蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 欲しい本> 蝙蝠と蛞蝓の宴書籍
> 欲しい本
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)
(2013/08/10)
公益財団法人 目黒寄生虫館

商品詳細を見る

本書は「世界で唯一の寄生虫の博物館」である目黒寄生虫館が、全面監修を行った寄生虫のビジュアルブックです。 カタツムリを中から操る「ロイコクロリジウム」、若い2匹が合体して死ぬまで離れない「フタゴムシ」、カマキリの腹から出てくる「ハリガネムシ」、シーラカンスと共に数億年を生きてきたと考えられる「ネオダクチロディスクス」(寄生虫館の館長が発見した寄生虫です)、発見された時は人喰い花と思われた「ラフレシア」等々、独自の戦略を立てて進化してきた寄生虫が取り上げられています。本書では、そんな寄生虫の不思議な生態と形態を、広く一般の方に楽しんでいただけるよう、軽妙な解説とドラマティックなイラストで描きました。 本書は装幀も大きな特徴です。本体は四六判変型上製、UVシルクスクリーン印刷のカバーイラストに押し上げ加工を施し、本書に収録されている虫たちが、まるで圧平標本(二枚のガラスで虫体を挟んで作る標本)のように浮き出ます。特製ケースに開いた穴からは、目黒寄生虫館のシンボルマークでもある「フタゴムシ」がのぞきます。寄生虫マニアの心を満たし、思わず家の本棚に飾っておきたくなる図鑑です。


2013.09.15(22:41)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。