蝙蝠と蛞蝓の宴書籍
> 欲しい本
バイロス侯爵画集―世紀末の甘美な夢 (京都書院アーツコレクション)バイロス侯爵画集―世紀末の甘美な夢 (京都書院アーツコレクション)
(1998/04)
山本 芳樹

商品詳細を見る

19世紀末から今世紀のはじめにウィーンとミュンヘンで大活躍したバイロス侯爵。ロココの優美な装飾性とアール・ヌーヴォーのデカダンを備えた耽美的な挿絵、蔵書票などの作品をカラー図版で紹介する。



西洋挿絵見聞録―製本・挿絵・蔵書票西洋挿絵見聞録―製本・挿絵・蔵書票
(2009/11)
気谷 誠

商品詳細を見る

ルネサンス期、アルドゥスがイタリック体で造った小型本から、総革装に幾何学模様・金箔押しのグロリエの装丁本、さらにロココ時代の艶笑本挿絵、ベル・エポック期に沈没したタイタニック号に積まれた宝石本など、西洋の挿絵・製本・蔵書票のエピソードを綴る。惜しまれつつ亡くなった著者最後のエッセイ。図版 170点収載。


2010.02.10(23:18)|書籍コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
こんにちは
「バイロス侯爵画集」懐かしいです。
その昔、ギャラリー美蕾樹で偶然ご一緒したこの本の編集者 岡本夏彦様より直接頂きました。
最近見直すと山本氏の直筆署名本で、その当時物の価値の判らぬ若輩だった私はちゃんとお礼も申し上げず失礼な事をしたと後悔しきりです。
この本は小版ながらとても充実している良書ですね。
京都書院も今は無く、良い仕事をする出版社が無くなるのはとても寂しいです。
From: 海月 * 2010.02.11 14:19 * URL * [Edit] *  top↑

先日、ヴァニラ画廊のバイロス蔵書票展、特別イベントのトークショーに参加した際に、内田市五郎様がバイロス侯爵のお墓の写真を見せてくださいました。生前、いつか行きたいとおっしゃりつつも実現することはなかった山本芳樹様の思いを叶えるため、山本芳樹様の名でお花がたむけられておりました。
直筆署名本、海月様の元で大切にされているのですね。いつか機会があれば拝見させて下さい。
わたしなどは、書物を知ってから今はその出版社は存在しないのだと知ることが多いのです。またなんとも寂しいものです…。


From: 古谷 葵 * 2010.02.11 22:57 * URL * [Edit] *  top↑

紀です。

私の持ってる京都書院「バイロス侯爵画集」は、
中古ショップで手にいれたものです。望んでいれ
ば、葵さんの手元にもいずれ巡ってきますよ。

同じアーツコレクションで、沼田元気さんの
NO.219「旅する少女の憩 箱根・湯河原編」は、
在庫が残っているようなので、目をつけています
今度、本屋さんで取り寄せ可能かを聞いてみよう
と思っています。取引事情が複雑な場合もありま
すからねぇ。在庫処理をしている出版社に再販を
してもらいたいですね。

それでは。
From:  * 2010.02.12 01:21 * URL * [Edit] *  top↑

本は今度お目に掛かる時忘れず持参いたします。

内田先生のお話とても良いですね。
生で拝聴したかったです。例のネタに使えそうなのでメモメモっと(笑)

京都書院の在庫はたまに見かけたりします。
京都文化博物館の中に楽紙館という紙屋があるのですが、そこの通路向かいに京都関係の本が置いてあり、京都書院の本もありました。

ただ「バイロス侯爵画集」があったかどうかは定かでないので、今度行ったら確認してみます。
From: 海月 * 2010.02.12 17:53 * URL * [Edit] *  top↑

>紀さん
望めば求める書物と巡りあえるとわたしも信じております(笑)
書店での取り寄せ、可能だと良いですね。書店によっては今現在販売されているのに取り寄せ出来なかったこともあったり、複雑な取引事情を不便に思ったことがあります。
バイロス関連の書籍を少しずつ集めていきたいなぁ。
From: 古谷 葵 * 2010.02.15 22:48 * URL * [Edit] *  top↑

>海月さん
>>今度行ったら確認してみます。
おお、有難うございます。また今年中に京都へ遊びに行けたらいいなぁとも思っているのですが、色々と素敵な場所があるのですね。
バイロス蔵書票トークショーは興味深いお話しも多く楽しかったのですが、どんどん細かい話を忘れてきてしまっていて、メモでも取っておくべきだったと反省しています。
またこのような催しがあると嬉しいですね。
From: 古谷 葵 * 2010.02.15 23:03 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon