蝙蝠と蛞蝓の宴展覧会メモ
> 幻想と異端の図書室 II
100429b.jpg

【 1960~1970年代
 日本のアヴァンギャルド 幻想と異端の図書室 II ―文学とアートのコラボレーション― 】
場所: Bunkamura Gallery 期間: 2010年5月12日(水)~5月19日(水)

日本の表現文化に革命が起こった、60~70年代のカウンター・カルチャー

2007年に開催し、多くの方にご好評頂いた「幻想と異端の図書室」。1960~1970年代、高度成長期の日本では社会に対する若者たちの不満が膨れ上がり、ヒッピー、ドラッグなどに象徴されるように、「カウンター・カルチャー」という言葉が生まれ、これまでの文化の概念が劇的に変貌を遂げました。それを牽引したのがマルキ・ド・サド著作の翻訳などを通じて数多くの「異端」文化を日本に紹介した澁澤龍彦や、その美学を終生支持し続けた三島由紀夫、実験的な演劇で一代ムーブメントを巻き起こした寺山修司、唐十郎でした。

本展では1960年代、日本のカルチャーシーンに多大な影響を与えた文学者や劇作家とその著作の挿画を手掛け「幻想」と「異端」の表現を試みた画家たちの書籍(初版本・希少本)、挿画本、版画、油彩、ドローイング、直筆原稿、サイン本、ポスター、蔵書票、写真など希少な作品から関連書籍を中心に展覧販売します。


【絵画・版画・オブジェなど】
赤瀬川原平 /荒木経惟 /アルフォンス井上 /井上洋介 /宇野亜喜良 /合田佐和子 /金子國義 /北川健次 /佐伯俊男 /中村宏 /多賀新 /森山大道 /山本六三 /横尾忠則 /四谷シモン /イオネスコ /バイロス /ビアズリー /フィニ /ベルメール 他

【書籍-初版本・限定本・稀少本・サイン本など】
唐十郎 /澁澤龍彦 /種村季弘 /寺山修司 /土方巽 /三島由紀夫 他
2010.04.29(22:28)|展覧会メモコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2010.04.30 10:47 *  * [Edit] *  top↑

ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
From: 古谷 葵 * 2010.05.01 12:28 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon