ヴォイニッチホテル 2 (ヤングチャンピオン烈コミックス)ヴォイニッチホテル 2 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
(2013/02/20)
道満 晴明

商品詳細を見る


ベアゲルター(1) (シリウスKC)ベアゲルター(1) (シリウスKC)
(2013/02/22)
沙村 広明

商品詳細を見る

狂気か? 復讐か? 3匹の獣(めす)が牙を剥き合う…おんなの修羅場! ドイツ、中国、そして日本へ! 中国の売春街で起きた謎の殺人…それはやがて、日本の某・広域暴力団内部での現金盗難事件と結びつき、とある辺境の孤島にて、予期せぬ火花となり炸裂する! ネオ時代劇『無限の住人』大団円の余韻に浸る間もなく、沙村広明が渾身で描く、背徳のエンタテインメント。著者の大好物であるチャイナドレスが、縦横無尽に冷酷非常に舞い戦う、情慾(エロス)と暴力(バイオレンス)の完璧な融合…これが“叛逆ずべ公アクション”だ!!


『ヴォイニッチホテル』の2巻が気付いたら発売されていたので慌てて購入。『ヘルゲルター』は文句なしの面白さです。2巻が待ち遠しい。
2013.02.28(22:58)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
130227a.jpg

130227b.jpg
Camille Allen


「卵の中で僕は生まれた 卵の中で僕は育った 何か違うと思いながらも 卵の世界で 僕は生きてる」と、谷山浩子さんの『卵』という曲の歌詞を口ずさんでしまう今日この頃。「卵の殻を破らねば、雛鳥は生まれずに死んでいく。雛は我らだ、卵は世界だ」これはアニメ『少女革命ウテナ』に出てくるセリフですね。「鳥は卵の中からぬけ出ようと戦う。卵は世界だ。生まれようと欲するものは、一つの世界を破壊しなければならない。」ヘルマン・ヘッセ『デミアン』の小説に出てくる言葉です。前記の少女革命ウテナのセリフはこちらのパロディとなっています。 「孵化しなかったタマゴがまちがえてゆでられて食卓に出される 死んだヒヨコは黒い あれはぼく あれは世界 なにもかもこわさなきゃ はやく目を覚まさなきゃ 死んでしまうまえに」萩尾望都『エッグ・スタンド』より引用。萩尾望都作品の中でも取り分け好きな短編漫画であります。

さあ、Camille Allen氏の作品、卵の殻のなかで眠る赤子の人形画像を見つめながら、暫く卵というワードに浸ろうではないか。
2013.02.27(23:01)|画像コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
少女系きのこ図鑑少女系きのこ図鑑
(2012/11/09)
玉木えみ

商品詳細を見る

「少女系きのこ」って何! ?

森の中にポツンと、時には群れをなして生えているいろいろな形・色のきのこたちは、どこか可憐でちょっぴり不安げ、そしてほんのりと恥らっているような佇まい。……まるでかわいらしい少女のように見えてくるではありませんか!

そんなきのこ少女たちによる愛すべき「きのこ図鑑」、どうぞお楽しみください。

かわいくて、タメになる!? 「少女系きのこ」図鑑!!
●図鑑形式で使える!
所属、食毒グラフ、キノコのサイズや性質、そのキノコが登場する文学作品からの引用文など、盛りだくさん!

●少女系きのこ擬人化イラスト、フルカラー105点掲載!
どのページを見てかわいくて頬がゆるんでしまうキノコ擬人化の少女たち、なんと107人(全105点)掲載!

監修・序文に、きのこ文学研究家・きのこ切手収集家として知られる飯沢耕太郎氏(写真評論家)!


擬人化されたきのこ少女たちの愛らしさにやられました。現在、ジュンク堂書店池袋本店 9Fにて『少女系きのこ図鑑』原画展が開催中とのこと。観に行きたいな。

ブログ: 『少女系きのこ図鑑』
2013.02.27(22:19)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
130224a.jpg

【 アリス幻想綺譚
~異端アーティストたちによる、耽美で妖しい『不思議の国のアリス』~ 】
場所: 渋谷 Bunkamura Gallery 期間: 2013年3月1日(金)~3月10日(日)

小さな少女を追いかけて描く、異色のワンダーランド

 『不思議の国のアリス』は、イギリスの数学者にして作家であるチャールズ・ラトウィッジ・ドジソンが、「ルイス・キャロル」の筆名で1865年に出版した児童文学です。主人公の「アリス」がうさぎを追ってラビットホールに落ち、そこで奇妙な出来事やキャラクターに遭遇し、パラドクスが混在したファンタジーの世界を冒険する物語。本文には、パロディ(なぞなぞ、ゲーム、駄洒落)が多く含まれ、言葉遊び、論理学、夢(精神分析)に関する多くの論点をはらむ作品として、世界文学史上で特筆される作品となっています。

 突然現われる登場人物や、意味が分かるようで分からない言葉。それらは非現実ではなく、当時の子供の目線を具現化したもので、夢とユーモアで溢れているかと思えば、辻褄が合わないなどの不安要素もあり、我々を不条理の恐怖へと導くのです。「アリス」が招くこの世界は、人々に錯覚をもたらし、刊行から約150年が経つ今も我々を不思議の迷宮へと誘い、謎を問いかけます。平衡感覚を失い、型にはまった常識や習慣も通じないこの国は、実は多くのジレンマを持つ現代人が求める、至福と夢の場所となっているのかもしれません。

 本展は、この空想の少女に魅了された40余名の作家が、独自の解釈と感性から生み出す絵画から立体作品までを幅広く展開。不思議で可愛らしく、時には怖い不条理と幻想が入り交ったミステリアスな世界をお届します。「アリス」がうさぎを追いかけたように、「アリス」の後を追いかけてみませんか?


【出品予定作家】
アオガチョウ /浅野信二 /味戸ケイコ /東逸子 /亜由美 /愛実 /宇野亜喜良 /大友暢子 /小川香織 /佳嶋 /金子國義 /木原未沙紀 /黒木こずゑ /甲秀樹 /児嶋都 /沢渡朔 /清水真理 /J・テニエル /空山基 /高田美苗 /多賀新 /高橋千裕 /建石修志 /たま /土井典 /Toru Nogawa /トレヴァー・ブラウン /中嶋清八 /丹羽起史 /野村直子 /長谷川友美 /樋上公実子 /深瀬優子 /町野好昭 /三浦悦子 /mican /宮崎郁子 /向川貴晃 /村田兼一 /森馨 /山本タカト /横田沙夜 /吉田光彦 (敬称略)
2013.02.24(22:32)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
130220a.jpg

【 web展覧会 中井結展「森の劇場」 】
公開場所: ヴリル協會 展覧会場入口 公開期間: 2013年2月16日(土) ~3月8日(金)

ヴリル協會さまによる中井結さまのweb展覧会が開催されております。“web展覧会”という試みが面白く、今後の展開にも期待しております。
2013.02.20(22:45)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
130216a.jpg
小川香織 赤いりぼんの行方(右)

130216b.jpg
上田風子 向日葵の家~母

【 パンドラの箱 】
場所: 日本橋 みうらじろうギャラリー 期間: 2013年2月12日(火)~3月3日(日) *月曜日休

全能の神ゼウスが作らせた最初の女性パンドラ。開けてはいけない箱を開けてしまったパンドラ。しかし、箱から飛び出したのは本当は災いだったのではなく、男を凌駕する才能だったのではないか。アートシーンでその才能をいかんなく発揮する女性作家の作品を展示いたします。


【出展作家】
井村一巴 /上田風子 /小川香織 /草間彌生 /合田佐和子 /Pengyun (敬称略・五十音順)

12日から開催されております!
2013.02.16(22:39)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ピース・オブ・ケーキとトゥワイス・トールド・テールズピース・オブ・ケーキとトゥワイス・トールド・テールズ
(2012/01/31)
金井 美恵子

商品詳細を見る

物語とドレスと映画と記憶と夢に祝福された言葉の宇宙。“読む快楽・書く快楽”に充ちた前代未聞の小説。



澁澤龍彦訳 幻想怪奇短篇集 (河出文庫)澁澤龍彦訳 幻想怪奇短篇集 (河出文庫)
(2013/02/05)
澁澤 龍彦

商品詳細を見る

数々のフランス幻想小説の系譜の中でも、サドからネルヴァル、トロワイヤまで、怪奇・恐怖・神秘を主題に書かれた珠玉の澁澤訳作品群を、オリジナル編集。どれも、時代を感じさせない新鮮味のある作品で、とくに文庫版初の『共同墓地』(トロワイヤ著)全篇を収録。澁澤の翻訳の絶妙な味わいを堪能できる一冊。



コンパス・ローズ (ちくま文庫)コンパス・ローズ (ちくま文庫)
(2013/02/06)
アーシュラ・K. ル=グウィン

商品詳細を見る

高度に管理された世界で、反社会的科学者の夫と短い平穏な日々を過ごす「わたし」。一方、南大西洋と西部太平洋には新たな陸塊が海中から出現しつつあって…「ニュー・アトランティス」/精神異常を判定し、収容施設に送りこむSQテスト。世界中に広まったテストにより、被検者の半数が収容施設に…「SQ」/ジャンルを越えた20の短篇が紡ぎだす、「精神の海」を渡る航海者のための羅針盤。


2013.02.12(22:57)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
130211a.jpg

【 エロス&タナトス -女が仕掛ける謎- イヂチアキコ 真条彩華 成田朱希 】
場所: 銀座 スパンアートギャラリー 期間: 2013年2月12日(月)~2月23日(土) *日曜休廊

死生観というものを考えると時、根本的な男女の違いによって生じる幻想や必要以上の賛美、そして誤解のようなものがある気がする。そこで、これも幻想かもしれないが、女にしか知り得ない、表現できない何かがあるのではないか。「生」と「死」は隣り合い、重なり、表裏一体となって私達に信号を送る。そこから女は何に触れ、何を直感し、何を描くのか。三様の女が並ぶことで、またそこに謎が生まれる。本当のことは見えなくなる。いや、すべて本当かもしれない。女の性から出発する終り絵の道行きに、ぜひご同行ください。


2013.02.11(22:08)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
アートで見る 医学の歴史アートで見る 医学の歴史
(2012/10/19)
ジュリー・アンダーソン、エマ・シャクルトン 他

商品詳細を見る

見たこともない驚嘆の画像!
美術品から書籍、工芸品まで、膨大なコレクションから厳選された究極の医学図集。解剖学、病理学、薬学など、数千年の医学史を400点以上の図版でたどる。

数千年前の呪術から現代の遺伝子治療まで、世界中の貴重な医学図像を豊富に集めた豪華ヴィジュアル総覧!

人体への驚異的な執念
解剖学、病理学、薬学、治療法、予防法など、数千年におよぶ長い医学の進歩と歴史をたどる。
◆収録図版オールカラー、400点以上。世界中の珍しく貴重な絵画や人体模型、立体写真、最新電子顕微鏡の画像などを一堂に集めたかつてないベスト・コレクション!
◆人体と医療、そして美術に関心のあるすべての読者に図書館及び医療その他の専門機関に

[豪華な出典・執筆陣]
図版コレクション出典 ウェルカム・コレクションについて
本書の図版は、医学の進歩と医学史の理解を目標とした慈善団体であるウェルカム財団のコレクションをおもな出典としている。ヘンリー・ウェルカムはアメリカ西部の奥地に生まれ、製薬会社の訪問販売員を経て、1880年に渡英して製薬会社を設立して事業を続けるかたわら、世界中を旅し、さまざまな医学関係の美術品、書物などの蒐集に熱中した。亡くなる時のコレクションは100万点を超えたといわれる。


2013.02.07(22:12)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
神隠しと日本人 (角川ソフィア文庫)神隠しと日本人 (角川ソフィア文庫)
(2002/07)
小松 和彦

商品詳細を見る

神隠しは現実世界を覆う癒しのヴェールである。

かつて日本人は、自分たちが住む世界の向こう側に「異界」があると信じており、これが失踪事件の悲惨さを覆い隠すヴェールとなっていた。先行研究の少ない神隠しに焦点をあて、現在失われつつある異界について考察。


2013.02.07(22:10)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
130203a.jpg

【 金子國義展 -遊戯の果てに- 】
場所: 渋谷 Bunkamura Gallery 期間: 2013年2月9日(土)~2月17日(日)

快楽と背徳の果てにあるもの

 誰もが日本の経済復興の奇跡を確信した1960年代、美術界においては前衛芸術と呼ばれる刺激的な作家たちが多く輩出されました。金子國義はその激動の時代を過ごし、三島由紀夫、澁澤龍彦、唐十郎、四谷シモン、コシノ・ジュンコといった時代の寵児たちと共に、アヴァンギャルドと称され、独自の美学と表現力を瞬く間に開花させたのです。その領域は絵画に留まらず、写真や着物のデザイン、2005年には十八代目中村勘三郎襲名披露口上に続き、六代目中村勘九郎襲名の舞台美術を手掛けるなど、その活躍は多岐に渡ります。
 
 金子はマルキ・ド・サドやバタイユなどのエロティシズム文学や聖書に深く傾倒した作品や、不思議の国のアリスの挿絵など、絶大な支持を受けてきました。倒錯した端正な青年や、可憐で秘密めいた少女たち。人間の潜在的な本能と欲望を、時に妖しく、時に優美に描き、その根底にある「異端」と「聖なるもの」を危ういバランスで解放させます。そしてその果てに現れる誰もが認めざるを得ない本質的な美。そのパラドックスこそが、背徳の密の味であり、幻想と異端の世界へ私たちを誘うのです。
 
 Bunkamura Galleryにて6回目となる本個展では、待望の新作及び近作・旧作の油彩画やリトグラフ作品を展覧販売します。聖なるものと相反する悪徳の狭間を行き来する遊戯の果てに現れる崇高なエロティシズムをご覧下さい。


2013.02.03(23:35)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon