上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
毒の目覚め 上 (創元推理文庫)毒の目覚め 上 (創元推理文庫)
(2012/08/25)
S・J・ボルトン

商品詳細を見る

その夏、英国の小さな村では蛇が異常発生していた。獣医のクララはある老人の死に疑問を感じる。死因は蛇の毒だが、1匹に咬まれたにしては毒の濃度が高すぎるのだ。さらに近所の家で、世界で最も危険と言われる毒蛇を発見する。数々の事件は、何者かの策略なのか?言い知れぬ恐怖と謎に挑む女性獣医の姿を圧巻の筆致で描きMWA賞受賞に輝いた、荘麗なゴシック・ミステリ。



毒の目覚め 下 (創元推理文庫)毒の目覚め 下 (創元推理文庫)
(2012/08/25)
S・J・ボルトン

商品詳細を見る

蛇をめぐる事件が村の静寂を破り、住人を脅かしていく。獣医であるクララは原因を調べはじめるが、たまたま知り合った老女、ヴァイオレット殺害の最有力容疑者として逮捕されてしまう。全財産をクララに譲ると書かれた遺言状が残されていたのだ。釈放された後、自分を窮地に陥れた犯人を懸命に追い続けるクララが辿り着いた驚愕の真相とは。英国ミステリの旗手が贈る新たな傑作。


スポンサーサイト
2012.08.31(22:17)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
120831b.jpg

【 夜想#ぬいぐるみ展 part1 】
場所: 浅草橋 parabolica-bis[パラボリカ・ビス] 期間: 2012年8月31日(金)~9月24日(月)
料金: 500円 *水曜日休館

創作ぬいぐるみが百体近くパラボリカ・ビスに集います。作家はそれぞれに個性を発揮し、類型は存在しません。
おそらくはテディベアから始まったぬいぐるみの歴史のこれまでが、多様性をもって展開されています。

いつも子どものそばにいたぬいぐるみ。哀しみや傷を癒す、ほわほわした手触りで、子どもたちの心のよりどころになってきました。ぬいぐるみの果たす役割は大人にとっても変わりません。友人であり、家族であり、互いに必要とされる関係。

ぬいぐるみは、最終日まで全員揃って展示されるので、作家それぞれの世界観、今この時代のぬいぐるみ観を一気に体感することができるでしょう。


【出展作家】
hippie coco 
大塚勝俊(ToyField) 
ミヤタケイコ

秋元机 /あけつん! /伊藤美奈子 /伊藤みよこ /今井昌代 /梅津恭子 /オカムラノリコ /坂田裕行 /杉 興安 /国本雅之 /谷川里砂 /CHiCHiTOHTOH /原 優子 /ホリサチコ /湊敦子 /よしえだ製作所 /yoshiyuki /渡辺利絵 /LIEN /みつばち@BabyBee /HIROKO /michiru /Lhiannan:Shee (敬称略)

その昔に”なぜ壊れた女の子はクマのぬいぐるみを抱くのか”というテーマで熱く考察したことなどを思い出しました。まだ『夜想 yaso』のぬいぐるみ特集号を購入していないので早く読みたいですね。特に今井昌代さまのぬいぐるみ作品のファンなので展示を伺うのが楽しみです。
2012.08.31(22:00)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
120831a.jpg

【 Toru Nogawa 個展 Sanctuary of darkness-闇の聖域- 】
場所: 銀座 スパンアートギャラリー 場所: 2012年9月3日(月)~9月15日(土) *日曜休廊

Toru Nogawaサイト: Eden Gallery
2012.08.31(21:43)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
LE THÉÂTRE DE A ~Aの劇場~LE THÉÂTRE DE A ~Aの劇場~
(2012/08/27)
中村明日美子

商品詳細を見る

人気No.1ゴスロリ専門誌『Gothic&Lolita Bible』に掲載されてきた、読み切りマンガなどを集めた傑作集。ハードカバー&オールカラー仕様の豪華装丁に新作の描き下ろし1話を含む、全16話を収録。



不思議というには地味な話不思議というには地味な話
(2012/06/06)
近藤 聡乃

商品詳細を見る

話題の現代アート作家、初のエッセイ集。

アニメーション作家にして漫画家、近藤聡乃が描く、ちょっと奇妙な怪奇現象(地味)。57編、すべてに描き下ろし挿画つき。著者としてはとっても長い、26ぺージの描き下ろし漫画も収録!!


2012.08.29(21:27)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
120827a.jpg

【 永井健一個展 『From Anne』 】
場所: 神戸 ロブジェキペピ 期間: 2012年9月1日(土)~9月9日(日) *4日(火)休業

永井健一ブログ: NAIKEN.のこぼれ色
2012.08.27(21:09)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
文学におけるマニエリスム  言語錬金術ならびに秘教的組み合わせ術 (平凡社ライブラリー)文学におけるマニエリスム 言語錬金術ならびに秘教的組み合わせ術 (平凡社ライブラリー)
(2012/08/12)
グスタフ・ルネ・ホッケ

商品詳細を見る

文学におけるマニエリスムの展開の諸相とその本体を、ヨーロッパ世界の厖大な作品のうちに追い求め、レトリックや文体論、神秘主義や錬金術、その他多種多様な領域を精神史的洞窟学が探査するとき、解体し断片化する世界と時代の別の光景が立ち現われる。美術史の局所からこの概念を解放し、精神史的“常数”にまで鍛造した鬼才ホッケの、種村季弘翻訳になるこの圧倒的書物、待望の再刊。『迷宮としての世界』姉妹篇。



屍者の帝国屍者の帝国
(2012/08/24)
伊藤 計劃、円城 塔 他

商品詳細を見る

フランケンシュタインの技術が全世界に拡散した19世紀末、英国政府機関の密命を受け、秘密諜報員ワトソンの冒険がいま始まる。日本SF大賞作家×芥川賞作家、最強コンビが贈る超大作。

早逝の天才・伊藤計劃の未完の絶筆が、盟友・円城塔に引き継がれて遂に完成!

2009年、34歳の若さで世を去った伊藤計劃。絶筆は、未完の長編『屍者の帝国』。遺された原稿は、冒頭の30枚。それを引き継ぐは、盟友・円城塔ーー

日本SF大賞作家×芥川賞作家ーー最強のコンビが贈る、大冒険長編小説。全く新しいエンタテインメント文学の誕生!

フランケンシュタインの技術が全世界に拡散した19世紀末、英国政府機関の密命を受け、秘密諜報員ワトソンの冒険が、いま始まる。


2012.08.26(22:32)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
120825a.jpg

【 人形師美少女 個展 『幻球楼 ~ファントム・スフィア・ベルヴェデア~』 】
場所: 中野 オメガアルゲア 期間: 2012年8月28日(火)~9月9日(日) *月曜定休

人間存在を一個の文章とみなした上で、それを「球体=助詞」で区切り再構成する表現を通じて、現実へのアクセスの再構築を図る展示。

初日は18時開場、最終日は18時までの観覧となります。初日と最終日はそれぞれオープニング・クロージングパーティを開催します。その他、各週末にはスペシャルイベントも開催予定です。


人形師・美少女ブログ: 上海乗風界水中心
2012.08.25(23:26)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
120822a.jpg

【 堀江ケニー写真展 時代へ 】
場所: 初台 画廊・珈琲 Zaroff 期間: 2012年8月23日(木)~8月28日(火) *水曜日定休

※8月25日堀江ケニーバンドによるミニ・ライブ開催!
時間: 午後7時開場、7時半開演
料金: ¥2,000 1ドリンク付 ご予約はzaroffにて

関連ログ: あや野・西川祥子・堀江ケニー個展 感想
2012.08.22(21:31)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
図説 死因百科図説 死因百科
(2012/06/21)
マイケル・ラルゴ

商品詳細を見る

「事実は小説より奇なり」
人はいつか死ぬ――そしてそこには死亡理由が必ず存在する。人間の文化やライフスタイルが多様化するにつれ、死因の種類も増加していった。おなじみの成人病や戦争などから、安楽死、厚底靴、巨大イカ、宇宙人、出会い系サイトまで……。膨大な死亡記録を渉猟した著者による、いっぷう変わった死因を集めた「読む事典」。245項目の死因を50音順に解説し、ミニコラムや図版を多数収録。
《2006年ブラムストーカー賞ノンフィクション部門受賞作》

† † † アメリカでは年間に――

3人がワニに食われて
30人がスカイダイビングで
40人がサソリに刺されて
143人が落雷で
1795人が救急車の事故で
3761人がマスターベーションで

――この世を去っている。
† † †


2012.08.22(21:03)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
120819a.jpg

ウサギ少女のアンニュイな表情にときめきました。

長谷亮平公式サイト: Ryohei Hase
2012.08.19(21:47)|アートコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
私は幽霊を見た 現代怪談実話傑作選 (文庫ダ・ヴィンチ)私は幽霊を見た 現代怪談実話傑作選 (文庫ダ・ヴィンチ)
(2012/08/24)
平山蘆江、火野葦平 他

商品詳細を見る

「私は幽霊をみた」の牧野吉晴の急逝に際して、師の佐藤春夫と友人の富沢有為男がそれぞれ体験した奇妙な出来事を哀惜とともに綴って印象深い「幽香嬰女伝」「ある寝室」をはじめ、遠藤周作、三浦朱門、柴田錬三郎、石原慎太郎から中岡俊哉、平野威馬雄、新倉イワオ、稲川淳二まで……戦後の昭和日本を震撼させた怪談実話の中から、極めつきの名作佳品を厳選した、待望の精華集。マニアからライト・ユーザーまで怪談実話ファン必携のバイブルとなること間違いなし。2012年夏――花火と盆踊りと精霊流しのざわめきとともに、怪談実話の歴史を本書が変える!


装幀画は山科理絵さまの作品です。
2012.08.17(23:24)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
120812a.jpg
via ‏@jf2002

【 鈴木弥栄子展 -少女蜜室- 】
場所: 東京 文京アート 期間: 2012年8月24日(金)~9月8日(土)

関連ログ: 少女性幻視画
2012.08.12(22:55)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
奇談蒐集家 (創元推理文庫)奇談蒐集家 (創元推理文庫)
(2011/11/19)
太田 忠司

商品詳細を見る

求む奇談、高額報酬進呈(ただし審査あり)。新聞の募集広告を目にして酒場に訪れる老若男女が、奇談蒐集家を名乗る恵美酒と助手の氷坂に怪奇に満ちた体験談を披露する。シャンソン歌手がパリで出会った、ひとの運命を予見できる本物の魔術師。少女の死体と入れ替わりに姿を消した魔人。数々の奇談に喜ぶ恵美酒だが、氷坂によって謎は見事なまでに解き明かされる! 安楽椅子探偵の推理が冴える連作短編集。解説=井上雅彦



ひばりの朝 1 (Feelコミックス)ひばりの朝 1 (Feelコミックス)
(2012/08/08)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る

手島日波里、14歳。 同い年の子どもより、肉感的な身体つき。 彼女を知れば、男はたいがい性的な感情を抱き、女はたいがい悪意の弾をこめる。 彼女に劣情を抱いている男や、片思いをしている少年、劣等感を抱く女、そして彼女をおとしめたい少女が、ひっそりと、かつエゴイステッィクに彼女について語り出す。 彼女にまつわる心理展覧図はどこまでも広がるが、真実の正体は誰が知るのか? 少女の正体は魔性か、凡庸か――『HER』を超える“怪作"誕生!



蜜ノ味 (Feelコミックス)蜜ノ味 (Feelコミックス)
(2012/05/08)
元町 夏央

商品詳細を見る

14歳の喜多ユウキは、綺麗な同級生・市橋ミツカに初恋にも似た気持ちを抱いていた。そんなある日、目にしてしまった彼女と教師の普通ではない情事。それは彼の心に残り続け、そして14年後――。 大人びた中学生時代から、波乱含みの結婚まで、ともに過ごした、あるいは見つめた人物の証言で綴る、ある女の人生。 気鋭・元町夏央、渾身の意欲作!


『奇談蒐集家』は連作短編小説。ストーリーの雰囲気も好みだが、なにより両性具有な麗人、氷坂のキャラクターに惹かれてしまいました。『ひばりの朝』は意図せず男性の性的欲情を喚起させてしまう少女ひばり、周囲が抱く彼女のイメージと彼女自身の視点からの大きな落差。まだ物語は続くのでひばりが本当はどんな少女なのか、真実のところはわかっていません。続きが気になります。『蜜ノ味』は、ひばりとは違い自意識から純度の高い”魔性の女”として市橋ミツカと彼女に翻弄された人々の物語。魔性こそが人格のミツカの振る舞いを楽しみました。
2012.08.10(21:32)|書籍コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
120805a.jpg

【 氏賀Y太×涼彦 人形狂愛展 『蜜子』 】
場所: 中野 オメガアルゲア 期間: 2012年8月14日(火)~8月19日(日) *月曜休廊

兄殺しの果てに蜜子が創り上げたもの。
それは、時を止めた兄人形との禁断の世界…

「兄」と暮らす女、蜜子。
兄への執念、常軌を逸した愛、純粋な狂気
それらが産んだモノとは…
今、ここに一つの世界が生まれ、そして永遠に閉じる――


猟奇漫画家・氏賀Y太氏と人形作家・涼彦氏による企画展。

氏賀Y太公式サイト: UZIGAWORKS
涼彦公式サイト: SUZUHIKO DOLL
2012.08.05(21:28)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
120801a.jpg

【 記憶の中の少女たち 】
場所: 横濱浪漫館 期間: 2012年7月28日(土)~8月12日(日) *火・水・木休館日

【参加作家】
イタクラヨウイチ(絵画) /宇野亜喜良(絵画) /遠藤亜矢子(ぬいぐるみ) /オカムラノリコ(創作動物人形) /小川香織(絵画) /おぐらとうこ(創作人形) /OZARU(創作人形) /金田アツ子(絵画) /カホ(創作人形) /かわい金魚(布花・文化人形) /くるはらきみ(創作人形) /黒木こずゑ(絵画) /サユリンゴ(創作人形) /せいこ(創作人形) /題府洋子(創作人形) /舘野桂子(創作人形) /田村陽子(創作人形) /寺田楓(絵画・版画) /鳥居椿(絵画) /to.ri.co(ミニドール・ドールハウス) /永見由子(絵画) /野村直子(絵画) /pure heart(テディベア) /ヒロタサトミ(創作人形) /藤田ななこ(創作人形) /藤本晶子(創作人形) /petica*pot(テディベア) /まちゅまゆ(絵画) /マツモトヒラコ(布人形) /まな(創作人形) /ままごと森(ミニドール) /miqi(ミニチュアレトロ玩具) /山本裕子(絵画) /山吉由利子(創作人形) (敬称略)

28日から開催されています。
2012.08.01(22:29)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。