夢幻諸島から (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)夢幻諸島から (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
(2013/08/09)
クリストファー・プリースト

商品詳細を見る

時間勾配によって生じる歪みが原因で、精緻な地図の作成が不可能なこの世界は、軍事的緊張状態にある諸国で構成されている「北大陸」と、その主戦場となっている「南大陸」、およびその間のミッドウェー海に点在する島々〈夢幻諸島〉から成っている。最凶最悪の昆虫スライムの発見譚、パントマイマー殺人事件、謎の天才画家の物語……。死と狂気に彩られた〈夢幻諸島〉の島々には、それぞれに美しくも儚い物語があった。語り/騙りの達人プリーストが年来のテーマとしてきた〈夢幻諸島〉ものの集大成的連作集。英国SF協会賞/ジョン・W・キャンベル記念賞受賞作。



新装版 普遍の鍵新装版 普遍の鍵
(2012/08/22)
パオロ・ロッシ

商品詳細を見る

ユダヤ神秘主義、スーフィズム、新プラトン主義などが混沌たる〈知〉の坩堝を作っていた13世紀スペインで、
天啓博士ライムンドゥス・ルルスの「結合術」〈アルス・コンビナトリア〉は誕生した……9個のアルファベットの組み合わせで宇宙という巨大な〈書物〉を解読せんとしたルルスの思想は、ギリシャ・ローマ以来の「記憶術」、さらにヘルメス・カバラの魔術的伝統と混交しながらルネサンス、宗教改革以降のヨーロッパ思想に甚深な影響を与え続けてきた。本書は今日まったく顧みられることのないこの「結合術」の系譜を資料に即して解明、ブルーノ、ベーコン、デカルト、コメニウス、ライプニッツ等を通し百科全書思想、世界劇場構想、薔薇十字運動、普遍言語構想などを生み出してゆく経緯を解明する、驚異と知的興奮に満ちた思想・科学史研究の名著である。


2013.09.29(22:22)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
130927a.jpg

【 横田沙夜個展 『ふたりの王女さま』 】
場所: 浅草橋 parabolica-bis[パラボリカ・ビス
期間: 2013年10月4日(金)~10月28日(月) 入場料: 500円

横田沙夜 Sayo Yokota
2013.09.27(22:08)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
130923a.jpg

【 安蘭展 「Dämonisch」(デモーニッシュ) 】
場所: 銀座 ヴァニラ画廊 期間: 2013年9月30日(月)~10月10日(木) *日曜休廊
料金: 500円

「デモーニッシュとはどんな概念にも、ましてどんな言葉にも捉えきれぬようなものである。〈神的〉でもなく、〈人間的〉でもない。そして〈悪魔的なもの〉でもなく、〈天使的なもの〉でもない。それは〈偶然〉と〈神の摂理〉のようなものであり、無意識の領域に働く捉え難い超人間的・超自然的な力により、悟性や理性では解き明かし得ないものの事であり、我等を支配しているものである」(ゲーテ)

「人間的」「神的」「悪魔的」「天使的」「美」「醜」など、全ては表裏一体であり、またどれでもない。その概念を超えた存在を目の当たりにした時に、人の心は深い畏怖の念と甘美な陶酔を感じることが出来るのでしょう。聖性の発現に見出された作品たちを是非御高覧下さい。


2013.09.23(20:51)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
親衛隊士の日親衛隊士の日
(2013/09/20)
ウラジーミル・ソローキン

商品詳細を見る

2028年に復活した「帝国」では、皇帝の親衛隊員たちが特権を享受していた。貴族からの強奪、謎のサカナの集団トリップ、蒸し風呂での儀式など、現代文学のモンスターが放つSF長篇。



美術シンボル事典美術シンボル事典
(2013/09/07)
ヒルデガルト クレッチマー

商品詳細を見る

〔蝶〕は変容と復活のシンボル、〔鍵〕は聖ペテロの持ち物……、西欧美術に欠かせないシンボルや持ち物について簡潔に解説。


2013.09.19(21:53)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
130916a.jpg

130916b.jpg

130916c.jpg

先月、友人と日本橋で開催されている『アートアクアリウム 2013 ~江戸・金魚の涼~』を観てきた。人工的に演出された光に照らされ、様々な趣向を凝らした水槽のなかで、輝きながら優雅に泳ぐ金魚の群れ。今年は大奥をモチーフとした巨大水槽も披露され、その華やかな様子は大層わたしたちの目を楽しませてくれた。
帰路にて、金魚の美とはなぜこうも妖艶であり、時として淫靡にさえ感じるのか、という話題を友人と話した。交配に交配を重ね、鑑賞用としてつくられたゆえに与えられた魔性。そもそも鑑賞を目的とした生き物を創り出そうとする、その、『自然』に反旗を翻した人間の、業深い情念から産まれた生き物に、全く『自然的』ではない美しさが齎されることは至極『自然』だ。だからこそ金魚は人工的な空間であればあるほど、その魅力がいかんなく発揮されるのでないか。金魚の歴史とは、背徳と禁忌の匂いに包まれているのだ。

台風の到来とともに、久しぶりに岡本かの子『金魚撩乱』を再読したく、先ほどから自室の本棚を探している。そんな休日の昼下がりである。
2013.09.16(15:20)|日常コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)
(2013/08/10)
公益財団法人 目黒寄生虫館

商品詳細を見る

本書は「世界で唯一の寄生虫の博物館」である目黒寄生虫館が、全面監修を行った寄生虫のビジュアルブックです。 カタツムリを中から操る「ロイコクロリジウム」、若い2匹が合体して死ぬまで離れない「フタゴムシ」、カマキリの腹から出てくる「ハリガネムシ」、シーラカンスと共に数億年を生きてきたと考えられる「ネオダクチロディスクス」(寄生虫館の館長が発見した寄生虫です)、発見された時は人喰い花と思われた「ラフレシア」等々、独自の戦略を立てて進化してきた寄生虫が取り上げられています。本書では、そんな寄生虫の不思議な生態と形態を、広く一般の方に楽しんでいただけるよう、軽妙な解説とドラマティックなイラストで描きました。 本書は装幀も大きな特徴です。本体は四六判変型上製、UVシルクスクリーン印刷のカバーイラストに押し上げ加工を施し、本書に収録されている虫たちが、まるで圧平標本(二枚のガラスで虫体を挟んで作る標本)のように浮き出ます。特製ケースに開いた穴からは、目黒寄生虫館のシンボルマークでもある「フタゴムシ」がのぞきます。寄生虫マニアの心を満たし、思わず家の本棚に飾っておきたくなる図鑑です。


2013.09.15(22:41)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
130915a.jpg

【 根橋洋一画集出版記念展「秘蜜の少女図鑑」 】
場所: 日本橋 みうらじろうギャラリー
期間: 2013年9月24日(火)~10月14日(月・祝) *月曜休廊(14日は開廊)

秘蜜の少女図鑑 (TH ART Series)秘蜜の少女図鑑 (TH ART Series)
(2013/09/06)
根橋 洋一

商品詳細を見る

関連ログ: 『プラショウの世界』、『ガクブチショー』
2013.09.15(22:33)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
130912a.jpg

【 日香里個展 『空もよう』 】
場所: 初台 画廊・珈琲 Zaroff 期間: 2013年9月12日(木)~9月17日(火)*水曜休館
2013.09.12(22:40)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
アックス 第94号 特集:鳩山郁子アックス 第94号 特集:鳩山郁子
(2013/08/25)
青林工藝舎

商品詳細を見る


鳩山郁子さん特集読み応えありました。鳩山郁子×中野シズカさんの対談は『少年』への偏愛を語る者にとっては必読の内容です。
2013.09.09(21:35)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
海賊女王(上)海賊女王(上)
(2013/08/22)
皆川 博子

商品詳細を見る

十六世紀。スコットランドの高地に牧童として生まれたアラン・ジョスリンは、十七歳で戦士集団に加わり、アイルランドに渡る。そこで出会ったのは、オマリーの氏族の猛々しくも魅力的な男たちと、赤い縮れ毛を短く切った、十歳の少女グローニャ。闘いと航海に明け暮れる、波瀾の日々の幕開けだった―。



海賊女王(下)海賊女王(下)
(2013/08/22)
皆川 博子

商品詳細を見る

属国支配を強めるイングランドに対して、アイルランドの氏族は内輪もめを繰り返し、団結することができない。息子を捕縛されたグローニャは、彼の釈放と暴戻な行政官の解任を要求すべく、ロンドンに向かう。毅然として時に妖艶な不世出の女海賊と、彼女の従者であり続けたアランを待ち受ける運命とは―。


2013.09.08(20:18)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
130903a.jpg

【 「わたしのアンデルセン」展 ~17人のアーティストが織りなすアンデルセンの童話世界~ 】
場所: silent music 中野区東中野5-11-2 期間: 2013年9月21日(土)~10月6日(日)

【Workshop & Event】
9月22日(日)  咲野めえこ 切り絵ワークショップ
13:00~16:00 (お茶とお菓子付)¥3000

9月23日(月祝) かわい金魚「小さいイーダちゃんの花ブローチ」
13:00~16:00  ワークショップ(お茶とお菓子付)¥3500

9月29日(日)  久保田恵子 ピアノ演奏&弾き語り
18:00~20:00 野村直子 朗読 & 人形パフォーマンス(プレゼント付)¥2000

【Artist】
青の羊 /イシイリョウコ /雲母りほ(きらりほ) /金田アツ子 /かわい金魚 /影山多栄子 /香凛 /黒木こずゑ /コトリ花店 /咲野めえこ /さっちぇり /SERAPHIM /永見由子 /野村直子 /深瀬優子 /ミストレス・ノール /山口めぐみ /他 オトメチカ洋菓子店 /音楽♪久保田恵子 (敬称略)
2013.09.03(22:49)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon