蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> メルヒェンとメルヘン Vol.1 [ハーメルンの笛吹男]> 蝙蝠と蛞蝓の宴展覧会メモ
> メルヒェンとメルヘン Vol.1 [ハーメルンの笛吹男]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
120111a.jpg

【 メルヒェンとメルヘン Vol.1 [ハーメルンの笛吹男] 】
場所: 大阪 乙画廊 期間: 2012年1月20日(金)~1月28日(土)

□ 1284年聖ヨハネとパウロの記念日 □ 6月26日 □ 色とりどりの衣装の笛吹男に

□ 130人のハーメルンの子供らが誘惑され □ コッペンの近くの処刑場で消えた □

Märchen・Fairy tale・contes de fée 〜Volksmärchen・ Kunstmärchen
子供の為にお約束の魔女退治や王子様のお迎えストーリー​は 何処からヒントを得たのだろう。恐らく忌みじくも生々しい逸話から、かいつまんだのは周知の事実で、​実話が 説話となり寓話となって伝説へと時を重ね創作童話となったのである。メルヒェンはドイツ語 読みだが 英語では メルヘン。私には欧羅巴の寒村で 何世紀も遥かむかしに「昔々のその昔〜」と子供達が想像を巡らせ伝​え聞いた スペイン王フェリペ2世の愛した Hieronymus Boschの”快楽の園”の世界、これこそが”メルヒェン”で​、後の創作的なものが”メルヘン”だと思えてならない。​さて、そのメルヒェンとメルヘン展の Vol.1は、1284年6月26日にピエロの如き風貌​の男が ザクセン人の村から130人の子供を連れ去った事件がテーマ。精神異常者ミラーズ顔負けの気違いじみた小児性愛者が弄ぶ目的で起こしたとしか思えない、別名「ハーメルンの鼠取男」をもとに作家各人の解釈に因る展観になる。是非お越し戴きたい。 乙画廊 廊主


【参加作家】
石原朱麻 /岩澤慶典 /こうぶんこうぞう /榮真菜 /清水真理 /長尾紘子 /福長千紗 /古川沙織 (敬称略)
2012.01.11(22:17)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。