蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 買う本> 蝙蝠と蛞蝓の宴書籍
> 買う本
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
黒と白の輪舞曲(ロンド)〜モノクロ世界の愉悦 (トーキングヘッズ叢書 No.55)黒と白の輪舞曲(ロンド)〜モノクロ世界の愉悦 (トーキングヘッズ叢書 No.55)
(2013/07/31)
アトリエサード

商品詳細を見る

「光りあれ! 」と神が言った時、闇の中に光が、黒の中に白が生まれた。モノクロは世界の基本だ。
モノクロにこだわる表現者たちから何が見えてくるのか……! 多崎つくるのように黒と白に交われ!
今回も増頁! そしてモノクロで表現する多くの作家を図版中心にピックアップしました!

《ピックアップ作家》上園磨冬、高松和樹、村田兼一、市場大介、小川香織、香西文夫、土田圭介、中井結、長尾紘子、村澤美独、山城有未、妖、横山路漫、渡邊光也、西牧徹、マリオ・ジャコメッリ、ダイアン・アーバスなど



文学の極意は怪談である ―文豪怪談の世界文学の極意は怪談である ―文豪怪談の世界
(2012/03/17)
東 雅夫

商品詳細を見る

夏目漱石「夢十夜」だけではない。日本近代文学史を彩る文豪の作品群には脈々と怪談の系譜が存在する。怪談専門家がその謎に挑んだ意欲作。文豪怪談年表付き。

【目次】

はじめに
第一章 佐藤春夫と稲垣足穂――本物の化物屋敷に暮らす
第二章 川端康成――心霊と性愛に憑かれたまま
第三章 三島由紀夫――幽明の境界を超えゆかん
第四章 幸田露伴――白鳥の歌たる怪を語りて
第五章 夏目漱石――夢文学の系譜、ここに始まる
第六章 森鴎外――抑圧の窮み、妖異は沁み出す
第七章 柳田國男――怪談の真贋を鑑定する
第八章 泉鏡花――不思議を書いて凄く思わせる
第九章 小山内薫――霊と妖魅の世界を確信して
第十章 芥川龍之介――怖くなければ怪談に非ず
第十一章 小川未明――北の漂泊者(マレビト)に魅入られて
第十二章 室生犀星――幻のふるさとを焦がれ求めて
第十三章 折口信夫――呪術師のごとく追いすがる
第十四章 太宰治――一千の怪談を覚えて居る
第十五章 吉屋信子――女怪幻想の呪縛を放れて
おわりに

附録 「妖しき文豪怪談」顛末記
あとがき

文豪怪談年表


2013.07.31(22:26)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。