の花嫁

ギャラリーサイト: Ohshima Fine Art
2011.03.16(22:18)|アートコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
魔女遊戯 (集英社文庫)魔女遊戯 (集英社文庫)
(2011/02/18)
イルサ・シグルザルドッティル

商品詳細を見る

アイスランド大学のコピー室でドイツ人留学生ハラルドが、両目を抉られた絞殺死体で見つかった。祖父の莫大な遺産をつぎ込み、異常な熱心さで魔女研究に没頭していた被害者を、呪い殺すように殺めた犯人の目的とは?両親の依頼で事件を調べ始めた女弁護士トーラは、次第に魔女の火刑、奇怪な古書が絡むグロテスクな謎に嵌り込んでいく。全世界が注目の斬新な歴史ミステリ、日本初登場。



もののけ草紙 4もののけ草紙 4
(2011/03/05)
高橋 葉介

商品詳細を見る


怪しき我が家 家の怪談競作集 (MF文庫ダ・ヴィンチ)怪しき我が家 家の怪談競作集 (MF文庫ダ・ヴィンチ)
(2011/02/25)
皆川博子;福澤徹三;南條竹則;黒史郎;宇佐美まこと;雀野日名子;田辺青蛙;朱雀門出;神狛しず;金子みづは

商品詳細を見る

怪談怪談専門誌『幽』10号に掲載された小特集「怪しき我が家」は、テーマを設定しての怪談競作として話題となり、怪談の書き手たちから参戦の狼煙が次々とあがった。「家」は自分の住む場所であり、外敵から自分を守ってくれる「城」でもある。その「家」が怪異の舞台になったとき、人はどうやってその恐怖から逃れるのか?どんな家にも、その家の者にしか分からない「秘密」がある。その家の者にしか「知ることが禁じられた」恐怖がある。人に知られることを避けながら、一方で誰かに知ってもらうことでしか逃れられない「秘密」……「血」に導かれ浮かび上がる「怪談」。究極のテーマにベテランから新人までがしのぎを削る怪談競作集、第三弾。執筆陣は皆川博子、福澤徹三、南條竹則、黒史郎、宇佐美まこと、雀野日名子、神狛しず、田辺青蛙、朱雀門出、金子みづは、東雅夫。


『魔女遊戯』はテーマに惹かれて購入。アイスランド発ミステリを読むのは初めてで楽しみです。高橋葉介の『もののけ草紙』は4巻が発売されていたので書店で購入。雑誌ホラーMが廃刊となりデジタル版での連載がまとめられた一冊です。『怪しき我が家 家の怪談競作集』は大好きな皆川博子さまを始め豪華な執筆陣。じっくり読みたいです。
2011.03.09(22:15)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
110308a.jpg
「食べて。」

OMEGAボックス展』で拝見した川口ヱリーさんの作品が嗜好に添っていてぐっときたので、ポストカードを購入したのです。切断された手足に、切り裂かれ引き摺り出された腸。生々しい傷口のうえは甘そうな生クリームのコーティンングが施されていて、溢れ出る血は赤く可愛らしい苺と混ざり合い、美味しそうなケーキに仕上がっている。膝下を切断された足に並んでいるマカロンもこれまた美味しそう。女の子が、食べられる側として在りつつも、挑発的な眼差しを投げかけながら微笑んでいる、主導権の逆転も好みです。

川口ヱリーサイト: Erie Kawaguchi illustration-site
2011.03.08(22:03)|アートコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
110306a.jpg

【 中村趫・写真展 メランコリアの楽園 】
場所: parabolica-bis[パラボリカ・ビス] 期間: 2011年3月19日(土)~4月9日(土) *水曜休館
入場料: 500円

ヴィクトリアンアンダーグラウンドパフォーマンスグループ Rose de Reficul et Guigglesの写真等、退廃ゴシックな世界観を表現されている写真家中村趫氏の個展が19日から開催されます。
2011.03.06(21:21)|展覧会メモコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
シューマンの指 (100周年書き下ろし)シューマンの指 (100周年書き下ろし)
(2010/07/23)
奥泉 光

商品詳細を見る

シューマンの音楽は、甘美で、鮮烈で、豊かで、そして、血なまぐさい――。
シューマンに憑かれた天才美少年ピアニスト、永嶺修人。彼に焦がれる音大受験生の「わたし」。卒業式の夜、彼らが通う高校で女子生徒が殺害された。現場に居合わせた修人はその後、ピアニストとして致命的な怪我を指に負い、事件は未解決のまま30余年の年月が流れる。そんなある日「わたし」の元に、修人が外国でシューマンを弾いていたいう「ありえない」噂が伝わる。修人の指にいったいなにが起きたのか――。
野間文学賞受賞後初の鮮やかな手さばきで奏でる書き下ろし長編小説。



秘密結社 (講談社学術文庫)秘密結社 (講談社学術文庫)
(2010/10/13)
綾部 恒雄

商品詳細を見る

人間社会にあまねく存在する「秘密」。メンバー共通の利害と連帯感からなる「集団」。そこに加入するための「儀礼」。それらをあわせ持つ「秘密結社」の起源と実態を文化人類学の泰斗が解き明かす。アメリカ社会とK・K・K、暗殺教団と去勢教徒、幕末維新とフリーメーソン、モーツァルト作品に描かれた「秘儀」などのほか、「世界秘密結社事典」を収録。


2011.03.06(20:44)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
110304a.jpg

寺嶋真里監督映画『アリスが落ちた穴の中 Dark Märchen Show!!』のART ALBUM+DVDが3月19日にペヨトル工房から発売することが決定致しました。定価は7,800円です。発売を記念してパラボリカ・ビスで上映会が行われます。

【 アリスが落ちた穴の中 Dark Märchen Show!! ART ALBUM+DVD発売記念上映会 】
場所: 浅草橋 parabolica-bis[パラボリカ・ビス] 日時: 2011年3月20日(日) 19:00open/19:30start
入場料金: 予約1,500円 当日2,000円 *ご予約はパラボリカ・ビスで受け付けております。

作品上映後には、監督寺嶋真里氏による写真家・中村趫氏とマメ山田氏とのミニトークショーも企画されているとのことです。

公式サイト: アリスが落ちた穴の中 - Dark Märchen Show!!
2011.03.04(22:03)|DVDコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ミステリマガジン 2011年 04月号 [雑誌]ミステリマガジン 2011年 04月号 [雑誌]
(2011/02/25)
不明

商品詳細を見る


弧の増殖 夜刀浦鬼譚弧の増殖 夜刀浦鬼譚
(2011/01/31)
朝松 健

商品詳細を見る

電波を媒介とした戦慄のクトゥルー譚ここに開幕!!太古の因習の痕跡をとどめる巨石と最先端のメガ・サーバー施設を備えた電波塔。古の遺物と現代の叡智という対照的な2つの建造物が丘の上で奇妙に共存する“千葉県夜刀浦市”には、さまざまな都市伝説が存在した--。電磁波が引き起こす神経症、頭のない幽霊の出現、死んでいない猟奇殺人鬼etc……。寺の鐘を思わせる音をたて、メガ・サーバーが運転を始めたとき、異次元の扉は開かれ、町に阿鼻叫喚の一夜が訪れた!!


ミステリ・マガジンは漫画家・高橋葉介特集。
2011.03.02(22:34)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
110302a.jpg

【 おとぎ話の世界。 】
場所: 横濱浪漫館 期間: 2011年3月26日(土)~4月10日(日) *火水木・休館日

【出展作家】
岩室恵子(創作人形) /宇野亞喜良(絵画・創作人形) /オカムラノリコ(創作動物人形) /おぐらとうこ(創作人形) /Omake-Wonder-World(ぬいぐるみ) /くるはらきみ(創作人形) /黒木こずゑ(絵画) /題府洋子(創作人形・ドールハウス) /野村直子(絵画・創作人形) /廣瀬幸(創作人形) /ヒロタサトミ(創作人形) /深瀬優子(絵画) /松田珠江(創作人形) /三浦悦子(創作人形) /山吉由利子(創作人形) (敬称略)
2011.03.02(22:24)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。