蝙蝠と蛞蝓の宴アート
> 西牧徹の黒戯画世界
nishimaki_13.jpg

「薔薇の潜航」(2006)

鉛筆で描かれたモノクロな世界ながらも、少女たちの無邪気な性の戯れはどこまでも明るい。身に着けているブーツからは、そのフェティッシュな魅力が遺憾なく発揮され、反り立つペニスは、快楽を喜びと共に貪る少女にとてもよく似合っている。

『おっぱいから生クリームが出てきそうな女の子』が好きなわたしだけども、西牧徹氏の描く少女はまさにそんな雰囲気を持っているように思う。
いや、おっぱいというよりペニスから生クリームが出てきそうかな。濃厚なエロス溢れる楽園の住人に魅力を感じぬ筈がない。

前エントリで書いた「現代日本エロティックアート展」には、黒戯画7点が出品されるとのことです。

公式サイト:西牧徹/黒戯画世界

h33_big.jpg

1月31日頃に発売予定の「TH」第33号「ネオ・ゴシック・ヴィジョン」では"架空映画ポスター"のコンセプトのもとに撮影した作品が掲載されるそうで、こちらも楽しみです。

発行:アトリエサード
2008.01.24(21:58)|アートコメント(0)トラックバック(1)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可

この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
 西牧徹(の世界)は、例によって(?)「vanilla-gallery 西牧徹展
2008.06.12(Thu) 10:02:50 |  壺中水明庵
プロフィール

箱詰人形

Author:箱詰人形

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon