蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 買った本> 蝙蝠と蛞蝓の宴書籍
> 買った本
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
ぼくらの☆ひかりクラブ 上[小学生篇]ぼくらの☆ひかりクラブ 上[小学生篇]
(2011/11/29)
古屋兎丸

商品詳細を見る

★傑作『ライチ光クラブ』前日譚! 少年たちの秘められた過去が、いま明かされる――。 ★工場の煙に覆われた螢光町の片隅にある、「光クラブ」と名づけられた少年たちの秘密基地。無邪気な遊び場が、残虐な物語の舞台へと変貌したのは何故なのか――。 ★特別ふろく『ライチ☆4コマ劇場』付き!



乱歩彷徨―なぜ読み継がれるのか乱歩彷徨―なぜ読み継がれるのか
(2011/11/11)
紀田順一郎

商品詳細を見る

巨匠の作家的変転を見事に跡づけた優れた評論 本書は芸術的潔癖さゆえの、巨匠乱歩の創作上の激しい苦悩と矛盾に満ちた作風の変転を見事に跡づけた優れた評論である。特に豊かな書誌学的な知識を駆使して、『怪人二十面相』などの少年ものや戦時下と戦後の乱歩の変貌を論じた章は一際輝きを放っている。 権田萬治(評論家) 第61回日本推理作家協会賞受賞後第一作



暗黒舞踏論暗黒舞踏論
(2005/03)
清水 正

商品詳細を見る

土方巽著「病める舞姫」をよみほぐし、言葉によって「舞踏」を再構築する試み。土方巽、大野一雄の舞台写真を多数所収。3篇を新たに書き下ろした、02年刊「土方巽を読む」の改題増補改訂新装版。


2011.11.28(22:27)|書籍コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
ライチ!
こんにちは

「ライチ光クラブ」の前日譚?
うわーこれは読みたいです。買わなきゃ!

そういえば、私も数年前に長野まゆみ関連カフェで食事した帰りに、「リンデン坂上スクール目白分校展」なる鳩山郁子の展覧会のようなものに行ったことがありました。
古い民家を利用した展示会だったような。ブログに載せる用の写真は禁止とか言われてガッカリした覚えも…。来場記念として学校創立記念品の小さな鳥(?)の折り紙をもらいました。今も大事に保管してます(笑)

いつも好みの本や展覧会やアーティストの紹介がされていてありがたいですv-353
また訪問しますね。


From: えりりか * 2011.11.29 17:16 * URL * [Edit] *  top↑

>えりりかさま

『ぼくらの☆ひかりクラブ』上巻読み終えましたがそれぞれのキャラクター描写が掘り下げられていて興奮でした!

>>「リンデン坂上スクール目白分校展」なる鳩山郁子の展覧会のようなものに行ったことがありました。

おお、それは羨ましい。わたしはスパンアートギャラリーが鳩山郁子展に行った最初でした。凄く素敵ですよね。パラボリカもまだ行けてないので早く伺いたいのです。

これからもよろしくお願いします♪
From: 古谷 葵 * 2011.12.01 21:57 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。