蝙蝠と蛞蝓の宴資料・記録
> 乱歩と人形

『挿絵と旅する男』と同年に書かれた『人形』というエッセイには、「人間に恋はできなくとも人形には恋ができる。人間はうつし世の影、人形こそ永遠の生きもの」とあって、まさに人形の存在こそは「うつし世」を夢とし、「夜の夢」こそまことと考えた彼にとって、最もリアルかつ日常的なモチーフだったのである。「もし資力があったなら、古来の名匠の刻んだ仏像や、古代人形や、お能面や、さては現代の生人形や蝋人形の群像とともに、一間にとじこもって、太陽の光をさけて、低い声で、彼らの住んでいるもう一つの世界について、しみじみ語ってみたい気がするのだ」と語っているのは、筆のあやではなく本音であろうが、このいわば人形淫溺症の素地は近世の説話や事実談に見られるものと軌を一にしているところから見ると、乱歩一人の趣味というより、むしろ日本人の人形に対する伝統的感覚を拡大したものといえる。

『幻想と怪奇 創刊号』‐人でなしの世界‐紀田順一郎


"人形淫溺症"って言葉がもう素敵すぎてうっとりします。
2008.04.17(22:37)|資料・記録コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
自分が人形淫溺症になる素質は備えている人間だと思います、踏み込みはしませんが
From: いそがい * 2008.04.18 13:41 * URL * [Edit] *  top↑

いつかは踏み込んでいきたい誘惑に駆られたりしております。とりあえず、自らを人形淫溺症だと積極的に名乗っていきたいのです。
From: 古谷 葵 * 2008.04.18 21:46 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon