蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 大阪旅行録> 蝙蝠と蛞蝓の宴日常
> 大阪旅行録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
1月16日の土曜から日曜日と大阪一泊旅行へ行ってきました。お昼過ぎくらいに新幹線で新大阪駅に到着、大阪駅直結のホテルにチェックインして荷物置いた後に近くの喫茶店でお茶。そして『エロス&タナトス CAVE collection』が催される乙画廊へと向かいました。

乙画廊では、澁澤龍彦の生原稿とサイン本、中井英夫、生田耕作のサイン本、金子國義のサイン本に油彩作品、アルフォンス井上銅版画、山本六三銅版画、レオノール・フィニ版画、こだま美瑠兎鉛筆画、谷敦志写真作品、などなど豪華で充実した展示品群に酔いしれました。こだま美瑠兎さんの大きな作品を直にみるのは初めてだったので、モニタ越しでは感じ取れない、鉛筆による微細な濃淡表現や繊細なタッチを堪能しました。

それから、アルフォンス井上さんの『マリオネット』と題された銅版画に心を打ち抜かれて購入。お給料日までは節約生活になりますが、届くのが楽しみです。

この日はレセプションパーティもあり会場は人と熱気に溢れていました。CAVEさん、こだま美瑠兎さん、海月さん、hugoさんとお会いしてビールを飲みつつ歓談。CAVEさん、こだま美瑠兎さんとは実際にお会いするのは初めてだったのでお話しすることが出来て嬉しかったです。海月さんからは、重複して持っているからと、きのこのムックを頂きました。きのこ好きなのです。

100119a.jpg

ふふふ、嬉しい!


それから、Rose de Reficul et Guigglesのお二人、谷敦志さん、SAWSINさんにご挨拶をしてしまいました。SAWSINさんからは作品のポストカードを頂きました。有難うございます。

パーティ後は、近くの居酒屋さんでの二次会に参加。そこでliliputさん、Nos.さんと合流。Nos.さんとも初めてお会いしたのですが、酔っていたので失礼なことを言っていないかと心配です。二次会では終始酔いが廻ってテンション上がりながら喋っていたので思い返して赤面したりも……。しかし、皆様からいろいろと貴重なお話しを聞くことが出来て興奮しつつ楽しい時間を過ごしました。

2日目は海月さんに車で送っていただき、兵庫県立美術館で開催されている山本六三展をみてきました。はぁ……素晴らしかったです。Bunkamura Galleryで開催された山本六三展も充実していましたが、今回はそれ以上の重厚さで圧倒的な作品量に感動しました。心底観ることが出来て良かったと思えた展示でした。

その後、珈琲舎・書肆 アラビクにも連れて行って下さり、中井英夫『虚無への供物』な気分で珈琲を頂きました。ちょうど朝日久美子さんの豆本展が開催されていて素敵な豆本を拝見することができました。山尾悠子の豆本が非常に欲しかったのですが非売品なので諦め、次に小栗虫太郎『黒死館殺人事件』の豆本も欲しいと思ったのですが既に予約済とのこと。全て完売されてしまったそうです。豆本の魅力に気づかされたひとときでした。

帰る前にはliliputさんに連れて行ってもらい二人で観覧車へ乗りました。乗ったものの二人とも高所恐怖症気味で、「怖い怖い」と下界の光景に戦きながら、ミステリツアーと廃墟ツアーに行きたいと語り合ったりしました。ぜひ実現したいです。

二日間、とても楽しかったので大阪を立つのが名残惜しかったです。お世話になった皆様、本当に有難うございました!
2010.01.19(23:54)|日常コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
こんばんわ!
先日は来阪お疲れ様でした。

色々と楽しんでいただけたようですね。
私も色々とお話が出来て楽しかったですよ。
「きのこ」も喜んでいただけて良かったです。

また一緒にあそびましょう。
From: 海月 * 2010.01.20 23:25 * URL * [Edit] *  top↑

こんにちは
先日は楽しい時間をありがとうございました♪
お逢い出来て嬉しかったです~
来週また山本六三展いってきます☆
From: MIRTO * 2010.01.21 13:40 * URL * [Edit] *  top↑

>海月さん
本当にいろいろとお世話になりました!
「きのこ」徹頭徹尾きのこで凄く楽しいです(笑)
またよろしくお願いします。
From: 古谷 葵 * 2010.01.21 19:59 * URL * [Edit] *  top↑

>MIRTO さん
お会いできて嬉しかったです!何気に緊張だったのです!!
山本六三展わたしもまた行きたいのですよー><
From: 古谷 葵 * 2010.01.21 20:03 * URL * [Edit] *  top↑

はじめまして
はじめましてこんばんわ。
記事の方、いつも楽しく興味深く拝見させていただいています羊の七歩と申します。
遅ればせながら最終日の30日に乙画廊に行きました。
どの作品も素晴らしくグルグル中を周って何度も釘付けになってしまいました。
私は山本六三さんの作品を初めて見たのですが、その世界観に惹きこまれてしまったので、まだ行けていない兵庫県立美術館の方にも足を運ぼうかと思います。

これからもフェティッシュな妄想を駆り立てる記事を楽しみにしています。
失礼します。
From: 羊の七歩 * 2010.01.30 19:08 * URL * [Edit] *  top↑

羊の七歩さん、はじめまして。
乙画廊での山本六三氏の作品素晴らしかったですね。
兵庫県立美術館の方は、後々にこれほどに充実した山本六三作品を鑑賞する機会はないのではないかと思えるほどに素晴らしかったので、是非是非お勧め致します。
嬉しいお言葉ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
From: 古谷 葵 * 2010.01.31 22:38 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。