蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> こだま美瑠兎 展> 蝙蝠と蛞蝓の宴展覧会感想
> こだま美瑠兎 展
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
091130a.jpg

【 こだま美瑠兎展 “ L'Image ” 】
場所: 大阪 乙画廊
期間: 2009年12月9日(水)~12月19日(土) *12日(土)17:00~レセプションパーティー

作家A・ロブ=グリエの妻、カトリーヌがジャン・ド・ベルグの偽名で書いた「イマージュ」50年代のフランスで発表直後に発禁となったこの問題作を、アーティストこだま美瑠兎が新しい感性をもって現代に甦らせます。甘美かつスタイリッシュなエロスをご堪能下さい。


サイト: MIRTO こだま美瑠兎ウェブサイト

こだま美瑠兎さんの作品を眺めていると(web上でしかまだ拝見出来ていないのだけれど)、作品内の人物はどんな香水をつけているんだろうとついつい想像してしまう。ゴージャスで、それでいてとっても甘い香りがするんじゃないのかな、と。女性が女性であるがゆえに与えられた物、それらを彼女たちはとても軽やかに、もっとも上等な手段で楽しんでいるように見える。お化粧にもファッションにも、きっとこれっぽちも妥協することはなくて、そんな姿は実に自由だ。
コケティッシュな顔立ちと豊満なバストに細く長い直線的な手脚を持つ女性たちが、ボンデージ要素の強い服装やアクセサリで身体を飾り、エロティックな遊戯に耽っている。その、線とフォルムの美しさは目を惹きつける。
かっこよくて愛らしくて、刺激的だけど甘くて、クラシカルで現代的。そんな女性たちが織り成す“こだま美瑠兎”の世界を堪能出来る日を楽しみにしている。

追記
スパンアートギャラリーで開催された『アリス百花幻想展』にてこだまさんの作品を直に見ることが出来ました。素敵でした。
2009.11.30(21:52)|展覧会感想コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。