蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 買った本&読んでいる本> 蝙蝠と蛞蝓の宴書籍
> 買った本&読んでいる本
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
幻想耽美幻想耽美
(2014/09/24)
不明

商品詳細を見る

美しくも退廃的な耽美アート作品集

ゴシック趣味やデカダンス、ドーリーや少女趣味など女性を中心に支持される幻想耽美の世界。
本書は人気作家から最近注目を集める若手作家まで、現代日本の耽美アートを網羅した品集です。
アート・イラスト・コミック・フィギュア・ドールなどのコンテンツ別に分類し、美しい作品を作家ごとに多数掲載。
幅広い読者に向けて、耽美アートの魅力を紹介します。

【序文】高原英理
【アート】山本タカト/金子國義/龍口経太/後藤温子/町野好昭/池永康晟/多賀 新/林 由紀子/桑原聖美/作場知生/こやまけんいち/森口裕二/トレヴァー・ブラウン/高松和樹/山本じん/成田朱希/林 良文/根橋洋一
【イラスト】宇野亜喜良/天野喜孝/東 學/空山 基/須川まきこ/水野純子/佳嶋/黒木こずゑ/たま/林 アサコ/古川沙織
【ドール】恋月姫/中嶋清八/中川多理/衣/三浦悦子/森 馨/清水真理/井桁裕子/ドールハウス・ノア
【フィギュア】上野シゲユキ/甲 秀樹/矢沢俊吾/山下信一
【コミック】丸尾末広/花輪和一/吉田光彦/宮西計三/大越孝太郎/坂本眞一/古屋兎丸/沙村広明



美学文芸誌「エステティーク」Vol.1 特集:美美学文芸誌「エステティーク」Vol.1 特集:美
(2014/06/01)
金子 國義、最上 和子 他

商品詳細を見る

美に特化した文芸誌『エステティーク』の創刊号。
――美とは何か。
この永遠不変のテーマを問い続けるために誕生した新しい文芸誌です。
「美の標本箱」をコンセプトに、美の姿を多角的に捕え、物として飾っても美しい本を目指しています。
フランス語で美学を意味する「エステティーク(ESTHÉTIQUE)」。
美を愛し、美を求め、美に狂った全ての人へ。

目次
・金子國義 (画家) 『エロスの額縁』 巻頭インタビュー
・最上和子 (舞踏家) 『人間の体は美しい』
・小林信之 (美学研究者) 『美の非情性』
・田中雅志 (作家・美術史家・翻訳家)『アンドロギュヌスの美の系譜―あるいは星々への回帰』
・大岡 淳 (演出家・批評家) 『オスカー・ワイルド「サロメ」演出ノート』
・深澤紗織 (詩人) 『わたしという宮、または身体詩』
・三浦和広 (編集者) 『聖なる言葉』
・辻 大介 (調香師) 『香りからみた娼婦と美学』
・谷崎榴美 (魔女) 『このましくない感じ』
・華藤えれな (BL作家) 『儀式』
・鵺神 蓮 (緊縛師) 『淫縄美縛』
・森 功次 (美学者) 『失礼な観賞』
・岩渕竜子 (漫画家) 『美少年の骨は白』
・平林幸壽 (僧侶・現代アーティスト) 『近代日本美術史における文化的遺伝子としての仏教』
・佐々木治己 (劇作家) 『演劇にとって美とは何か』
・YUKO-KAT (ミュージシャン) 『ピルグリマージュ・ヌミノース―畏怖巡礼―』
・野尻英一 (哲学者) 『美と弁証法』



イノサン 6 (ヤングジャンプコミックス)イノサン 6 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/09/19)
坂本 眞一

商品詳細を見る

1762年、“女"死刑執行人マリー‐ジョセフのデビューとなる陸軍元帥の斬首を引き金に、サンソン兄妹に次々と事件が襲いかかる。“立像斬首"…。執行不可能なその処刑を仕向けるのは、ベルサイユ宮殿に渦巻く「権力」を渇望するオルレアン公ルイ・フィリップ…。“生まれ"が運命を決める時代、兄妹は各々の過酷な十字架を背負い、己の「理想」を叶えるべく、茨の道を突き進んでいくが──!?


2014.09.26(22:17)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。