蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 買った本> 蝙蝠と蛞蝓の宴書籍
> 買った本
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
バットマン:キリングジョーク 完全版 (ShoPro books)バットマン:キリングジョーク 完全版 (ShoPro books)
(2010/01/21)
アラン・ムーア(作)、ブライアン・ボランド(画) 他

商品詳細を見る

最悪の一日が、幕を開ける―。アーカム精神病院からゴッサム最凶の犯罪王ジョーカーが消えた。脱獄に成功したジョーカーは、ゴッサム市警本部長ゴードンを拉致し、フリークスの集まる遊園地で、ある実験を試みる…。絶望的な状況下において、人はどこまで正気でいられるのか?そしてジョーカーを狂気に駆り立てる「過去」とは?アメコミ界の異端児アラン・ムーアが、ジョーカー誕生の秘密を暴く!!全編再カラーリングに加え、特典としてブライアン・ボランドのカバーギャラリー、隠れた名作『罪なき市民』を収録。



バットマン:ラバーズ&マッドメンバットマン:ラバーズ&マッドメン
(2011/03/23)
マイケル・グリーン(作)、デニス・コーワン、ジョン・フロイド(画) 他

商品詳細を見る

なぜ、この男は犯罪界のプリンスとなったのか!? アラン・ムーアの傑作『キリングジョーク』とは真逆のアプローチで魅せる“ジョーカー誕生譚”、ここに登場!!



バットマン:アーカム・アサイラム 完全版 (ShoPro Books)バットマン:アーカム・アサイラム 完全版 (ShoPro Books)
(2010/09/30)
グラント・モリソン

商品詳細を見る

「ShoProアメコミ100冊記念」堂々の復刊ランキング1位! 衝撃のサイコロジカル・ホラーが完全版で登場!! 『精神病を患った犯罪者たちの収容施設「アーカム・アサイラム」で暴動が発生した。ジョーカーの誘いに乗って一人向かったバットマンを待ち受けていたのは、トゥーフェイス、マッド・ハッターら危険な囚人たちだった。彼らと対峙し、アーカム・アサイラムをさ迷うバットマンは、いつしかこの悪夢の館の成り立ちに隠された悲劇的な因縁の中に囚われていく。正気と狂気の狭間に陥っていくバットマンが辿り着いたのは……?』。  2000年に弊社より刊行した本書は、刊行当時、衝撃的なストーリー展開と病的とも言えるほど個性的なペイントアートで人気を博しました。絶版となった現在、新規のアメコミファンから復刊を望む声が多くあがっており、「ShoProアメコミ100冊記念」キャンペーンでは、堂々の復刊ランキング1位を獲得。このキャンペーン結果を前面に出し、大々的に展開する予定です。 また、本書の復刊特典として、旧版コミックに収録されていなかったスクリプトとラフスケッチを収録。これらを合わせ読むことで、ライターのグラント・モリソンが創造したアングラなストーリーをアーティストのデイブ・マッキーンがどのように破壊し、さらに病的とも言えるほど幻想的な世界観に昇華したのかが見てとれます。 まさに全バットマンファン待望の完全版として、必携の一冊となります。



ジョーカー (バットマン)ジョーカー (バットマン)
(2011/03/23)
ブライアン・アザレロ(作)、リー・ベルメホ(画) 他

商品詳細を見る

ついにアーカム・アサイラムを出所したジョーカー。 ゴッサムシティに戦慄が走る時、狂気と混沌に満ちた復讐劇が幕を開ける……。 衝撃のクライム・ノワール、初邦訳でついに登場!!



バットマン:笑う男 (ShoPro Books)バットマン:笑う男 (ShoPro Books)
(2012/08/29)
エド・ブルベイカー

商品詳細を見る

自警団員としての活動を開始した当初から、バットマンはまざまざと人間の暗黒面を見せつけられてきた。だがしかし、いままで見てきた犯罪とは比較にならない、前代未聞の悪が彼の前に現れた。闇のなかの嘲笑…不敵な笑みを浮かべた白い顔…あらゆる常識が通用しない圧倒的な狂気…。そう、それがジョーカーだったのだ!謎の男ジョーカーとの初遭遇は、ゴッサムシティの守護者であるバットマンにとって究極の試練となるものだった。しかし、彼らの対決は、狂気と混沌の力に対する長く苦しい戦いの幕開けにすぎず、数年後、狂気と混沌は別の形でも現れることになった。善悪双方の過去のあやまちが現代に蘇り、歴史の闇に埋もれていた事件の真相がいまここで明らかにされる。アイズナー賞/ハーベイ賞の受賞作家である実力派エド・ブルベイカーがライターを務めた衝撃的な事件「笑う男」「ウッドキラー」の二篇を収録。


今さらながらジョーカーに度嵌りしています。『キリングジョーク』の「できる事なら、過去に、お好きな記憶をトッピングと行きたいね!」というジョーカーのセリフに痺れました。アザレロ『ジョーカー』の「この街は俺のものだ!」と炎の中で叫ぶジョーカーもまた大変イカれててカッコいいです。ああ、ジョーカージョーカ……アメコミ高いよ……。
2014.10.26(21:54)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。