蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 「Narcissus」> 蝙蝠と蛞蝓の宴展覧会感想
> 「Narcissus」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
fuyuko.jpg

終極にある異体の散在
他者の小さな断片は個人の行動の中に食い込んでいる。外界との幸福な関係を保ちながら、女は無数に彼女から排出される異質の断片を永久にほじくり続けている。
また強迫的な罪責感、罪悪感、欺く、暴く、暴かれる、といった自分自身の全行動から剥奪する欲求を表している。


昨日は、成山画廊にて行われている『松井冬子/「Narcissus」展』に行きました。
女性性への憎悪と執着、覆い隠すことなど到底不可能な強い情念。
松井冬子の作品は、女とはこんなにもグロテスクな生き物なのだという認識をもって精神に鋭く突きつけてくる。そしてわたしは、その部分に深い同意を示してしまう。
なぜならこのグロテスクさとは、慣れ親しんできた自分自身の澱みや歪さと同じ類のものだからだ。

はてさて、女とはどこまで続くぬかるみぞ…。

松井冬子 「Narcissus」
開催期間:2007年12月15日(土曜日)~2008年2月23日 (土曜日)
http://www.gallery-naruyama.com/exhibition.html
2008.01.27(22:02)|展覧会感想コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。