蝙蝠と蛞蝓の宴書籍
> 買った本
紙芝居と「不気味なもの」たちの近代 (越境する近代)紙芝居と「不気味なもの」たちの近代 (越境する近代)
(2007/08)
姜 竣

商品詳細を見る

まだじっくりとは読めてないのですが、紙芝居と不気味なものを題材に、"時代の背景"と"幻想と異端"についてを考察していて面白いです。ひとまず興味をそそられた箇所を引用。

一九三五年(昭和十年)十一月、警視庁は次のような紙芝居の製作と使用を禁じる通告を出して、とうとう紙芝居を取り締まることになった。それは、「残忍に過ぐるもの(人肉を食い、人血を吸うが如きもの、度を過ぎた血の使用)」「猟奇に過ぐるもの(蛇猫を食う如き、畸形児を生み、またこれを首題とするもの)」「徒に童心を蝕むもの(肺病は不治なりとの概念、天刑病の概念、度を過ぎたる継子いじめの如きもの)」である


取り締まりの対象とされてしまった紙芝居ら。

kami.jpg

kami2.jpg

見たいなあ…。
2008.01.06(18:57)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon