蝙蝠と蛞蝓の宴資料・記録
> J・Aシーザーと少女革命ウテナ インタビュー

―それでは、ウテナを見て、それほど違和感はなかったんですか?

JA : そうですね。「ウテナ」に関して言えば、違和感はまったくなかったです。今回書いたウテナへの詩に、「少年霊(ことだま)」という造語があるように、女の子の物語以前に「ウテナ」は幾原氏の世界そのものなんですね。少年って世界をもすごく演出してるんです。それは多くの芸術家たちが少年期や幼年期に還るという一つの形があるように、幾原氏はそれをまさにハッキリと、的確にブラウン管を通してやったんじゃないかな。それに、女の子の中にも少年期というものが存在しているということなんですね。もともと性というのは、X(女)で誕生して太陽光線の突然変異でY(男)になるんです。男と女の形に分かれたんだから、だから最初はみんな女性なんです。で、途中で男女に区別される、半分は少年で在って半分は少女で在るという、そんなアンドロギュヌス的世界に惹かれていましたね。自分の中の両性性とか大人の中の少年性というようなところを意識の中で感じる作品だと思いますよ。

―詩を作るときは、どのような環境の時ですか?

JA : 特別にこんな風にということはありません。自分の頭の中で漠然とイメージを構想するだけです。それを歌にするだけなんです。そうすると、今回書き下ろしたようなこんな詩が出来上がってしまうんです。…実はね、僕は本も嫌いだったんです。天井桟敷に在籍していたときに、寺山(修司)さんに、「もし僕が本を読むとしたらどんな本がいいですかね」ってきいたら、「あなたは本なんて読まなくていいよ。どうしてもって言うんなら、「家畜人ヤプー」とか、夢野久作、澁澤龍彦、泉鏡花を読みなさい」って言われましたね。

【『薔薇の黙示録-少女革命ウテナ』より引用】


薔薇の黙示録―少女革命ウテナ薔薇の黙示録―少女革命ウテナ
(1998/03)
不明

商品詳細を見る


天井棧敷音楽作品集天井棧敷音楽作品集
(2008/03/23)
J・A・シーザー

商品詳細を見る

2008.04.01(23:22)|資料・記録コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon