蝙蝠と蛞蝓の宴書籍
> 買った本
奇談蒐集家 (創元推理文庫)奇談蒐集家 (創元推理文庫)
(2011/11/19)
太田 忠司

商品詳細を見る

求む奇談、高額報酬進呈(ただし審査あり)。新聞の募集広告を目にして酒場に訪れる老若男女が、奇談蒐集家を名乗る恵美酒と助手の氷坂に怪奇に満ちた体験談を披露する。シャンソン歌手がパリで出会った、ひとの運命を予見できる本物の魔術師。少女の死体と入れ替わりに姿を消した魔人。数々の奇談に喜ぶ恵美酒だが、氷坂によって謎は見事なまでに解き明かされる! 安楽椅子探偵の推理が冴える連作短編集。解説=井上雅彦



ひばりの朝 1 (Feelコミックス)ひばりの朝 1 (Feelコミックス)
(2012/08/08)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る

手島日波里、14歳。 同い年の子どもより、肉感的な身体つき。 彼女を知れば、男はたいがい性的な感情を抱き、女はたいがい悪意の弾をこめる。 彼女に劣情を抱いている男や、片思いをしている少年、劣等感を抱く女、そして彼女をおとしめたい少女が、ひっそりと、かつエゴイステッィクに彼女について語り出す。 彼女にまつわる心理展覧図はどこまでも広がるが、真実の正体は誰が知るのか? 少女の正体は魔性か、凡庸か――『HER』を超える“怪作"誕生!



蜜ノ味 (Feelコミックス)蜜ノ味 (Feelコミックス)
(2012/05/08)
元町 夏央

商品詳細を見る

14歳の喜多ユウキは、綺麗な同級生・市橋ミツカに初恋にも似た気持ちを抱いていた。そんなある日、目にしてしまった彼女と教師の普通ではない情事。それは彼の心に残り続け、そして14年後――。 大人びた中学生時代から、波乱含みの結婚まで、ともに過ごした、あるいは見つめた人物の証言で綴る、ある女の人生。 気鋭・元町夏央、渾身の意欲作!


『奇談蒐集家』は連作短編小説。ストーリーの雰囲気も好みだが、なにより両性具有な麗人、氷坂のキャラクターに惹かれてしまいました。『ひばりの朝』は意図せず男性の性的欲情を喚起させてしまう少女ひばり、周囲が抱く彼女のイメージと彼女自身の視点からの大きな落差。まだ物語は続くのでひばりが本当はどんな少女なのか、真実のところはわかっていません。続きが気になります。『蜜ノ味』は、ひばりとは違い自意識から純度の高い”魔性の女”として市橋ミツカと彼女に翻弄された人々の物語。魔性こそが人格のミツカの振る舞いを楽しみました。
2012.08.10(21:32)|書籍コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2012.09.17 18:31 *  * [Edit] *  top↑

コメントありがとうございます!お役にたてて何より~。こちらこそこれからもよろしくお願いしますっ♪
From: 古谷 葵 * 2012.09.21 21:30 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon