蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 冬のおもいで> 蝙蝠と蛞蝓の宴思考文章
> 冬のおもいで
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
幼い頃、母とお風呂に入るのが一日で最も好きな時間だった。母の眉間に刻まれた皺は湯のなかでほぐされて、優しい笑みを浮かべながらわたしのことを抱きしめてくれる。ふやけて柔らかくなった母の肌や乳房がぴったりと体に吸い付いて、立ち上る湯気と石鹸の香りを吸いながら、泣きたくなるほどの心地よさに恐ろしさすら覚えて、母に強くしがみついた。
あの頃に、わたしは幸福とはどういうものかを知り、時間は留まらずに過ぎてしまうということを知った。
冬至の日、湯舟に柚子を浮かべ、柚子の香りのなか温まっていると、少しだけあの頃の幸福と似ていると思う。ふやけた柚子の皮を少しかじってみると鼻の奥に懐かしい空気がすっと通り抜けていくかのようで、なんだか涙が出てしまうのだ。
2009.11.16(22:30)|思考文章コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。