蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 自己批判> 蝙蝠と蛞蝓の宴思考文章
> 自己批判
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑

雑誌で高級懐石料理とかフランス料理とかイタリア料理とかの紹介記事を読みながら、こういう綺麗な場所で毎日食べたいなあと思ってしまい、なんて身の程知らずなんだ!と自己反省しました。本来なら腐って蛆が湧いた馬肉でも齧ってるのが似合いの人間だというのにこれ以上高望みするとは何たる恥知らず。常に自覚的に生きなきゃいけませんね。そう思いながらも誘惑に負けてしまうのがわたしなのですが。

2007.04.15(00:00)|思考文章コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。