蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 真夜中の博物館〜美と幻想のヴンダーカンマー> 蝙蝠と蛞蝓の宴書籍
> 真夜中の博物館〜美と幻想のヴンダーカンマー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
真夜中の博物館〜美と幻想のヴンダーカンマー (TH Series ADVANCED)真夜中の博物館〜美と幻想のヴンダーカンマー (TH Series ADVANCED)
(2014/04/28)
樋口 ヒロユキ

商品詳細を見る

現代美術から文学、サブカルまで、奇妙で不思議な評論集――

古墳の隣に現代美術を並べ、ホラー映画とインスタレーションを併置し、パフォーマンスのなかに宗教儀礼を見いだし、コックリさんと仏蘭西の前衛芸術を比較すること。
十五世紀の欧州貴族たちの蒐集品を収蔵した私設博物館「驚異の部屋」のように、ジャンルの枠を取り払い、種々雑多な作品群を併置して眺めてみること。
そうした混乱と錯乱の果てにある恍惚の中にこそ、芸術の本当の面白さがあると私は思っている。――著者
===
真夜中だけ開き、不思議な品々が開陳される「真夜中の博物館」へようこそ――。

「本館 真夜中の博物館」と題された第一部では、稲垣足穂や映画「エコール」、ファム・ファタール、アマテラス、JUNE系文化、ユイスマンス「さかしま」などを縦横に論じ、
古墳芸術学を論説した地下道を抜ければ、そこは第二部「闘技場 呪術対美術」。
「胎児と幻影」「呪術と美術」「死体と裸体」「迷宮と愉悦」などさまざまな視点を交錯させて榎忠、塩田千春、アール・ブリュット、やなぎみわなど多様なアーティストを独自の視点で探求する。

樋口ヒロユキ待望の評論集!
===
増殖することをやめないこの博物館は、じきに白昼をも飲み込んでしまうだろう。――藤野可織(小説家)

カバー装画:七戸優


樋口ヒロユキさんの待望の新刊が発売されます。
2014.04.24(22:45)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。