芸術新潮 2012年 08月号 [雑誌]芸術新潮 2012年 08月号 [雑誌]
(2012/07/25)
不明

商品詳細を見る

幽霊は怖い。だけど、それだけじゃない。
日本独特の幽霊を描いた絵に、私たちはずっと惹かれてきた。妖しい美しさに魅了されたり、辛い物語にせつなさを感じたり、圧倒的な力づよさに胸をときめかせたり、ときにはそのユーモラスな造形に癒されることも。
円山応挙、河鍋暁斎、葛飾北斎――この世に未練をのこして逝ってしまった人々を、歴代の絵師たちはどんな想いで描いてきたのだろう。
この特集では、現代の幽霊画を描かせたら右に出るものなしの日本画家・松井冬子さんが新作幽霊画を描きおろし、日ごろから霊と親しみ交信するエッセイスト・辛酸なめ子さんが圓朝の幽霊画コレクションと対面、日常にかいまみえる妖しの世界を描き出す現代美術家・束芋さんが、謎の幽霊画を観に大阪のお寺を訪ねました。もうすぐあの世の霊たちが戻ってくる季節。この世の美女たちと一緒に、幽霊画の世界を覗いてみませんか。



海獣の子供 5 (IKKI COMIX)海獣の子供 5 (IKKI COMIX)
(2012/07/30)
五十嵐 大介

商品詳細を見る

「本番」が、始まる。生命の宴が、始まる。

洞窟の奥で、「空」とも思える影と邂逅を果たした琉花。その後現れた「海」は、琉花が飲み込んだ「隕石」を自ら引き受け、琉花を海上へと導く。そこで始まったのは――「本番」。ジムやアングラードが、海や空が、全ての生き物が、地球と宇宙が待ち望んだ、「本番」。その圧倒的な光景を、琉花はひとり目撃する……。
漫画家のみならず各回著名人がこぞって激賞、漫画家協会賞やメディア芸術祭など数々の栄誉にも輝いた、五十嵐大介初長編連載にして最長連載作品、ついに完結!



幽麗塔 3 (ビッグ コミックス)幽麗塔 3 (ビッグ コミックス)
(2012/07/30)
乃木坂 太郎

商品詳細を見る

麗子現る。死者として生者として誰として。

死んだはずの麗子が現れた。自らの義母を磔(はりつけ)にして殺した、麗子。事件後、神戸港で遺体として見つかった、麗子。その麗子が、何故・・・・・・その存在は、何・・・そして、誰・・・麗子、「死番虫」、そして麗子の元婚約者・本城志郎。この3者の関係が見えてくるほどに、そして幽霊塔の謎が明かされるほどに、「死番虫」の殺意は膨張し、天野らに向けられる。


『海獣の子供』は完結。海の描写には圧倒されます。作品内で示されているようにすべてはシンプルでわたしたちはただ目撃したのだと、そう受け止めた最終巻でした。『幽麗塔』は物語の数々の秘密が明らかになりこれからの展開が非常に楽しみです。ああ、個人的な嗜好からテツオさんが好きでたまりません……。
2012.07.31(21:22)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
120731a.jpg

【 幻獣展 Exhibition Fantastic Beast 2012 】
場所: ギャラリーロイヤルサロンギンザ 期間: 2012年8月6日(月)~8月11日(土)

幻獣をライフワークとする画家レオ澤鬼主導によるシリーズ個人企画
(タイアップ:ギャラリーロイヤルサロンギンザ)。

<発会以来数多の参加者を迎えながら歴史を有する魅惑的な展観を続けている。ここ数年は幻想芸術の俊秀達を揃え、増々見応えのある正に「幻獣ショーケース」となっている。>

【解題】

西欧中世以来、宮廷では珍奇な動物、畸形者、不思議な品々が世界中から蒐集された。それが博物学の母体となり、方や動物園や植物園へと発展し、それぞれの学となった。<想像を絶するものが見たい>という欲望は、今やUMA(未確認動物)の探求となり、空想動物学と踵を接している。「人は見た事がないものは想像出来ない」というが、『幻獣』は、見てはならぬものや、エロスや神話のアイテムとして、永遠に想像の自由を保証し続けるだろう。何故なら、虚々実々を愛する人間自身が、『幻獣』そのものであるかも知れないのだから。

