蝙蝠と蛞蝓の宴展覧会メモ
> eros / thanatos 生と死の幻想
110509a.jpg

【 eros / thanatos 生と死の幻想 】
場所: 渋谷 Bunkamura Gallery 期間: 2011年5月18日(水)~5月30日(月)

エロスの憂愁とタナトスの誘惑

死は人類の永遠のテーマと言えます。科学が発達し、仮想空間が浸透しても、私たちはこの死という現実から逃れることはできません。元来、生と死は一対となって現れます。「thanatos‐タナトス」はギリシャ神話において「死」を神格化したものです。「eros‐エロス」とは「性愛」のことで、生への執着を意味します。エロスとタナトスは表裏一体の関係にあり、一方の究極の在り方がもう一方であるというパラドクスを内包します。つまり「生」への強い衝動は、同時に「死」への憧憬となるのです。表現者にとって、エロスとタナトスという組み合わせは普遍的テーマでした。一番身近な現実として、またそこから離れる夢の世界として。「生」への執着、つまり性愛が「罪」であるならば、そこからの解放としての「死」は魅惑的な「赦し」となるでしょう。エロティシズムの果てに現れるタナトスの幻想は、狂気の内に生じる一瞬の静寂のように奇妙な美しさを放ちます。生と死という根源的なテーマが美へと昇華したとき、鑑賞者は罪悪感に苛まれながらも、これを覗かずにはいられないのです。本展では、現代におけるエロスとタナトスのイメージを表出する作家たちを並列することで、その再考を試みたいと思います。隠された永遠のテーマ、生と死にスポットを当てた作品を展覧販売します。


【出展作家】
浅野勝美 /東逸子 /亜由美 /愛美 /イヂチアキコ /宇野亜喜良 /大友暢子 /佳嶋 /胡子 /児嶋都 /清水真理 /真条彩華 /杉本一文 /多賀新 /建石修志 /恒松正敏 /中嶋清八 /永井健一 /成田朱希 /日乃ケンジュ /町野好昭 /mican /村澤美独 /アルビン・ブルノフスキー /エルンスト・フックス /オーブリー・ビアズリー /ハンス・ベルメール /ピエール・クロソウスキー /ボナ・マンディアルグ /マン・レイ /レオノール・キャリントン /他 (敬称略)
2011.05.09(21:44)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon