蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 買った本> 蝙蝠と蛞蝓の宴書籍
> 買った本
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
アリス狩り 新版アリス狩り 新版
(2008/08/21)
高山 宏

商品詳細を見る


聖家族聖家族
(2008/09)
古川 日出男

商品詳細を見る

日本の果て、青森ヤシャガシマの名家・狗塚家。“ばば様”に見守られて生きてきた狗塚の孫たち三きょうだいは、今それぞれが歴史と記憶の果てに立っていた。かつて天狗とも呼ばれていた“異類の者”の技を身につけ、半ば人ならざる存在として生きている長男。長男ほど完成された存在になれなかったため一犯罪者となり死刑執行を待つ身の次男。実は異類の血を受け継いでいる夫の、三人目の子供を身ごもっている末の妹。彼ら彼女らの現状はどこから始まったのか。物語は遡る。異類の者がまだ人と交わっていなかった時代に。天狗の存在が当たり前だった時代に。あるいは秀吉の朝鮮征服時代に。あるいは日露戦争時に。あるいは李氏朝鮮の時代に。あるいは徳川綱吉の時代に。あるいは幕末に。すべての血と記憶がつながり、東北と日本が繋がり、日本とアジアが繋がってゆく。古川日出男が“妄想の東北”からもう一つの日本史を立ち上げる、恐るべき大長編。


やったぜ、給料日!『アリス狩り』をやっと読めますよ。それにしても『聖家族』は厚い。辞書のように厚い。これが、講談社ノベルスならば京極先生などのおかげでなれたものですが、ハードカバーでこの厚さは重過ぎます。しかし、それだけに読み応えがありそうで楽しみなのです。
2008.09.29(22:31)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。