『幻獣』を愛する9人のアンソリット(奇想)を何卒ご高覧下さい。


【参加作家】
レオ澤鬼 /村田らむ /田中章滋 /Toru Nogawa /根橋洋一 /佳嶋 /黒木こずゑ /高田美苗 /浅野勝美 (敬称略)
2012.07.31(21:13)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
世にも奇妙な人体実験の歴史世にも奇妙な人体実験の歴史
(2012/07/06)
トレヴァー・ノートン

商品詳細を見る

性病、コレラ、寄生虫……人類の危機を救った偉大な科学者たちは、己の身を犠牲にして、果敢すぎる人体実験に挑んでいた!
自身も科学者である著者は、自らの理論を信じて自分の肉体で危険な実験を行い、今日の安全な医療や便利な乗り物の礎を築いた科学者たちのエピソードを、ユーモアたっぷりに紹介します。
解剖学の祖である十八世紀の医師ジョン・ハンターは、淋病患者の膿を自分の性器に塗りつけて淋病と梅毒の感染経路を検証しました。十九世紀の医師ウィリアム・マレルは、ニトログリセリンを舐めて昏倒しそうになりますが、血管拡張剤に似た効果があると直感。自己投与を続けて、狭心症の治療薬として確立するもとになりました。二十世紀、ジャック・ホールデンは潜水方法を確立するために自ら加圧室で急激な加圧・減圧の実験を繰り返し、鼓膜は破れ、歯の詰め物が爆発したといいます。
その他にも放射能、麻酔薬、コレラ、ペストなどの危険性の解明に、自らの肉体で挑んだマッド・サイエンティストたちの奇想天外な物語が満載。その勇気と無茶さに抱腹絶倒するうち、彼らの真の科学精神に目を開かされる好著です。


2012.07.29(16:25)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
120725a.jpg

【 『Another』へのオマージュ - 眼球と少女たち - 】
場所: 渋谷 Bunkamura Gallery 期間: 2012年8月15日(水)~8月29日(水)

見えざるものを見る~眼帯・隻眼・義眼―...
異能の眼を持つ少女、ミサキ・メイをモチーフにした総勢23作家による幻想の饗宴

新本格派ミステリーの旗手として高い評価を持ち、ホラーとミステリーと幻想文学を癒合させた独特の作風で世代を超えた人気を誇る、作家・綾辻行人氏の著作『Another』(角川書店)は本年初旬にTV アニメ化され好評を得、今夏には実写映画化され角川・東宝系にて全国ロードショー公開されます。
 
 『Another』。ヒロインである眼帯の少女ミサキ・メイは幼少の頃、左目を失ったことから、球体関節人形作家である母の作った青い瞳の義眼を埋め込まれるのです。その隠された瞳で「この世ならぬモノを視る」運命を得、実在と非実在のギミックを交えながら学園で起こる怪奇現象の謎をといてゆく、学園ホラーミステリー。
 
 本展は、『Another』本編のヒロイン、眼帯の少女ミサキ・メイをモチーフに、広義の「隻眼」、オッドアイの義眼で捉える「見えざる風景」を主題にした絵画・立体作品による競作展。原作にインスパイアされながらも囚われず、より大きくイマジネーションを広げてゆける個性を持った、各分野で活躍する20余名の作家陣による、平面作品から球体関節人形などの立体作品、写真、絵画、イラストレーション等を展覧・販売します。
 
 見所として、人形作家の恋月姫が映画『アナザー Another』作品内のために制作したビスク製の球体関節人形と、その作品群を映画内のイメージに併せてインスタレーションをします。空間演出は、『球体関節人形展-イノセンス』(東京都現代美術館)の菊地拓史。


【出展作家】
立体
井桁裕子 /菊地拓史 /恋月姫 /佐藤珠子 /HIROKO Daisy-D /ヒロタサトミ /藤原カクセイ /三浦悦子 /森馨 (敬称略)

平面

宇野亜喜良 /小岐須雅之 /江津匡士 /七戸優 /杉本一文 /諏訪敦 /高田美苗 /建石修志 /寺田克也 /トレヴァーブラウン /二階健 /野村直子 /山本タカト /児嶋都(企画プロデュース) (敬称略)

小説『Another』の世界観がとても好きだったので、今展示が楽しみです。
2012.07.25(21:34)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
無惨絵 新英名二十八衆句 (ビームコミックス)無惨絵 新英名二十八衆句 (ビームコミックス)
(2012/07/25)
丸尾末広、花輪和一 他

商品詳細を見る

幻の血まみれ画集、四半世紀近くの時を経て、衝撃の復刻。

丸尾末広、花輪和一、世界に並ぶ者なき孤高の天才絵師ふたりが、腕によりをかけて描き出した、無残の歴史に名を残す二十八名、血塗られた肖像画集。伝説の書として古書価が高騰している画集を、蠱惑的な特別仕様のポスター・ブックとして、待望の、切望の、熱望の、新生。美しく麗しき悪夢で、貴方の部屋を飾ることのできる時が、ついに。



よいこのための吾妻ひでお Azuma Hideo Best Selectionよいこのための吾妻ひでお Azuma Hideo Best Selection
(2012/07/25)
吾妻 ひでお

商品詳細を見る

吾妻ひでお究極のベスト選集。第3弾の監修者は、熱心な吾妻ファンとして知られる漫画家とり・みき。総作品数500以上の中から厳選されたマニア魂溢れるセレクト、ディープな解説も収録!


2012.07.24(22:06)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
魔術的イマジネーション〜超自然への幻想 (トーキングヘッズ叢書 No.50)魔術的イマジネーション〜超自然への幻想 (トーキングヘッズ叢書 No.50)
(2012/07/31)
アトリエサード

商品詳細を見る

神話や錬金術の例を出すまでもなく、超常的なものへの探求は、人間の想像力を育んできた。袋小路の現代こそ、こうしたイマジネーションが必要なのではないか?



女の子を殺さないために 解読「濃縮還元100パーセントの恋愛小説」女の子を殺さないために 解読「濃縮還元100パーセントの恋愛小説」
(2012/03/01)
川田 宇一郎

商品詳細を見る

村上春樹の謎を解く
恋愛小説はなぜ女の子を殺してきたのか----。村上春樹作品に流れ込んだ「女の子殺し」のコードを解析。川端康成→庄司薫→村上春樹の系譜が「セックスと女の子」を物語に埋め込んだ秘密とメカニズムを探る、大型書き下ろし評論!

女の子を大量に殺してきた小説は、連続殺人の推理小説でも、呪いのオカルトでもありません。実は恋愛小説です......。なんていうと奇妙に感じますか?
----<本文「はじめに」より>

装画:浅野いにお


2012.07.21(22:21)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
120718a.jpg

【 ZAHIR ~虎であり、天球儀であり~
完全視野協会・GANZFELD・GEMEINSCHAFT 絵画・書・オブジェ展 】
場所: 初台 画廊・珈琲 Zaroff 期間: 2012年7月19日(木)~7月31日(火) *水曜日定休

ZAHIR(ザーヒル)とは貨幣であり、虎であり、天球儀であり、石理であり、井戸の底であると、ボルヘスは美しくも透明な一篇の物語を捧げて語った。
眼球そのものがひとつのカレイドスコープに変じる幻惑的な世界は、未成の視覚に新たな項目をもたらすだけであろうか。
キメラ的な視覚は、見えざる物の脅威を倍化するにすぎないのだろうか。


完全視野協会・GANZFELD・GEMEINSCHAFT(浅野信二古賀 郁鈴木陽風田中章滋)とは
http://ifaa.cc/artist/zahir/setumei.html
2012.07.18(21:04)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ゆきしろ、ばらべに―少年傑作集―ゆきしろ、ばらべに―少年傑作集―
(2012/07/03)
鳩山郁子

商品詳細を見る

「美しい世界は表裏一体。
恐ろしいことが起こらぬように起こらぬようにと願いながらもページを繰る手が止まりません。」
―中村明日美子

少年作品の名手・鳩山郁子、待望の傑作集。
描き下ろし「ゆきしろ、ばらべに」に加え、「ニオラの黒い騎士」「ルケッタ」「すみれとピッケルハウベ」「白い金平糖の島」など珠玉の小・中篇と、1987年発表の貴重な初期作品「少年ロンド」を特別収録。
刹那にのみ許された「少年の季節」を封じ込めた、宝石のような傑作集、ついに登場です。

※綴じ込み付録:描き下ろしポストカード


鳩山郁子さまの新刊です!
2012.07.17(21:45)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
120716b.jpg

【 Cafe Gallery 幻 開店企画 薔薇十字団・艶子二人展 『まぼろし』 】
場所: 千駄木 Cafe Gallery 幻 期間: 2012年7月13日(金)~7月21日(土) ※19日(木)休業

幻。ぼんやりと、戯れるように、儚いけれど、鮮やかに。

2012年7月13日の金曜日「Cafe Gallery 幻」は開店します。
土地のつながりは震え傷つき、「モンパルナス」も「トキワ荘」もウェブ上へ移った今、なぜ?
「カフェギャラリー」という言葉はあまり意味が無いかもしれない。ほかに適切なものが見つからなかった。

好きなことをする。やりたいことをやる。作りたいものを作り、見たいものを見る。
やりたいことをやるのは、簡単なようで勇気がいる。
やり続けるとなれば、さらに。

そもそも「やりたいこと」とは?
わからない。いや、思い出せない。
あの頃、ひとり自分の体内をぐるぐる歩きまわり、心臓に頭をぶつけているだけで一日が終わった。
あの頃には戻れない。けれど今、あの頃以上のものが作れるだろうか?
くだらなくてとびきり幸せな日常にさいなまれ、前に進めない。

自分をだまさないように。本当に大切なことを見失わないように。
何かを始めるのに、遅すぎることも早すぎることも無い、と誰かが言っていた。
清くも、正しくも、美しくもなれない。
それでも、今を続けよう。

幻。ぼんやりと、戯れるように、儚いけれど、鮮やかに。
過去。現在。未来。
会期が終わっても、この店が作品となるだろう。
たとえ歴史に残らずとも、たとえ世界を変革できずとも。
傷つきながら、美しく人生を棒に振るために。
涙しながら、微笑むために。
幻のような今を、いつか思い出してこう叫ぶために。
『時よ止まれ、おまえは美しい!』

Cafe Gallery 幻 代表 小林義和


【出展作家】 薔薇十字団(挿画家、幻 代表) /艶子(写真家、幻 店長)

Cafe Gallery 幻
2012.07.16(22:14)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
120716a.jpg

【 「私小説の表現展」 -9人の画家による- 】
場所: 大阪 ギャラリーベルンアート 期間: 2012年7月19日(木)~7月28日(土)

【出品作家】
伊豫田晃一 /谷神健二 /中川知洋 /根橋洋一 /Toru Nogawa /西牧徹 /三柳智子 /桃田有加里 /Nos (敬称略)
2012.07.16(17:45)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
毒のある美しい植物: 危険な草木の小図鑑 (アルケミスト双書)毒のある美しい植物: 危険な草木の小図鑑 (アルケミスト双書)
(2012/02/21)
フレデリック・ギラム

商品詳細を見る

イギリスの毒のある草・木・キノコを植物画家の美しいスケッチとともに紹介。トナカイはベニテングタケを好んで食べ、北欧少数民族サーミのシャーマンはその尿に含まれた幻覚成分を摂取することで「空を飛ぶ」。きわめて毒性の高い植物を取り上げ、その外観、中毒症状、解毒法、さまざまなエピソードを満載した。「毒を以って薬と為す」の言葉通りに多くの毒性植物が、古来は薬草、今は医薬品に姿を変えて役に立っていることに驚かされる。



魔女の薬草箱魔女の薬草箱
(2006/04/01)
西村 佑子

商品詳細を見る

魔女と薬草がどうむすびついてきたか、そこにのみこだわって「魔女の薬草」を紹介している。140枚以上の貴重な図版と写真を掲載。


2012.07.12(23:55)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20120712a.jpg

【 近藤宗臣個展「Horror Feast」 】
場所: 大阪 Terror Factory 期間: 2012年7月12日(木)~7月24日(火)

近藤宗臣氏の描き出す世界は七色の暗闇色に彩られている。
怪奇、幻想、悪夢、狂気、そして遊び心が複雑に混ざり合い、混沌の渦となって見る者の心を侵食し、虜にする。
これは良く出来たホラー映画に似ている。
彼自身、数々のホラー映画を見て育ち、造詣も深い。創作の源流の一つは間違いなくそこにある。
今回、彼はそのホラー映画を題材にした作品群を発表する。
自らの根っこに立ち戻り、そこから生み出した新しい闇の数々。震え慄きながら楽しもうではないか。

宇津呂鹿太郎(作家・怪談師)


近藤宗臣(SAWSIN)サイト: SAWSIN’S INFERNO
2012.07.12(23:48)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
それは私と少女は言った (KCx(ITAN))それは私と少女は言った (KCx(ITAN))
(2012/07/06)
タカハシ マコ

商品詳細を見る

その美少女は、幼く美しいまま死を選んだ。
 奇跡のような美少女、鳥子が自ら死を選んでから3年。その瞬間に居合わせ、やがて高校生になった5人の少女達。敵視した少女、憧れていた少女、比べた少女、真似をした少女、崇拝した少女……。それぞれがそれぞれに巡りあう、自分の中の“鳥子”。多感な心が揺れ動き、少女の美は何度でも甦る。


2012.07.10(22:03)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
120708a.jpg

【 Emeth - 球体関節人形・絵画 5人展 - 】
場所: 西麻布 NOEMA images STUDIO 期間: 2012年7月11日(水)~7月15(日)

静寂だけに満たされた書架の中

ひとつの呪文によって集いしものたち。

いま赦されて、饒舌な物語がはじまる。


【参加作家】
雨沢聖 /荒井黒陽 /小林絵美 /神宮字光 /槙宮サイ (敬称略)

公式サイト: Emeth
2012.07.08(22:10)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
120704a.jpg

【 菊地拓史 個展 「bricolage」 】
場所: 六本木 ストライプハウスギャラリー 期間: 2012年7月3日(火)~7月14日(土)

ーbricolageー
ブリコラージュ(bricolage)は。「寄せ集めて自分で作る」「物を自分で修繕する」こと。「器用仕事」とも訳される。元来はフランス語で、「繕う」「ごまかす」を意味するフランス語の動詞“bricoler"に由来する。


菊地拓史さまの個展が昨日より開催されています。

サイト: { Liquordelic _______________* }
2012.07.04(23:22)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
120701a.jpg

【 チャールズ・ラトウィジ・ドジスン教授の憂鬱 少女アリスとルイス・キャロルの不思議の国 】
場所: 恵比寿 ギャラリーまぁる 期間: 2012年7月3日(火)~7月15日(日)

イギリスの数学者にして、作家でもあるチャールズ・ラトウィジ・ドジスンがルイス・キャロルの筆名で1865年に出版した「不思議の国のアリス」。そして、「鏡の国のアリス」。 少女アリスが白うさぎを追って・・・。未知の世界への好奇心を駆り立てるこの物語の世界観を6人の作家が描いた作品展。

中原淳一氏のグッズの販売があります。


【参加作家】
宇野亜喜良 /北見葉胡 /城芽ハヤト /中村幸子 /野村直子 /吉田尚令 (敬称略)

特別出品参加: 中原淳一
2012.07.01(22:47)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon