蝙蝠と蛞蝓の宴展覧会メモ
> 篠原愛展‐ゆりかごから墓場まで‐
110512a.jpg

【 篠原愛展‐ゆりかごから墓場まで‐ 】
場所: ギャラリーモモ 六本木 期間: 2011年5月14日(土)~6月11日(土) *日・月曜・祝日休み

このたびGALLERY MoMo Roppngi では5 月14 日(土)6 月11 日(土)から篠原愛の個展「ゆりかごから墓場まで」を開催いたします。篠原愛は1984 年鹿児島県生まれ、2007 年多摩美術大学卒業、GEISAI 出品後の最初の個展で注目を浴び一躍知られるところとなり、卒業以来毎年個展を開催し、多くの方々の期待を背に走り続けてきました。私たちのギャラリーでの個展は2009 年以来2 度目の個展になりますが、この間制作を大作中心に描き進め、そのうちの一点は昨年開催されたアートフェア「+PLUS」では好評を博しました。今展のタイトル「ゆりかごから墓場まで」という言葉は、戦後イギリス労働党によって提唱された福祉政策と言われていますが、生まれてから死ぬまで安心して生きられる社会を目指したもの、結局は財政を圧迫させ、理想としながらも実現が難しい言葉として生き残っています。しかし篠原がこの言葉から汲みとったものは生と死であり、その間に横たわる安寧の世界ではなく、むしろ内臓を切り裂くような苦悩の世界として、あるいは生命を育むかけがいのない世界として感受し、常にその先に死を見つめて生きる、自らの現実に他なりません。1年半の歳月を注いで完成された大作も、今に至るまで一貫して表現してきた「生と死」を内包するものであり、恐竜と少女を借りて表現された作品は、滅びゆく中での希望を見ることもできます。篠原自身作品コンセプトを前提に描き始めるというより、自らの内奥に潜む「生と死」についての思いが、作品に表れると言います。初めて挑戦するサイズに四苦八苦しながらの制作でしたが、自らを追い詰め挑戦することで見えてきたこともあり、次へのステップへ得るものもあったと述べています。今展では「ゆりかごから墓場まで」と題された大作を中心に、ドローイング数点をまじえた構成での発表を予定しています。篠原作品の緊密で大胆な世界をご高覧いただければさいわいです。


2011.05.12(21:58)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon