蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> CODE:EROTICA> 蝙蝠と蛞蝓の宴展覧会メモ
> CODE:EROTICA
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
101026a.jpg

【 CODE:EROTICA ―背徳者たちが誘う、聖なる禁断の世界へ 】
場所: 渋谷区 Bunkamura Gallery 期間: 2010年11月6日(土)~11月15日(月)

時代に背き、その美を追求し続けた表現者たち
 
 西洋ではルネサンス期・宗教改革などを境に、厳しい戒律やモラルから解放され、あらゆる思想や表現に自由がもたらされました。そして、これまでタブー視されていたエロスの表現も開花され、それ以降、美術・文学では多くの傑作が生まれました。しかし一方では、時の権力や保守派の人間からは根強く抑圧の対象とされ、事あるごとに議論の的にされてきたのも事実です。

 エロティックの概念は時代や地域・文化によって異なるため、一律に定義することは難しいとされています。時にポルノグラフティや猥褻などと混同されつつも、それらとは一線を画し理想的で崇高な美の境地へと変貌を遂げてきました。それは常に潜在的に人間の根源にある欲求そのものであり、同時に極めて美しく普遍的なものなのです。そしてそれは、絶対者や禁忌(タブー)・戒律の存在に背反して初めて成就するとも言え、表裏一体の関係性でもあります。繊細で時に過激なエロスの表現は、賛否の中で汚されることなくその存在は確かなものへと昇華され、よりいっそうの美しさを放つのです。

 本展ではエロティシズムの解釈やその是非を問うのではなく、「リアリズム」「超現実」「記号化」「生と死」をキーワードにその定義を多方面から検証します。エロスを媒介し、人間精神の深淵に迫る普遍的なテーマを描き続けている作家たち。1960年代から敢えてタブーを犯し、時にはスキャンダルとされつつも現在に至るまで、己の表現に妥協を許さなかった彼らの妖しくも美しいエロスの世界に浸って下さい。


【出展作家】
秋吉巒 /アルフォンス井上 /池田龍雄 /イヂチアキコ /宇野亜喜良 /大友ヨーコ /勝国彰 /金子國義 /甲秀樹 /合田佐和子 /こだま美瑠兎 /沢渡朔 /城景都 /真条彩華 /空山基 /土井典 /長浜憲二 /中村宏 /野中ユリ /村澤美独 /森口裕二 /山本タカト /山本六三 /四谷シモン /ビアズリー /バイロス /ベルメール /イリナ・イオネスコ /モリニエ /トレヴァー・ブラウン /ゾンネンシュターン 他

出展作家さまのお名前を読んでいるだけで興奮してしまいますね。こう、毛布を抱きかかえてお布団の上をごろごろと転がってしまうような、堪らない衝動に襲われてしまいます。楽しみです。
2010.10.26(22:48)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。