蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 夜想・人形展2012[レクイエム/ルネサンス]> 蝙蝠と蛞蝓の宴展覧会メモ
> 夜想・人形展2012[レクイエム/ルネサンス]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
120122a.jpg

【夜想・人形展2012[レクイエム/ルネサンス]】
場所: 浅草橋 parabolica-bis[パラボリカ・ビス] 期間: 2012年1月20日(金)~2月13日(月)

3・11の震災と原発事故。未曾有の災禍は現実と未来を揺るがし続けている。アートやメディアの役割のひとつは、見えないものを一歩先んじて見えるものにすること。しかしその役割を継続することも難しくなりつつある。誰もが分る、それでいて解決のできないものが全員に突きつけられたからだ。見ようとしなかったもの、見たくなかったもの、そうして誤魔化してきたものが怪物のような集合体になって襲ってきている。 崩壊しかかっているもの、失われたものへのレクイエムは、永遠の責務である。なぜならこの災禍は百万年たっても解決しないからだ。しかし生命体として地上に存在した以上、生きることの証しを、そして未来を構築する必要もある。瓦礫となった近代の果てに作り出すものはなんだろうか。模索しながら、もがきながら、考えながら、それでも敢えて、大胆に踏み出すこともまた大切だろう。

そんな思いを伝えて答えてくれた作家たちが、2012年のスタートを切ります。作家は新作を以て展覧会に臨みます


【参加作家】
中川多理
『白い海Ⅱ』Tari Nakagawa
「白い海」にたどり着いた思いは、半年の時を過ごし、繭になり蛹になって再び白い海に浮上する。
海の漣に揺られ、蒼い光に包まれ、それでも孵化しない白い膚をもった未生の子どもたちは、
もしかしたら永遠の孵化期を迎えたのかもしれない。

木村 龍 Ryu Kimura/安藤早苗 Sanae Ando/林 美登利 Midori Hayashi/マンタム Mantam
未来をもたない時の閉塞の中で、それでも身じろぎをはじめた白い生命体が
見せてくれるものは微かでも、見られることで、痙攣のような共振をもたらすかもしれない。
はじまりは一人では、一つでは、起こらない。
そんな時代に私たちは棲息している。
2012.01.22(22:30)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。