蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 買った本> 蝙蝠と蛞蝓の宴書籍
> 買った本
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
魔女遊戯 (集英社文庫)魔女遊戯 (集英社文庫)
(2011/02/18)
イルサ・シグルザルドッティル

商品詳細を見る

アイスランド大学のコピー室でドイツ人留学生ハラルドが、両目を抉られた絞殺死体で見つかった。祖父の莫大な遺産をつぎ込み、異常な熱心さで魔女研究に没頭していた被害者を、呪い殺すように殺めた犯人の目的とは?両親の依頼で事件を調べ始めた女弁護士トーラは、次第に魔女の火刑、奇怪な古書が絡むグロテスクな謎に嵌り込んでいく。全世界が注目の斬新な歴史ミステリ、日本初登場。



もののけ草紙 4もののけ草紙 4
(2011/03/05)
高橋 葉介

商品詳細を見る


怪しき我が家 家の怪談競作集 (MF文庫ダ・ヴィンチ)怪しき我が家 家の怪談競作集 (MF文庫ダ・ヴィンチ)
(2011/02/25)
皆川博子;福澤徹三;南條竹則;黒史郎;宇佐美まこと;雀野日名子;田辺青蛙;朱雀門出;神狛しず;金子みづは

商品詳細を見る

怪談怪談専門誌『幽』10号に掲載された小特集「怪しき我が家」は、テーマを設定しての怪談競作として話題となり、怪談の書き手たちから参戦の狼煙が次々とあがった。「家」は自分の住む場所であり、外敵から自分を守ってくれる「城」でもある。その「家」が怪異の舞台になったとき、人はどうやってその恐怖から逃れるのか?どんな家にも、その家の者にしか分からない「秘密」がある。その家の者にしか「知ることが禁じられた」恐怖がある。人に知られることを避けながら、一方で誰かに知ってもらうことでしか逃れられない「秘密」……「血」に導かれ浮かび上がる「怪談」。究極のテーマにベテランから新人までがしのぎを削る怪談競作集、第三弾。執筆陣は皆川博子、福澤徹三、南條竹則、黒史郎、宇佐美まこと、雀野日名子、神狛しず、田辺青蛙、朱雀門出、金子みづは、東雅夫。


『魔女遊戯』はテーマに惹かれて購入。アイスランド発ミステリを読むのは初めてで楽しみです。高橋葉介の『もののけ草紙』は4巻が発売されていたので書店で購入。雑誌ホラーMが廃刊となりデジタル版での連載がまとめられた一冊です。『怪しき我が家 家の怪談競作集』は大好きな皆川博子さまを始め豪華な執筆陣。じっくり読みたいです。
2011.03.09(22:15)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。