蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 欲しい本> 蝙蝠と蛞蝓の宴書籍
> 欲しい本
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
夢みる家具 森谷延雄の世界 (INAX BOOKLET)夢みる家具 森谷延雄の世界 (INAX BOOKLET)
(2010/09/10)
本橋 浩介小泉 和子

商品詳細を見る

33歳で夭折した家具デザイナー・森谷延雄(1893-1927、千葉県佐倉市生まれ)。20代後半に欧米へ留学して以来、わずか数年のうちに、研究、家具デザイン、執筆、教育など驚くほど膨大な仕事を成し遂げた。1923年の関東大震災後の復興期にあって、簡便堅牢という当時の室内装飾の潮流に逆行し、自身の理想を貫いた人でもあった。森谷のつくる家具は、まるで詩や童話の世界から飛び出してきたかのように可愛らしく繊細であり、中流家庭への洋家具普及を目指したグループ「木のめ舎」のシンプルな作品にもそのエッセンスは見て取れる。家具界において、森谷の詩的な世界観が投影された家具デザインは新鮮な驚きとともに今もなお稀有な存在だ。いったい何に感化され、どのような情熱で家具をつくったのか。本書では、独自の自由な表現を室内装飾に施した森谷延雄の人間像を、彼が残した数々の言葉をクローズアップしながら、現存する希少な作品群をとおして浮かび上がらせる。特に随所に施されたささやかな意匠を捉えたディテール図版からは森谷の繊細な感性が伝わる。専門家たちには、森谷の内面思考、武井武雄らによる大正時代に隆盛した児童図書に描かれた儚く美しい世界と森谷の仕事、また日本のデザイン史の流れの中での位置付けなど様々な視点からその人物と森谷式家具を考察してもらう。ときとして酷評をあびながらも、家具をもって自らを表現し続けた、森谷延雄のロマンティシズムを紹介する一冊。


2010.10.24(22:48)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。