蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> ヘルマフロディトゥス、すぐれて芸術的な性> 蝙蝠と蛞蝓の宴両性具有
> ヘルマフロディトゥス、すぐれて芸術的な性
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑

「世紀末」には、「ヘルマフロディトゥス」は十六世紀初頭とまさに同一の傾向へと意識的に還帰しながら、ある(ネオ‐プラトニズム的な)「プラトンの性愛学(エロトロジー)」の本質的構成要件となる。ペラダンによれば、ヘルマフロディトゥスは「すぐれて芸術的な性」である。彼によれば、レオナルドは「ポリュクレイトスの規準(カノン)」を発見した。すなわち「アンドロギュヌス」である。これは芸術的な性である。なぜなら男性的なものと女性的なもの双方の結合であるからだ。レオナルドの「ジョコンダ(モナ・リザ)」がこの点で世界史的な寓意像と呼ばれる。彼女の中「もしくは彼の中」には、「男性のもつ頭脳的権威」と「魅惑的な婦人」のもつ官能性とが一体化しているのだ。「聖ヨハネ」像(レオナルドの作品)では、性はひとつの「謎」となっている。つまりレオナルドは「アニミズム的な」明暗法を発見したのである。ペラダンはその著『至上の悪徳』の中で、プリマティッチォの「美青年崇拝」とハドリアヌス帝の寵童アンティノオスのことを、レスボスの伝説的女流詩人と並べて讃美している。彼は小説『アンドロギュヌス』を書き(一八九一年)、その中で、俗人を寄せつけぬ「奇怪なマスク」、「男色的エロス」を(華麗な詩句で)謳っている。次のような詩句が見られる―「おお太初の性、おお孤独なる性、おお愛の絶対よ、形式の絶対よ。これぞ性を否定する性、永遠の性。おんみを讃う……アンドロギュヌスよ」と。
‐ 迷宮としての世界(下) 『ヘルマフロディトゥス』 ‐


迷宮としての世界(下)――マニエリスム美術 (岩波文庫)迷宮としての世界(下)――マニエリスム美術 (岩波文庫)
(2011/01/15)
グスタフ・ルネ・ホッケ

商品詳細を見る
2011.04.04(21:14)|両性具有コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。