蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 「加虐的乙女の被虐的日常」展> 蝙蝠と蛞蝓の宴展覧会メモ
> 「加虐的乙女の被虐的日常」展
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
120530a.jpg

【 「加虐的乙女の被虐的日常」展 】
場所: 浅草橋 parabolica-bis[パラボリカ・ビス] 期間: 2012年5月25日(金)~6月18日(月)

パラボリカ・ビスに集まる女性作家の併せ持つ、加虐性と被虐性。

それは、アートの寄り集まる、東京という特異な世界で、女性が作家活動を続けて行く上で取り上げずにはいられないものであるのか、それともそれは現在という特殊な時代を、女性作家という特性を持って生きる上で身に付くものなのか。

彼女達の表現は、攻撃的であると同時に、非常な被虐性も兼ね合わせているようだ。

女性だからこそ表現できる世界、その感性が今後どのような世界と未来を開示していくのかを、少年のように見守りたいと願うものです。
(マンタム)


被虐/加虐の関係を維持していた男と女の相互性は/もう存在しなくなるのかも/しれない
被虐で乙女/加虐で女子 /もしかしたら自己完結の中で…/成立している彼女たち/の表現

被虐/加虐という古い言葉に呪縛されることなく / 彼女たちは生きている / 表現している
作品をもってこの時代に/鈍色の耽美/錆色のフェティッシュを / 希求する 彼女たちへ
(今野裕一)


【出展作家】
衣倆 /林美登利 /綺朔ちいこ /愛実 /NeQro /斧原由季 /三上鳩広 (敬称略)
2012.05.30(21:57)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。