蝙蝠と蛞蝓の宴思考文章
> 螺旋迷路
わたし1 「映画『エコール』の少女の足が印象的なポスターは、ナボコフの『ロリータ』のペーパーバックの表紙写真を受けてのものなのかな。それとも少女の象徴に、スカートから伸びている二本の細い足と靴下、をイメージするのは普遍的な感覚なのか」
わたし2 「病んでいる女の子の表現にくまのぬいぐるみの出現率が高いのはなぜなのか」
わたし1 「少女性と日の丸の相性は大変良いと思っている。赤と白というコントラストが少女性に繋がる訳とは」
わたしニヒル 「やれやれまったく……、世界の事象をクロスワードパズルのように解けるとでも思っているのか?」
わたし3 「天狗が稚児を攫う姿と、ゼウスが大鷲に化けて美少年を攫う姿の相似」
わたしニヒル 「……」
わたし4 「女の人が爪を伸ばすのはなぜなの、って爪が長い利点を考えると、狩りが出来るということだわ。肉を抉り目玉を抉り、貪り喰うためなのね。攻撃性の表れなのよ!獣と化して男を破滅させる性を表しているのだわ」
わたしニヒル「ほらほら、暴走し始めた……」
わたし1 「"夜の魔女"リリスの末裔ってことだ!」
わたしニヒル 「いいかげんにしておかないと、そのうちに全てのものが暗号化しているかのように思い込み、月の裏側の電波塔から電波を受け取っている気になったり、エージェントに付け狙われている!メグマ波攻撃されている!などという妄想に怯えながら暮らすことになってしまうよ」
わたし2 「どうして妄想だって断言できるの?」
わたしニヒル 「どうやら"わたし2"は、すでに危険の入り口に立ってしまっているようだね」
わたし1 「もしかしたら胎児の夢かもしれない」
わたし2,3,4 「ドグラマグラ!」

「頭がぐるぐると混乱してきた」
「腦病院へまゐります」
「とにかく、やたらめったら関連付けするのもほどほどにすべきと言っているんだよ」
「アルコホルの壜の中で見ている夢かもしれないよ。子宮のなかでもアルコホルの壜の中でも、液体に浸かっているのだから、さして違いはあるまいよ」
「ああ、また相似に囚われている」
「足穂の『少年愛の美学』、バタイユの『眼球譚』、前者はすべてをA感覚へと収斂させていき、後者は玉子と目玉を同一視して話が進む。同じではないか」
「文学に昇華できるほどの技法もないのに、よくも恥ずかし気もなくそんなことが言えるね。感心してしまうよ」
「子宮の内部と地獄のイメージの相似」
「妊婦と蜘蛛の相似」
「女性性を憎悪でもしているのか?」
「執着しているだけです」
「愛しているの。自己愛の発露」
「ずいぶんと畸形な自己愛だね」
「くるくると頭のなかが混乱してきた」
「狂う狂うと?」
「言葉遊びが好きだねえ、たいして洒落てもいないのに」
「病んだ少女はくまのぬいぐるみを抱くの」
「女の子にとってパパからもらう最初のプレゼントがぬいぐるみであるのならば、くまのぬいぐるみは父性の象徴なのだわ!」
「この世はパズルじゃないと何度言ったらわかるんだ」
「いつも一人で遊んでいたのよ。一人ぼっちでお家のなかで。部屋のなかにひきこもっていたときなんて、頭のなかで世界を構築して、その世界の綻びを探して解いてみるぐらいしか楽しみがなかったんだからね。邪魔をしないでよ!」
「ずっとお城で暮らしていたんだ」
「そうやって読んだ本の題名をすぐ取り入れるのもどうかと思うね」
「ところで途中から誰が喋っているのかわからなくなってしまったのだけど」
「面倒になったので割愛」
「どっちみち全部わたしなのだから問題ないと思うわ」
「その"わたし"だが、衝動的に書いてる会話形式のこの文章自体、後で後悔しなければいいと思うね。確実に後悔するのだろうけど」
「公開したことを後悔するのね」
「…………言葉遊びが好きだねえ」
2008.07.03(00:27)|思考文章コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
後の箱詰人形さんが後悔したとしても、今の僕は良い物読んで満悦です
From: いそがい * 2008.07.04 10:02 * URL * [Edit] *  top↑

ううう、ありがとうございます。そう言っていただけて大変嬉しいのです。
From: 古谷 葵 * 2008.07.04 21:01 * URL * [Edit] *  top↑

白塗りの人が掛け合いしてる姿が連想されてならない……。
From: hazy-moon * 2008.07.06 18:19 * URL * [Edit] *  top↑

だって、J.A.シーザー『万有引力』の曲を聞きながら書きましたもの……。
From: 古谷 葵 * 2008.07.06 18:45 * URL * [Edit] *  top↑

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2008.07.11 20:38 *  * [Edit] *  top↑

そんな風に表現してもらえるとは感激と共にとても嬉しいです。
ありがとうございます。
From: 古谷 葵 * 2008.07.12 01:46 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon